-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『傲慢君主の専属契約』/高尾理一(実相寺紫子) | main | 2007年BL小説/コミック ベスト10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本は病より強し
今日は買い物に行くと決めていましたので早めに起き、
池袋へと繰り出しました。その道程と買ったものリストを
つらつらと場所順に分けて書いていきます。

【行きの電車にて腹痛、K-BOOKSにて腹痛治まる】

もちろんBLを読みながら電車に揺られていたところ、
出掛けにお風呂に入ったのが宜しくなかったのか、
体調がすぐれず、腹痛で途中下車をしてしまいました。
引き返そうかとも思ったのですが、せめてお店までは
行こうと決めて、まずはK-BOOKS コミック館へ。
寒気を覚えつつ品定めをしている私って……ふふ。っと、
あら、『G戦場ヘブンズドア』見っけ!これはお得!
中村明日美子さんの『ばら色の頬のころ』も見っけ……と
買い物に没頭していたら、次に寒気を覚えたのは店の外でした。
本に集中してるときは病も吹き飛ぶようです。

K-BOOKSで買ったのはこちら13点。

・『隻腕のサスラ』/榎田尤利
・『方翼で飛ぶ鳥』/榎田尤利
・『おまえが世界を変えたいならば』/榎田尤利
・『銀の騎士 金の狼』/榎田尤利
・『始まりのエデン』/榎田尤利

 →榎田尤利さんの非BLである神話の子供たちシリーズ。
  あとは『生まれいずる者よ』さえ見つかれば
  すでに持っているのを含めて全巻そろう…!

・『バケモノだぜ、DR』/樹生かなめ
・『タイトロープ・ダンサー STAGE3』/久能千明
・『いつでも瞳の中にいる』/崎谷はるひ
・『ばら色の頬のころ』/中村明日美子
・『G戦場ヘブンズドア』1〜3/日本橋ヨヲコ
・『真珠姫ご乱心!』/水無月さらら

 →それ以外もこちらも続き物が多いですね。
  オススメ頂いた『青の軌跡』シリーズはただいま揃え中です。

【まんだらけにて腹痛忘らるる】

すでに13冊も抱えてふらふらする体に鞭打って
次に向かうは同じ通りにあるまんだらけ池袋店。
(そういや途中にあるスワロウテイルの前に人が
たむろしていました。大人気ですなあ)
子供は冬休みなせいか、大人はボーナスが出たせいか、
いつも以上の混雑ぶりで、商業誌の棚に行き着くのも一苦労。
おとなもこどもも、おねーさんもBLですね。(あの名コピーをコピー)

相変わらず男性の比率が1%でしたが、気にせず吟味し、
買うものを決めて列に並ぼうとしたところ、
会計待ちの列が物凄いことになっていました。
会計カウンタから買取カウンタまで列があるのは
さほど珍しいことではないのですが、
今日はそこを曲がって奥に向かって列がなされ、
つきあたりまで届かんとする列ができていました。

行ったことのないかたにわかるように図示しますと、
下図の赤線部分が会計待ちの列となっており、
人数にして30〜40人は居たと思われます。

manda

こんな中で男ひとりで並ぶのに慣れ、並ぶ間にCD/ゲームの棚を
チェックできればあなたも立派な腐男子です☆(自虐)
まんだらけで買ったのは下記の7点です。

・『青い方程式 MYSTERIOUS DAM! EX』/五百香ノエル
 →帰りの電車内で読了。若い浮名視点で読むのも面白かったです。
・『龍の恋、Dr.の愛』/樹生かなめ
 →このシリーズも『龍の恋情、Dr.の慕情』さえあれば
  すべてそろいます。シャレード版もゲットしていてよ!
・『成城紅茶館の事情』/スエカネクミコ
 →帰りの電車内で読了。むとべさんの別PNの作品で油断してたら、
  胸が出まくりで電車内で隠しながら読みました。
  BL的要素は薄い…でもらんま状態は美味しいですね。
・『背中合わせのくちづけ』1〜3/真瀬もと
・『灼熱を呼べ』/夜光花

【新宿〜隣町の中古書店・新刊書店】

新宿は服を買いに行きました。……が、お気に入りの
目的のピーコート ¥14,800 がコートにしては安いはずなのに
高く見えてしまい、買うのを断念しました。
BLめぐりをした後に服を買いに行くもんではありませんね。

さて、そこからはまた電車で移動し、地元の隣町で途中下車。
ここには中古書店2店(ブクオフ含む)と新刊書店があります。
新刊は新宿でも良かったのですけれど、こっちのほうが
なじんでるので探しやすいんですよね。

古本屋2店ではBLはめぼしいものに出会えず、
そのほかのマンガ/小説を3冊購入しました。

・『暴れん坊本屋さん』2/久世番子
・『つきのふね』/森絵都
・『金魚屋古書店』1/芳崎せいむ

そして締めに新刊書店へ行ったのですが、なんと、
ガッシュ文庫とディアプラス文庫が入っていない!
店員に聞こうにも混雑振りが凄くて怖気づいてしまったので、
とりあえずあるものだけ買いました。

失意のうちに最寄り駅へ戻り、ま、ネットでも買えるし
良いとするか、と決めたものの、あきらめ半分で最寄り駅の
書店を覗いてみたら…なんと、ありました!
しかも久我さんのは最後の一冊、ラッキー!
ネットも良いけど手にとって買いたいのですよねえ…。

新刊で買ったのは以下の10点です。

・『愛してると言う気はない』/英田サキ
・『Missing You』/うえだ真由
・『うさぎドロップ』2/宇仁田ゆみ
・『それは言わない約束だろう』/久我有加
・『好きになってはいけません』/桜木知沙子
・『溺れる戀』/高遠琉加
・『素晴らしい失恋』/西田東
・『青春の病は』/西田東
・『純情 2』/富士山ひょうた
・『新刊は王を恋い慕う』/吉田珠姫

困ったことに、最寄り駅の書店は何が何でもカバーを
つけたがり、いらないと言ってるのにつけようとすることも
しばしばで、今日もいらないって言ったのにつけようとして、
桜木さんの中表紙を見られてしまいました……。
ま、ハード系じゃなかったからいいか。(あっさり)

なんと今日だけで31冊(33冊-読了2冊)も増えてしまいましたが、
『どれから読めばいいのかわかんな〜い』という状態に陥るのが
楽しいのだからどうしようもないですね。

そうそう、体調不良に関しては買い物をしているうちに、
どっかへ飛んでいってしまいました。今日の大出費も
病院行くと考えれば安いものじゃない!それに、
ピーコートよりも安かった!と前向きに考えてみたり。

さて、読書に入りますか!最上の楽しみです。
今日お祭りへ行った人もおんなじ感覚かな……。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - |