-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『TOKYOジャンク』シリーズ/ひちわゆか(如月弘鷹) | main | 『好きになってはいけません』/桜木知沙子(夏目イサク) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『神官は王を恋い慕う』/吉田珠姫(高永ひなこ)
正月気分もだいぶ醒めてきた今日この頃ですが、
この小説の中では、いつだって盆と正月が一緒に
来ているようなテンションのようです……
その名は『神官』シリーズ。

1巻目から白目をむいて、なんて恐ろしい子たち!と
のけぞってしまうようなキャラたちでしたが、
巻が進む毎にさらに進化を遂げているようで、
最初っから最後まで笑い通しでした。

もう今回は感想と言うより、羅剛王(攻)の素晴らしい
迷ゼリフ集と化します。でも、それだけでも
雰囲気はつかんで頂けるはず……。
では、以下、笑いたい方はどうぞ。




『神官は王を恋い慕う』/吉田珠姫
海王社 (2007/12)
【Amazon】



☆あらすじ
羅剛王(らごうおう)との婚礼の儀を控えた冴紗(さしゃ)は悩んでいた。
羅剛王は、こんな自分で満足しているのか…と。男でありながら
王を護れず、しかも子供も産めぬ。ことあるごとに、
「おまえは色事にうとい」と言う羅剛のために、冴紗は、
せめてもっと房事を学ばなければならないと思い立つ。
そんな折、羅剛と冴紗の婚礼で沸き立つ国内の騒ぎに乗じ、
隣国は姦計をめぐらせ―。ふたりの婚礼は、無事に執り行われるのか!?

*   *   *   *   *   *

これまでの2冊分で必要な知識はこれだけ。↓
冴紗にメロメロな羅剛王ことらごらご(著者公認愛称)が
冴紗をかわいくてたまらないから言っているセリフを
真に受けて「房事を…」と思い立つような抜けた受と、
男らしさという暑苦しさを持った攻めのお話です。
ちなみに、らごらごは大国の王様、冴紗は虹色の髪と瞳を持ち、
この国の宗教で現人神と言われるような人で、
すったもんだあったけど(まとめすぎ)ラブラブな状況です。


今回の出来事は冴紗が姦計に巻き込まれてしまい、
らごらごが助けに行くといった話なのです。
が、ストーリーはもはやらごらごの溺愛っぷりと、
冴紗のアホで可愛いところを引き立てるだけなので
ばっさりと割愛して、そのらごらごの溺愛変態っぷりが
良くわかるセリフをいくつか抜き出してみましょう。

・P.40、冴紗とキスをしたあと
 「(略)…これ以上、まだ俺を狂わせたいのか…? この魔物が」

 ま、魔物っておい!と突っ込みたいところなのですが、
 冴紗も冴紗で「……魔物は御身でございましょうに!」と
 内心で思っているあたり、素晴らしく釣り合ってます。

・P.42、新しい宮殿の廊下で冴紗を抱こうとして
 「俺は欲しいときに欲しい場所でおまえを抱くぞ。」

 フルタイム発情期なBLの攻めらしいですけれど……。
 しかも誰に見られてもかまわない、見せ付けたい程だって、
 露出狂のケもあるようです、らごらご。

・P.62、果物を食べている冴紗にくちづけて
 「はて、…おまえの舌が甘くて、果実の味などわからんな?」

 王は恋のせいで味覚障害までわずらっているようです。

・P.215、冴紗をさらった首謀者にみせつけながら
 「貴様は、未来永劫、けして手に入らぬ冴紗に焦がれて、
  夜ごと、のたうちまわれ! 恋の病で狂い死ねっ!」


 さすがらごらご!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
 そこにシビれる!あこがれるゥ!…って憧れないよ!
 (JOJOネタですみません)

 そんなことをされてもらごらごの性器を「貴いお方の中心」とか、
 「いじめて、くださいませ」とか、言っちゃってる冴紗ですから、
 ほんにまあ似合いと言うか……胸焼けするほどご馳走様でした。


ここまで読んで、笑わなかった人にはオススメしませんが、
らごらごと冴紗の迷言に笑ってしまったあなたには、
この無駄に暑苦しくて濃くてハイテンションな
シリーズを味わって頂きたいと思います。

P.S.
中表紙=裏表紙の挿絵(他の挿絵もです)が
かなり危ないので、書店で買うときはご注意を!
| [BL・小説]吉田珠姫 | 20:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |