-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『センセなんか、好きやない!』/矢城米花(すがはら竜) | main | 2008年1月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『おおきくふりかぶって 9』/ひぐちアサ
この記事を書く参考に前回の8巻の感想を見てみたら、
日付が5月25日でした。ほぼジャスト7ヶ月、長かった…。

いまかいまかと待ちわびていたそのエネルギーに
耐えうる新刊でした。3回読んだけどいまだに
新たに萌える場所を発見してしまいます。
冬に暑い夏大の野球漫画を読むというのも乙なもの。


9巻は試合と試合の合間でした。
一般的感想でいえば閑話休題ですから、
始まった次の試合の続き早く知りたいところですが、
腐った見方をすれば野球以外の部分も見られて、
むしろ良き哉良き哉。

以下、腐りに腐った感想なのでご注意を。






























『おおきく振りかぶって 9』/ひぐちアサ
講談社 (2007/12)
【Amazon】
(ハマちゃんの汗を見えるようにしたかったので大画像)

援団のカッコって素敵ですよね…うっとり。
9巻はハマちゃんの出番があまりなかったのでここで。

さて、9巻はたった二話しか収録されていませんが、
それぞれ100Pあるので、内容は濃いです。
それに比例して盛りだくさんの萌えポイントを列挙します。

<<第17回>>
[呂佳さんと和さんの夜会話]
 ・1500円分おごるといわれて瞬時に計算する和さん
  和さんの意外な才能。笑っている顔が不敵で素敵…。
  桐青だと和さんが一番好きだな。

 ・呂佳さんにひとくちくれと言われて
  即、『ヤです』…和さんって鬼畜だわ!
  リオなんかいろんな意味でいじられてそう。

 ・呂佳さんの過去に関して
  ひぐちさんってこういうひとが覗き込まれたくない所を
  突然さらっと書くからたまに怖い。私は野球暦ありますけど
  そこまでの思い入れがないので痛くないです。

[1年9組球技大会風景]
 ・田島と三橋の連係プレー
  三橋がすりこみのごとく律儀に真似してるのがかわいい!
  そして何気なく田島様は悪魔でした。田島様だから許される(笑)

 ・モモカンに対しての会話
  なんていい子たちなんだろう!たしかにあの爆乳について
  ふれないのは難しいけれど……気遣いのできる子達だなあ。
  こういう会話は絶対に男性では書けない気がします。

[岩槻西高×埼玉高(カップリングに非ず)の試合観戦]
 ・打順とポジションを変えるといわれた田島
  モモカンの孫悟空の環を喰らってへこんだ田島が
  そのあと口車に乗せられて復活するさまは
  どうみても本当に孫悟空とお釈迦様ですね。
  なぜか田島に連動してる三橋に不意に萌えました。

 ・田島様スコア暗誦シーン
  スコア云々よりも、なぜそこで三橋の肩を抱く!
  しかも三橋ったら目を輝かせて…。アベミハとハナタジが
  私の基本なのですがこの二人の絡みも可愛すぎる…。
  阿部の「他のことに使えねーのか」が嫉妬にしか見えない(笑)
  そしてへこんでいる花井がたまりません。

 ・花井ママと花井
  親と仲がいいのだけれど、それを同年代の人に知られるのは
  イヤだという花井…思春期ってほほえましいなあ。
  そんな時代、男子はたしかにあるんだよね。

 ・阿部と三橋の会話
  話以前に疎通のできなさ、阿部のうさんくさい笑顔、
  そして阿部の努力…阿部さんたら三橋が大好きですね。
  このいじらしさがアベミハの魅力ですわ(ためいき)。

 ・クソレのからかい
  たしかにウザいけれど、みんなにハブられているようで
  けれど、愛されてます、クソレ。
  「何でだよー」のアニメ声が脳内で再生される…。

 ・埼玉高の新キャラ
  やばいまた萌えキャラが一人増えた!その名も佐倉大地。
  イケメン坊主、野球好きでクソバカという田島様と通じるキャラで、
  チームの柱…掛け算としてはひとりハーレムかしら?あ、
  田島様ともうため口きいてるし、サクタジ(逆も可)なんてどうでしょう。
  天才同士で仲良くなるのもいいよね…。

<<第18回>>
[練習風景]
 ・ランニングの後
  田島様ストリップしちゃだめー!(凝視しつつ)
  田島様って露出シーン多いですよね。
  これはみんなに何かを振りまいているのでしょうか。
  案の定花井を引き寄せることに成功してますし(笑)

 ・阿部さんのコールド宣言
  すごいな、三橋のためにコールドって…
  どこまで…どこまで三橋を…!

 ・栄口、三橋のアイデンティティについて考える
  中学時代の三橋に思いをはせるとはなんていい子。
  栄口と話しているときはたいてい阿部が
  突っ込んでくるのかはなぜなんでしょう。

[試合]
 ・泉、いきなり先制打
  ナイバッチー!親の応援に赤面しているの泉が愛いのう。

 ・花井のスクイズと、田島への…
  まっ…まず花井の気の抜けた顔が可愛すぎて…悶絶です。
  佐倉もそうだけど坊主って本当に好きです。
  しかしそのあとに最愛の田島様からかけられた言葉で
  田島への羨望と嫉妬が入り混じった思いが再浮上。
  そりゃそうですよね、中学までは四番だったのが
  いきなり格の違う存在がいるのですから…。
  きっとこの方のこんな気持ちにそっくりなのでしょう。



  この展開は萌える…!試合中なのに、試合よりも
  それ以外のことで悩んでいるのがとてもいい。
  実体験上、試合しているときって敵のヤジよりも
  仲間の何気ないひとことのほうが痛かったりして、
  それで悶々としてしまって…ああ、思い出したくないです。
  試合は勝てそうだからいいけれど、この二人が気になる!

 ・そして最後は…
  腹黒阿部さんの笑みです。阿部さんって腹黒じゃないときが
  ほとんどない気がするんですけど…。


この心の底からつきあげてくる萌え(燃えでも可)な感情を
もてる人間で本当によかったな、と思う今日この頃です。
| [その他]おお振り特集 | 21:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |