-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『それは言わない約束だろう』/久我有加(桜城やや) | main | 『神官は王を恋い慕う』/吉田珠姫(高永ひなこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『TOKYOジャンク』シリーズ/ひちわゆか(如月弘鷹)
はあ……、あ、こんばんは。
TOKYOジャンクシリーズを読破したせいで
いつも以上にボーっとしてしまっています。

読書をしていると、本の世界に埋没してしまうことが
よくあって、それが長編ともなると読み終わっても
マヤが役から抜けずにすぐに戻れないときのように
ずーっと脳みそがそっちの世界に行ってしまいます……。
もちろん面白くないとのめりこめないんですけれども。

この感覚、好きなんですけれど日常生活が疎かになるので
連休に読んでおいてよかったなあと思います。
以下、感想です。




『スイート・ホーム TOKYOジャンクシリーズ』/ひちわゆか
ビブロス (2002/01)
【Amazon】

(リンク・表紙イラスト・データは
シリーズ最終巻のものです。ほかのは
表紙イラストがなかったもので……)


☆あらすじ(1巻目のもの)
四方堂重工の跡取り候補・岡本柾(おかもと・まさき)は、
叔父であり社長である四方堂貴之(しほうどう・たかゆき)と
ただいま恋愛進行中。そんな柾の新しいバイト先は、
なんと男専門のデートクラブ。だがそこで働く同級生の吉川が
何者かに殺され、柾はフリーライターの草薙と共に真相究明に乗り出す……

*   *   *   *   *   *

柾視点が主となって、結構ショッキングな事件にぶつかり、
貴之となぜか因縁関係にある草薙などの力を借りて、
事件を解き明かしてゆく、というのがベースです。

それに加えて、もちろん恋愛、四方堂家の跡継ぎ問題、
学園生活、時間を前後した(2年前、4年後、10年後)短編など、
さまざまな要素がてんこ盛りで……純粋に面白い!

ひちわさんのエロが好きと豪語する私ですが、
それだけでなく、ハッピーエンド&ラブラブな
雰囲気をたっぷり見せてくれるのも素敵ですし、
ストーリーでも存分に魅せてくれます。
どんなに新刊が出ていなくとも、BLお気に入り作家から
はずせない理由が、このシリーズに現れています。


この長いシリーズを支えたキャラクターもみな魅力的でした。

猪突猛進で騒がしい柾、沈着冷静だけれど柾のことになると
ひとが変わったように嫉妬し、執着する貴之。
不潔で豪快でちゃらんぽらんで男専門のたらし、
ジャーナリストの草薙。この3人の動きを見ているだけで、
自然とその世界の中にトリップできてしまう牽引力に、
いやあ、もう、諸手を挙げて喝采してしまいます。

特に美味しいのは草薙でした。本命がいるのに男を食っては、
利用してはポイ(本命へのあてつけと言う意味もあるようですが)、
という描写がそこここにあり、人間としてどうしようもなく
最低だと思うのに、なんだか憎めなくて、
貴之と正反対の危ない魅力なんですよね。
遊んでいるのも、もちろんスキモノというのもありますが、
本命へのちょいと歪んだ愛情なわけですしね。
いたずらされただけの相手にとっては非道ですが。

(ちなみに、既読の方のみ判る話で申し訳ないのですが、
草薙に年齢対象外なのに弄ばれてMになった津田はどうなったと
思いますでしょうか。彼のその後が気になります……)

……まあ、貴之も結構どうしようもないキャラですけど。
甥に手を出すわ、しかも甥が14歳のときに手を出すわ、
甥のバイト先のビルを買収して潰すわ……。
エロ魔人で言葉攻めはデフォルト、一晩で4回(そんなんできない)、
テレフォンセックスは唆すわ…、こうやって列挙すると、
どっちもどっちで危ないキャラだなと思いました。

他にも沢山の脇役が居て、みな生き生きとしていて、
インクと紙の上にしか存在しないのに、どうして
これだけ心に残るんでしょう……不思議です。


ちなみに、この柾・貴之・草薙たちの軸のほかに、
樋口恭介と言うキャラと、草薙の息子・朔夜が
軸となったTOKYOジャンクEXもシリーズになっております。
あまり関連性がないように見えるのですが、
柾たちの軸を読み終えた後に読むと、なるほど、
ここがつながっていたのか、という素敵な仕上がりです。
こっちでも草薙(父)は美味しい立場、惚れ直しました(笑)


もっと伝えたいことは沢山あるのですが、とりあえず、
未読の方は一気に読むことをオススメします!

P.S.
最後にシリーズの発行年順に作品データをば…。
『TOKYOジャンク』
『Dの眠り TOKYOジャンク2』
『暗くなるまで待って TOKYOジャンクEX』
『第三の男 TOKYOジャンク3』
『クリスマス・カノン TOKYOジャンクシリーズ』
『エタニティ TOKYOジャンクシリーズ』
『エタニティ TOKYOジャンクシリーズ』
『エタニティ TOKYOジャンクシリーズ』
『ラブ・ミー・テンダー TOKYOジャンクEX』
『ラブ・ミー・テンダー TOKYOジャンクEX』
『彼らの恋愛生活 TOKYOジャンクシリーズ』
『スイート・ホーム TOKYOジャンクシリーズ』
全12冊です。よく読んだお正月でした。
| [BL・小説]ひちわゆか | 20:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:38 | - | - |