-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 150冊のBL本の上で眠る | main | 『カウント0』/柚摩サトル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青春の病は』/西田東
BLを読む目的は何でしょうか。
何のために読んでいるのかわからないくらいに
日常に浸透してしまっているので…というかたも、
中にはいらっしゃるかもしれません。
ま、それはミーのことでもあるざんすが、
基本的には楽しい、面白いから、読むのだと思います。

居ませんよね?BLに対する偏見をなくそうと苦心中だとか、
罰ゲームで毎日読んで耐え忍んでるとか、そういうかた……
居るとしたらキング(クイーン)・オブ・Mの名を差し上げます。

しかしこの本は、楽しいよりも恥ずかしかったーー!
「青春の病」は、青春期を越えた人をMにします。
以下、感想です。




『青春の病は』/西田東
芳文社 (2007/12/27)
【Amazon】
(画像は近いうちに出るでしょう…。)


☆あらすじ
学生時代、勉強ばかりだった湊(みなと)は、
学校で隠れて自慰にふける松本と鉢合わせてしまった。
人気者の彼がひた隠す秘密を知った湊。
何事も無かったように振舞ったが、その光景が
脳裏に焼きついて離れなかった。

数年後。研究所所員と有能な営業マンとして二人は再会する……。

*   *   *   *   *   *

西田さんの作品の感想を書くのは初めてです。
それは意外でなく、無意識的に避けていたところもありました。

西田さんの作品は感情を強く揺さぶられたり、
何らかの実体験を思い出させる傾向にある気がします。
木原音瀬さんの小説も感情にガンと来るときがありますが、
それとはまた違った、あまりにも普遍的すぎて、
それをもう一度繰り返させられるみたいなものなのです。
上手く言えませんが、追体験している気分になります。

今回はそれがあまりにも直球で恥ずかしかったです。
そう、『青春の病』。
顔を見るだけでもとストーカーじみたことをしたり、
誕生日を聞きだして占いをしたり、それでいて
声をかけられると緊張して上手く喋れなかったり……
ああああ!!!(青春の病によるPTSD発症中)

……失礼、取り乱しました。脳髄が焦げ付きそうです。
まあ、私の場合は同窓会で劣化している現在を見たので
病はだいぶ治って冷めましたが、それでもやっぱり、
あんなに好きだった彼への気持ちを思い起こされる、
そんな甘酸っぱいというか、甘酸っぱすぎる思い出によって
ひとり羞恥プレイをしてしまうような作品です。

その羞恥プレイに一役買っているのが、モノローグです。

「ダメだ あいつの中には壊してはいけないものがある
 壊そうとしても 壊れないものがある
 今も 今も――」

思い出に恋する感情と、今の彼への感情がない交ぜになって
同性ゆえにためらい、悩む心境がもうずばりと来ている
このモノローグが素晴らしいです。男女ものだと、
これを表現するのはとても難しいかもしれません。
(男女ものだったら隔てるのは家庭かな?)
たとえ羞恥プレイであっても、BLっていいなあと、
ちりばめられたモノローグを味わって再認識するのでした。


表題作は良いところで終わってしまい、残念でしたが、
後半の「天国が見える」は、『願い叶えたまえ』の
クドーのその後のお話で、どれだけ「あの人」が
クドーの心を占めていたかが分かり、面白かったです。
最低限、クドーにまだ天国が見えてなくて良かった…。
(読んだ人しかわからないですね、すみません)


西田さんの作品の中ではギャグが少なく、
あの素晴らしいあとがきもありませんでしたが、
このテイストも恥ずかしいながらも面白うございました。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:56 | - | - |