-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本は病より強し | main | 新年のご挨拶とBLの抱負@2008年版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007年BL小説/コミック ベスト10
年末恒例、ベスト企画です。

今年は「BL小説」「BLコミック」の2部門を設け、
勝手にそれぞれベスト10を選びました。
去年は絞りきれずに五十選といたしましたが、
今年は無理やりに10作品に絞ってみました。
やっぱりベストといえば3か5か10ですからね。
なんでだろ。まとまりが良いからでしょうか?

といっても、惜しい作品がたくさんありましたので
ベスト10の後に惜しかった作品を挙げていますけれど。

それでは今年の最後の記事、長いですがどうぞ!



前置き:タイトルのリンクは感想に飛びます。
    今年の新刊は 印がついています。

■ BLコミック部門

10位 『ありえない二人』/山田ユギ

  ユギさんはおお振りにおける田島の安打率というか、
  出たらランクインは当然となってしまいます。
  『ああ爆弾』は何度読み返しても可愛い。
 
9位 『KISS ME テニスボーイ』/京山あつき

  1年間通して、カナメ以上の変態はいませんでした。
  愛すべき変態の表情には膝を打つしかありません。

8位 『楽園まであともうちょっと』/今市子

  人間関係と伏線が入り組んでいて複雑なのですけれど、
  全員の心情がしっかりと描かれているため、最後まで
  飽きずに読めて、余韻嫋々なのでございます。

7位 『未来の記憶』『風の行方』/国枝彩香

  今年の『番人』も凄かったですけれど、現実的な側面と
  コミカルに飾っている側面のバランスが非常に良いです。
  おじいちゃんとおばあちゃんの立ち位置も素敵です。

6位 『恋する暴君』シリーズ/高永ひなこ

  高永作品にはまったきっかけ。かわいく、エロく、
  キャラクタも良いと3拍子そろっています。
  巽先輩に一度はお目にかかったほうがいいかも。

5位 『amato amaro』/basso

  ボーイズラブと定義していいのかわかりません。
  それ以上のひととしての情を感じるというか…、特質な関係性に
  特化した作品。……ヒゲとオヤジが良いのは相変わらずです。

4位 『夢見る星座』/草間さかえ

  どれもこれも萌えがちりばめられていて、
  エロは濃いほうではないのにそこはかとなくエロス。
  表題作は同人誌もあわせて読むとなお良い!

3位 『幻月楼奇譚 1・2』(2巻の感想)/今市子 (2巻のみ)

  こちらもBLと読んでいいのかもわからない作品ですが、
  百鬼夜行抄をBL寄りにしたような素敵な作品です。
  与三郎のつかめなさに奥行きを感じます。

2位 『前略』/トジツキハジメ

  物語、ストーリー的なところで言えばもっとも好みでした。
  文学臭かったり、純だったり、妄執じみた話がツボなんだなあ。
  もちろんこれまたエロスなトジツキ絵があってこそですけど。

1位 『どうしようもないけれど 1・2』(2巻の感想)/夏目イサク

  今年のベストはこちらです!
  これ以上に萌えられた作品なんてありはしません…!
  私は自分を キャラクタ性<ストーリー性 で
  読むタイプだと思っているのですが、
  それを覆させられました。夏目イサク…なんて子!


惜しくもベスト10に選べなかったノミネート10作品は、
以下の通りです。本当にどれを選ぶか悩みました……。

ノミネート作品(著者名順)
『百日の薔薇』/稲荷家房之介 (2巻のみ)
『やさしいお兄さん1』/今市子
『それではみなさん。』/内田かおる
『きみがいなけりゃ息もできない』/円陣闇丸
『海鳴』/端 晶、高緒 拾
『仮面ティーチャー』/京山あつき
『不器用なサイレント』/高永ひなこ
『初恋の病』/トジツキハジメ
『グッドナイト』/鳥人ヒロミ
『月とサンダル』/よしながふみ



■ BL小説部門
10位 『唐梅のつばら』/水原とほる

  今年読んだハードNo.1作品です。ハードなだけではなく、
  すごい展開が最後来るので表紙が怖いとか、
  耐えられそうになくても最後まで読んでみましょう。

9位 『教授の密やかな愉しみ』『教授の華やかな悦び』/剛しいら

  こちらは精神的ハードNo.1作品。従属することが
  幸せなんてこともあるのかもしれませんね。
  剛しいらさんにしか書けなさそうな作品です。

8位 『DEAT LOCK』シリーズ(2巻の感想)/英田サキ (2巻以降)

  時間がだいぶ経ったので興奮度は落ちましたが、
  それでもハリウッド作品のように楽しめる作品です。
  ネトのその後って商業誌では出ないだろうなあ……。

7位 『牛泥棒』/木原音瀬

  時代ものであり妖怪ものでもあるBL小説。
  百鬼夜行抄にも似た静かさと、胸にじわりとくる
  熱い恋愛の世界がありました。

6位 『夢の卵』/鷺沼やすな

  記憶喪失ものとして一番楽しめたかもしれません。
  戻る記憶も消えていく人格もすべて緩やかに静かに、
  けれど確かに残るものは深く心に浸み込みます。

5位 『もう二度と離さない』/樹生かなめ

  樹生かなめさんの別の恐ろしい一面を見せつけられました。
  記憶喪失というより記憶操作に近いのですけれど、
  守ろうとする人たちに確固たる想いがあるのが良かった。

4位 『ダブル・トラップ Love&Trust EX.』/榎田尤利

  ラブトラシリーズ番外編ですが、ラブトラ本編を読んでいなくても
  たいそう魅力的なカップリングだと思います。
  特に核は珍しく受けを好きになるほどに良いキャラです。

3位 『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏

  おとなによる、おとなのための、おとなのBLです。
  恋によってかっこいいオヤジからへたれオヤジに転じる甲田、
  世話焼きから恋愛にシフトする頼久…恋愛という点では1番かも。

2位 『エス』シリーズ/英田サキ

  遅れててすみませんね、今年読んだもので……。
  刑事とヤクザというありえない結びつきをこんなに
  深く書かれるとは…ラストは展開が急だったりもしましたが、
  それでも、ヤクザものの記念碑的作品になること間違いなし!

1位 『吸血鬼と愉快な仲間たち 1・2』(2巻の感想)/木原音瀬

  これから先の期待も含めて、今年のNo.1!です。
  うまく完結すれば吸血鬼ものと言ったらこの作品、と
  なるのではないでしょうか。軽妙かつウィットな文章、
  アルの可愛らしさ…これを読まずして2007年は語れない。


昨年の『箱の中』『檻の外』のような超級的作品は
ありませんでしたが、今年も素晴らしい作品に出会えました。
他にも捨てがたいノミネートがこんなに!

ノミネート作品
『KISSと海賊』/五百香ノエル
『秘密』/木原音瀬
『帰宅』/剛しいら
『世界が終わるまできみと』/杉原理生
『朱い熱』/橘紅緒
『チョコレートのように 新装版』/ひちわゆか
『WORKDAY WARRIORS』/御木宏美
『奇跡のオブジェ』/水無月さらら
『水曜日の悪夢』/夜光花
『銀の鎮魂歌 新装版』/吉原理恵子

ノミネートも10点に限らなければもっと増えそうな勢いでした。
こんなに多くの良作に出会える私は幸せ者です…、そして、
小説で言えば、『KISSと海賊』、『奇跡のオブジェ』、
『WORKDAY WARRIORS』、など、こんなに沢山の素敵な作品に
出会えたのは、オススメ下さった皆様のおかげです。
お世辞じゃなく、本当にお世話になりました。

来年も、ブログともども、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ!
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2007年 | 21:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - |