-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『カウント0』/柚摩サトル | main | 最近読んだ一般マンガ@2008.1.19 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『DRは龍に乗る』シリーズ/樹生かなめ(硝音あや→奈良千春)
今年2つ目のシリーズ読破はこちらになりました。

このシリーズ、変わってるんですよね、色々と。
シリーズの途中で出版社が変わっていると言うこと、
シリーズのタイトルが変えられていること、
挿絵が交代していること……なにか樹生さんと
シャレードの間で何かあったのでしょうかね。

私としては、読めりゃなんでもいいんですけれども、
手に入りづらいのはちょっとなあ…と思ってしまいます。

さてもうひとつ変わっているのは、攻めと受けの関係性でした。
以下、その点を中心に、感想です。


 シャレード版      参考:ホワイトハート版(シリーズ三冊目)


『DRは龍に乗る』/樹生かなめ
二見書房 (2002/10/25)
今回はリンクは画像についてます。

☆あらすじ(1巻目)
明和病院の若手内科医・氷川(ひかわ)は、ある日偶然、
昔かわいがっていた近所の子供・清和(せいわ)に再会する。
親に満足に食べ物も与えられず、いつもおなかをすかせて
泣いていた小さな清和…。ところが、氷川の前に現れた
十九歳の清和は、背中に龍の刺青を背負った、
暴力団・真鍋組の次期組長となっていた!
なんとか清和にヤクザをやめさせたいと頑張る氷川だが…。
「だぜDR」シリーズの、スピンオフ第一弾。

*   *   *   *   *   *

このシリーズの特徴の1つ目は、
氷川が医者と言う仕事をし続けている点です。

ヤクザものの多くでカップルになるかたわれは、
探偵や警察などの少しヤクザと距離的に近いひとか、
血縁か、ヤクザか、大体そのあたりだと思いますが、
病院で内科医を勤めつつ……というのは珍しいかな、と。
まあ、スピンオフだから病院になるのは当然なのですが、
そのままシリーズが続いているのに、ずっと内科医として
なにも問題なく勤められていると言うのは本当に珍しいです。
これによって、氷川の社会性・男性面を描きつつ、
清和の懐の広さが垣間見えますよね。
ヤクザ=傲慢、では無いのが好印象です。

2つ目は、清和に対し、母にも似た気持ちを持ちつつ、
かつ、姐さん女房として清和と付き合っているという
氷川のキャラクター性です。

たまーにはるひんなどの作品で、紫の上計画を練るような
攻めが出てきますが、それとはまた違った、具体的な、
「おむつをかえたこともある」「小さいころはアイスが好きだった」
などの、まさに「母」のような愛し方が強いんです。

けれど、清和がクラブに行ったと聞いては嫉妬心を燃やす、
まるで「女」のような一面も持ち、かといって、女ではなく、
男の姐さんとして敵地に一人で乗り込んだりと、
非常にややこしい性格をしているキャラなのです。
しかも勉強漬けの日々を送ったせいか世事に対して天然ちゃん。
(竿師と聞いて『竿師って何?物干し竿を扱っているの?』……、
うん、字面的には正しい。汚れた大人になっちまったぜ…)

若干、天然や子供っぽさや嫉妬深さが目に付くものの、
1点目の特徴から来る医者としての視点や、
ヤクザの清和を心配する母であったり、女であったり、
この視点の多さが話に奥深さを与えているような気がします。
うう〜ん、樹生さん、一筋縄では行かないひとですね。

氷川の子供っぽさは、きっと自分が幼い頃面倒を見ていた清和が
目の前にいるせいなのかな、と思ったり。小さい子に話しかける時、
声色を変えたり、口調を変えて話しかけてしまうように。


氷川のキャラクタ性は飛びぬけておかしいのですが、
耐え忍ぶこと山の如しを体現する清和もおかしいです。
ほぼ無表情で、感情を表に出すのは氷川がぶっ飛んだことを
言うときだけ、という性格ですが、不思議と可愛げがあるんです。
無表情の下に隠された照れや純情がギャップ萌えするのかもしれません。
激務の氷川に対して、体をとことん気遣うのもポイント高いです。


ちなみに、シャレードのときはコメディ色が強く、
ホワイトハートでは若干シリアス色が強くなっています。
手に入りやすいホワイトハートから読み出しても
読めないことはないので、そちらを読みつつ、
シャレードの2冊を探すのもありだと思います。

ちょっと変わったヤクザ&医者ものが読みたいときにどうぞ。
| [BL・小説]樹生かなめ | 21:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |