-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『KISSと海賊』/五百香ノエル(黒泉らら) | main | 『炎の中の君を祈る』/樹生かなめ(笠倉志岐) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『男伊達 恋のからくり』/神崎竜乙(青海信濃)
えー、最近正統派と申しましょうか、BLに正統も生徒も
ありゃしないんですが、学園ものはありますけれどもね、
まあ、そんな作品が続いてまして、とんと際物っぽいものを
読んでなかったんでげすが、その反動ってんですか、
好事家熱が高まっていたところに、この本が
風変わりで面白いとの記事を読んで検索してみりゃ、
いーぶっくおふ、ほお、今はたいそう便利ですね、
ねっとの通販でちょうど1巻目を見つけたので
善は急げとばかりに勇んでぽちっと注文、
挑戦してみたのですが、こりゃ面白いこって!

……引いてしまいました?すみません、この作品の地の文の
テンションに自分なりに近づけてみたらこうなりました。
いやー……この作品、楽しんで書いてるんだろうなあ。
その楽しさに引きずられてか、非常に楽しめました。
以下、感想です。(感想はいつもどおりのテンションです)

[Amazon]

lucindaさんの記事に書かれていたとおり、最大の特徴にして
難関は、落語のノリなナレーションでしょうか。

登場人物を小馬鹿にするようなナレーションが入るわ、
へそで茶を沸かすようなちゃかしがたびたび入るわ、
現代の話は例えや何やらでごちゃごちゃと出てくるわ、
純粋に時代物に浸りたい方には難しいかもしれません。
正直、江戸時代の風俗に詳しくないですが、しっかりと
細部まで書かれているのにこのノリはないだろう、とも思います。

しかし、このナレーションに慣れてしまえばもう勝ったもの。

小馬鹿にするような描写は生き生きとした描写に見えますし、
現代の話はいまの地名と昔を結びつけるような効力があります。

ちゃかしに至っては普通そこは作者がつっこまねえだろう、と
いうところまで突っ込んでいるせいか、「そうそう、まったく
熊さんたらドジばっかり!」と落語を聴いているみたいに
共感しながらすらすらと読めてしまうようになります。

場面展開がときたま急ながらもテンポはとても宜しく、
江戸情緒なんて言葉が頭を行き交うような楽しさです。
ラストのオチのつけ方もちょっと落語風だったりして、
たかがトンチキ、されどトンチキ、侮れない面白さでした。


カップル的にも標準値をかなり外していて、
金剛石(ダイヤモンド)のような逞しい肉体をもつ、
絵描きを目指して勘当されかけている旗本三男の
兵庫さんがなんと、受けです。受けなのです。

「ええ、そっちなの!?」とはじめは思いましたし、
マッチョ受けが好物なわけではないのでどうかな?と
危ぶみましたが、不覚にも萌えてしまいました…。
武士とは思えぬ腰の低さと愚直さ、優しさ。
強さと純さをもちあわせた男が、いかにも江戸っ子で
伊達男な辰吉にちょっかい出されまくる構図に、
珍しく「こいつは攻めたい!」と思わされました(笑)

と言うのも時代劇では昼行灯タイプに弱いのです……、
いわゆる能ある鷹は爪を隠すっぽいタイプに。
それでいて純なもんだからツボと言うか、好きです。

他の小姓や町人、姫様に至るまで、みな生き生きと
描写されていたのも宜しいようで。

調べながら読んだら、もっと楽しめそうです。
3巻まで見つけて読もうと思います、
lucindaさん、機会をありがとうございました!

P.S.まだ1巻しか読んでないんですけどね…2巻以降は注文中。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - |