-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『男伊達 恋のからくり』/神崎竜乙(青海信濃) | main | 買い物日記とおお振りゲームの感想など >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『炎の中の君を祈る』/樹生かなめ(笠倉志岐)
樹生さんの本って収集しにくいですね。

BLに限ったことではないのですが、少数に熱狂的な
支持を受けている作家さんというのは、絶版になると
出遅れた人にとってはレア本となってしまうため、
ヤフオクやマケプレでも高額になってしまいます。

万人受けはしないけれど、一部の人には印象深い……。
すべて人並みにはこなすけれどおとなしい優等生の子より、
異彩を放っているヤンキースタイルの子のほうが
印象に残る理屈と同じなのでしょうか。

まあ、それはいいとして、BL界のキワ・樹生さんの、
さらにBLと言えるかどうか怪しい作品の感想です。





『炎の中の君を祈る』/樹生かなめ
成美堂出版 (2004/10)
[Amazon]



☆あらすじ
天才科学者清水昭利(しみず・あきとし)の高潔な理想は、
ガードマンの諏訪によって、周囲の人間の欲望によって
ゆがめられ、裏切られていたと知らされる。
そして、彼が魂を削って開発した限りなく人間に近い
アンドロイドが凄惨なめに合っているのを目の当たりにした時、
世間に疎い研究者だった清水は怒りに震え、
命を賭けた戦いへ向かうことに……。

*   *   *   *   *   *

このあらすじの最後に「渾身のヒューマンドラマ。」と
書かれており、BLでヒューマンドラマねえ?と、
ちょっと甘く見ていたのですけれども、たしかに、
ヒューマンドラマでした。樹生かなめ…なんてひと!

BL=「男性同士の恋愛を描いているもの」であるということは、
ごく基本的な共通の認識だと思うのですが、そういった意味では
この作品はまったくもってBLではありません。

受けかな?と思っていた主人公清水博士は恋をしないですし、
他の人間もアプローチはしても、強引に押し倒して体の関係から…と
いうことも、一切ありません。朝チュンどころではないです。
(樹生さんらしくエゴイスティックな人間は沢山いますが)

それでも、読み物として、魅力がありました。
介護問題、少子化問題、アンドロイド社会の表と裏、
アンドロイドよりももっと複雑に絡み合った人間の表と裏…、
これぞ樹生かなめ!といった要素と淡々とした描写に加え、
いつも以上にその社会背景や言葉に重みがあり、
有無を言わせない展開は迫力がありました。
タイトルの意味が分かった時は涙がうっすらと……。

この迫力と言うか、熱い想いがどこから来るのか
気になったのですが、あとがきを見てみたところ、
「この話が書きたくて書きたくて仕方が無かった」との
ことなので、なるほど、と納得でした。
医療の現場にいた人の言葉には重みがありますね。

処女作ではありませんが…処女作にも似た、
全ての原点をここに感じました。
これを出版したクリスタル文庫の英断に感謝です。
クリスタルみたいな出版社が増えると嬉しいのに。


と、非常に面白く読んだのですが、しかし、
本当に誰とくっつくのかはっきりしないんですよね。
ジャンプで言う「俺たちの冒険はこれからだ!完」、で
終わってしまっているため、この先どうなるのか不明すぎる。
ガードマンの諏訪なのか、研究所の本社の代表代理なのか、
それとも同じく博士だった同僚なのか……。
かなり気になりますが、きっと書きたかったのはここまでの
ような気がするので、想像に任せるしかないのかな。
私としては代表代理のような気がします。


BLにしか興味が無くても、樹生さんを知りたいというかたに
オススメしたい、ジュブナイルに近い作品です。

さて、こんどはドクターと龍シリーズを集めるか……。
| [BL・小説]樹生かなめ | 23:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |