-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年BL系感想一覧 | main | 『TOKYOジャンク』シリーズ/ひちわゆか(如月弘鷹) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『それは言わない約束だろう』/久我有加(桜城やや)
今日から通常運転、2008年最初の感想はこちらの作品です。

そうそう、ディアプラス文庫1月分の新刊は
いつもより早く出版されていましたね。
早すぎる年末進行、読む分には早いのは構わないんですが、
制作側の現場は大変だったろうなあ……宮仕えは大変ですね。

さりとて宮仕えなどではないといって、
芸人が楽かというと、それもまた違いますけれど。
そんなつらい立場の芸人が攻めの漫才師ものでした。
以下、感想です。




『それは言わない約束だろう』/久我有加
新書館 (2008/1(日付的には))
【Amazon】





☆あらすじ
旨くて安いと評判の定食屋、いせや。大学生の公彰(きみあき)は、
そこで働く竜一に「ほんま美味しそうに食べるから」という理由で
気に入られ、彼に構われながら夕食をとるのが日課になっていた。
ある日、公彰は竜一が本気がお笑いの道を目指していることを
偶然知ってしまう。芽が出ないまま、もうすぐ十年。
ふだんは能天気にさえ見える竜一の思わぬ真剣さに、
夢を持てない公彰は憧れを抱くようになるが………

*   *   *   *   *   *

久我さんの漫才もの1作目『何でやねん!』のコンビ「バンデージ」、
2作目『月も星もない』のコンビ「パイロットランプ」が
登場しますが、名前だけでした。ちょっと残念でしたが、
逆にこれらを読んでいないかたには入りやすいです。

今作は芸人成功編ではなく、芸人脱落編となっており、
新年早々に読むのには少々つらい物語でした。
夢破れて涙ありな話なんですもの。

売れっ子の芸人になる夢を持っていた竜一が、
お笑いが好きで続けたくてしょうがないのに、
けれど、才能と運と年齢に諦めるしかなく、
自己リストラして涙する場面がとても痛々しかったです。

芸人に限らず、夢やら将来の展望をもっていれば、
いつか自分の才能と勝負しなくてはいけないですし、
そして自分で区切りをつけねばならないときがある。
夢を持っているがゆえにジレンマに苦しむ竜一と、
特に夢がないからと夢を持つひとを羨望する公彰。
夢を持つことは、いったい幸せなのか、不幸せなのか…。
そんなことを考えさせられる作品でした。

ただ、勇気を振り絞って諦めると決断した竜一は、
公彰がいうとおり、かっこいいと思うんですよね。
案外と、他の要因やひとのせいにしてしまったり、
ぐずぐずと惰性で続けてしまうことも多いですから。
私も岐路に立ったらやれるだけやって、
きっぱりと決断できるようになりたいです。


と、前半は少し重めなのですが、後半は、
この装丁に似合ったスイーツなお話です。

後半は竜一の視点で描かれており、「オッサンめろめろ」と
自認するほどの公彰大好き!しかありません。
攻め視点の一人称でこんなに甘いのは、はじめて読んだかも。

「初めてのときでも、今ほど切実に欲したことはなかった」なんて
ベタだけど私の好きなフレーズなんぞも交えつつ、
振りまかれる幸せオーラに当てられてしまいます。

ここで、公彰が何もせず単に愛されるだけの性格なら、
その甘ったるさに胸焼けしたかもしれませんが、
素直で赤面症なんだけど言うことは男らしくて、
つい「かわいい!」と思ってしまいました。
「オッサンの愛は濃いぞー」と言われて、赤くなりながらも、
「……薄いより濃いほうがええです」だなんて…ねえ?(なにが)

桜城ややさんのイラストもベストマッチングでした。
漫才師ものシリーズは挿絵に愛されているなあ……。
ビターもスイーツもどんとこい!なひとはぜひお試しを。

P.S.
2月は『月も星もない』の続編が出るそうです、楽しみ!
| [BL・小説]久我有加 | 20:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:17 | - | - |