-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年のご挨拶とBLの抱負@2008年版 | main | 2007年 BL小説読了リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2007年下半期 worst5
玉石混淆はどうしてもしかたのないことですが、
石どころか塵にしてゴビ砂漠にまいてやるわ!と
思うような作品に出会ってしまうこともあります。

そんな本に出会ったときの怒り吐き出し企画、
それが年2回のworst企画でございます。

前回はガラかめの面子に登場して頂きましたが、
今回はあのツンデレ美食家にすこーしお越し頂き、
思う存分茶化して行きたいと思います。

では以下、ネガティブ感想が嫌いなかたは進まれませんように。



□ Worst5
『残酷な逢瀬』/いおかいつき

今回から、星表示はやめました。
どれも比較しようがなくひどいので♪(ひどいのはお前だ)

大まかにあらすじを言うと、冷え切った夫婦の夫が
妻のお気に入りのホストに犯されているうちに
なぜかお互いに上が通じ合ってしまうお話。

これって……どうやって楽しめばいいんだろう。
ラーメンを注文したら器のない状態で鍋から直接どばっと
テーブルの上にぶちまけられてしかも食器もなし、
味わえるのは絶望感のみ、みたいな感じです。

妻の思惑が浅いし、夫のトラウマに同情もできず、
ホストの気持ちも最後の小編でのみわかる程度、
挿絵も引きずられてか、心なしか手抜きに見えます。

『子供に内緒で』はお値段同じですけど凄く良かったのに…。
アルルノベルスは本当にエロさえあればなんでもあり、
みたいなところがあるのですが、ピアスほど清々しくなく、
あんまり買いたくないノベルスなのですが…
そのなかでもこれはH×Hの背景並みにひどい。
900円で買っちゃったら大損です。


□ Worst4
『不機嫌なピアニスト』/甫刈はるひ

ひさしぶりに見かけたアクアノベルスだったので、
手を出してみたらこれは……つらかったです。
1冊のBLを1週間もかかって読んだのは初めてです。

文章のクセは人によっては耐えられるかと思うのですが、
(もちろん私は耐えられなかったのですが)、なにより、
登場人物の心情がぜんっぜんわからないのがつらかったです。
カップルふたりで会話して、いつの間にかセックスして、
いつの間にか仲違いしていて…???とハテナが浮かびまくり。
恋愛小説とは思えぬ心理描写の無さは、ピカイチでした。

盛り上がりもなく、挿絵もなんだか目が死んでいるし、
読むのに疲れました。まったく、ここは先生、ガツンと!

こんなものを読ませるとは!


□ Worst3
『甘い首輪』/黒崎あつし

街子マドカさんの挿絵に惹かれて買ったのですが…失敗でした。
失敗の理由は文章、特に地の文の三点リーダが気持ち悪いんです。
基本的には三人称で進むのですが、三点リーダ部分が
突然受けの一人称視点になるのです。
まあ、それ自体はよくあることですけれども、多用される上、
地の文と倒置になっていて、なんだか読みにくい……。
しかも視点が定まらなくて気持ち悪いのです。

ストーリー的にも、はじめはモラトリアム的な
お坊ちゃん高校生の鬱々日記だったのに、
いきなり軍事産業やら洗脳やらが絡みだし、
しかもすべてすっきりと終わるわけではないのです。
トンデモならトンデモで終わらせて頂戴な!
吉田珠姫さんや水無月さららさんを見習って…も困るな。

先が気になることは気になりますし、続編もあわせて
買ってあるのですが、文章が合わないで手が出しづらいです。
きっと積読棚の肥やしになると思います……。


□ Worst2
『手に負えないアイツ』/成宮ゆり

ストーリー自体はシンプルで、親友だと思っていた攻に
告白されて、しかもやられちゃったけどどうしよう、と
悩んでいたら「なかったことにしてくれないか」と
言われてさらに悩む受のお話。

別にそれについて文句はありませんが、受は鈍すぎるし、
攻は言葉足らずだし、誰の言葉も深みがなく、
脇役も神経に障る無神経どもばかりで、かといって
樹生さんのキャラのようにズバッとくるキャラでもないのです。
小悪党どもが大悪党よりむかつくのに似ています。
何も残らないことがライト系の美点(?)のはずなのに、
残るのはイラつきだけという……。
三橋と話してるときの阿部並にイラつきました。

文章も、受けの一人称で進行するのはいいのですが、
何かを考えているときに「」で独り言を連発するのは……。
地の文で書けばいいのになどと偉そうに思ってしまいます。

ルビーの薄い系をより地雷と考えてしまいそうです。
あ、よく考えたらルビーってはるひんとフジミ以外買わないなあ。


□ Worst1
『君知るや運命の恋』/あすま理彩

知ろうが知るまいが知ったこっちゃないわっ!と
軽く切れながら本を叩いてしまいました。恥ずかしい。

ストーリーや人物描写とかそれ以前に、3位と同様、
三点リーダと倒置法の多用が私には合いませんでした。
普段、本を読むときは文字の音を無意識的に頭の中で
発音して読んでいるわけであって、その並びが合わないと
これほどに不愉快になるということを思い知らされました。

このひとの文体をまねると、上の文はこのような感じになります。

「aya-meには、…合わなかった。
三点リーダと倒置法の、多用が。…そして。
思い知らされる。本を読むとき、…音の並びが
自分の感性と合わないと、不愉快になると言うことを。」

かーっ、書いてて凄くもぞもぞする。体に合わない、この文体。
倒置法や三点リーダを用いるのはもちろん技としてありですが、
たいして強調するほどでもない単語に頻繁に使われてしまうと
どこが大事なのかわからず、文もぶつ切りに感じてしまうのです。
強調するほどの言葉でも内容でもないのに。

しかも攻めはやりまくりで言葉が足りない……。
時代考証がどうのこうのという前の問題でした。
怒りを持続するのも疲れたので、こんなときは先生、代わりに!

二度と読まん!出てゆけえっ!


ふう、すっきりした!
イラついたときは先生に代弁して頂くのが最良ですね。
今回は内容よりも、文で耐えられないものが多かったです。
読むのは自由ですが、私はまったくオススメしません。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2007年 | 20:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | - |