-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『青春の病は』/西田東 | main | 『DRは龍に乗る』シリーズ/樹生かなめ(硝音あや→奈良千春) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『カウント0』/柚摩サトル
こちらで紹介されているのを見て、
表紙はあんまり惹かれなかったのですけれど、
あらすじで惹かれてぽちっと買ってみました。

ぽちっと押してから届くまでの期間は、
おあずけをくらっているヘタレ攻がまだかまだかと
待ちきれなくなっているときの気分です。
とすると、Amaz○nは無限大な魔性受、
しかも衣装(包装)は薄いダンボールにビニールなので
剥ぎやすい裸エプロンといったところでしょうか。

……すみません、深夜残業で無駄に妄想が広がります。
もちろん作品の感想とは何の関係もありません。

さて、Amazonの荷物が届きまして読みました。
のだださん機会をありがとう、当たりでした!

以下、感想です。




『カウント0』/柚摩サトル
海王社 (2007/12/10)
【Amazon】
(イラストを出せい、魔性受けめ!)


☆あらすじ
吾妻(あがつま)には他人のウソが「見える」。
人がついたウソの数が、カウントとなって見えるのだ。
そんな吾妻が出会ったのは、「0」という奇跡的な
数字を持つ、超ド級バカ正直の美園。
吾妻は、美園が答えに困り、初めて嘘をつく相手は
自分であって欲しいと思い、わざと答えにくい
セクハラ質問をしてしまうが……

*   *   *   *   *   *

まず、危惧していた絵については無問題でした。

美園

ちょっと昔の花君みたいですかね?で、
画像の右上にあるのが「嘘カウンタ」です。
吾妻にはその人が今までついた嘘の数がこう見えるという
少々飛んでる設定なのですが、面白かったです。

ネタバレになってしまいますが、体液を交わしたため、
能力が一時的にうつったことから、この能力は、交通事故にあい、
輸血をしたせいでは…
という繋がりが綺麗でしたし、
そのおかげで出た美園の発言が思いのほかエロかった!(笑)
エロいだけではなくて、吾妻のことをおバカなりに想い、
考えて出た発言だったというのも良かったです。

美園がおバカなのは「嘘をついたことがない人間」として、
正直ながらも嘘をつけない、社会性のない性格に
描かれなければいけないため、しょうがないかな、と。
そのおバカなハンデを超えて、可愛かったからいいや(笑)

「嘘が分かる」というのは想像を絶するつらい事ですが、
「あ、あんたなんて好きじゃないんだからねっ!」という
ツンデレが美味しいように、嘘が嘘と分かるゆえ、
心からの本音や恥じらいがより美味しく頂けました。


最近読んだ中では砂原糖子さんの小説『言ノ葉ノ花』が
心の声で嘘がわかってしまう、という悩みは似ていますが、
心の声と嘘ではだいぶ違いますもんね。

まあ、どちらにせよ、自分の能力に近づくことを躊躇わない、
自分を理解してくれる人に出会えるってことは素晴らしい。
特殊能力じゃなくても、性癖でも嗜好でもそうですけれど……。


あとは、そうですね、地味に嬉しかったのは、
Hシーンのアングル(地味か、これ?)と、
Hシーンでの吾妻のこの心の声でした。(↓)

「ホントに生で入れちまった…」

BLの男子高校生で生のヤバさに気づいている子を
久しぶりに見た気がします。最近のはだいぶスキンの描写も
多いですけれど、頭脳明晰なくせに生で中出しとか、ちょっとね。
あ、この作品でもしてますけれど、しないと、この作品は
展開できないですし……BLはファンタジー!(自分で言い聞かせる)

ぶちぶち言いましたが、なにはともあれ、面白かったです。
ちょっと変わった設定がお好きなら、ぜひ。

P.S.
最後にもう一点。この能力で警察官はちょっと……、
私だったら精神病みそう。

JUGEMテーマ:BL漫画
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 00:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - | - |