-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『DRは龍に乗る』シリーズ/樹生かなめ(硝音あや→奈良千春) | main | 『キミログ』/高将にぐん(室木チカ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最近読んだ一般マンガ@2008.1.19
今週は比較的仕事が落ち着いて(と言っても月曜に
出勤して負担を減らしといたおかげですけれど)、
金曜の17時から1時間何も作業がなくなってしまいました。
ほかのひとにも作業があまっておらず、しょうがないから
クリーンアップ・デフラグ・データ整理の待ち時間に
暇潰しに書いていたのが以下の感想になります。

インターネットっていいですね、すぐに転送できるのは。


『きのう何食べた?』/よしながふみ
【Amazon】

BLには置かずにこちらに置きました。
BLだとは思えないからです。

BLだとは思えないのは、主題が恋愛ではないからです。
そして、美味しそうな料理に関しては凄く幸せになれるんですが、
1冊まとめて読むとなんでだかナーヴァス気味になります。
だからあまり読み返したくなくて、感想が今になりました。
ゲイの生活に幻想のかけらも無い視点のせいでしょうかね?

そして、いちいちなんだか自分の暗い思い出が蘇ります。
たとえば、主人公・筧の父の言葉。
「で どんな女だったら大丈夫なんだ? お前は」
グサッ。我が家では「男らしい女の子じゃダメなのか?」でした。
「それは無理。男が好きだし男に好かれたいから」と
分かってもらえないだろうなあと思いつつ断言したら、
我が家でS級のタブーになりました。
なんと近くに住む私の兄夫婦も知りません。ハハハ。



『光の海』/小玉ユキ
【Amazon】

気を取り直して、こちら。
装丁も絵柄もお話もステキでした。
全て人魚に関係するお話でして、
その中に1編同性愛ものがあります。


女性と人魚の少年が、同性に恋している気持ちに
それぞれのやりかたでけりをつけるシーンは、
悲しくもさっぱりとして前向きでよかった……少年、頑張れ!
人間と同じような知能・感情を持っている世界なのに、
「生殖」という言葉によって「同性同士って演習でしょ?」みたいな
いかにも動物的な考えになっているその差異が切ないですね。
まあ、そういう考え方のひとは人間にも居ますけれど……。

自分がほしいものを全て持っている坊さんに嫉妬する坊さんの話、
元海女の祖母と人魚との恋の話、ギャル人魚との友情と三角関係、
などなど、これこそ珠玉の短編集と呼ぶに相応しいですね!



『G戦場ヘブンズドア』/日本橋ヨヲコ
【Amazon】

マ、マンガ描くのって大変なんだなあ……。
ぞくっと来る暗い情熱に圧倒されました。


血肉を削って、思いをこめて描いても報われない、
それでも描く、描かなければ生きてゆけないというのは、
幸せなのでしょうかね。その後が誰もが漫画家になって
成功しているわけではなく、売れない漫画家だったり、
編集者、アシスタントプロダクションの社長などになっていますが、
それでも大好きな漫画と関わっているのは、やっぱり幸せなのかしら。

創作するひとじゃないとわからない苦しみと幸せがありそう、
なんてことを門外漢は思ったり。


『金魚屋古書店』/芳崎せいむ
【Amazon】

漫画を作るほうだけじゃなくて、
読むほうもそうとう業が深いな、と
思ってしまったのがこちらの作品です。

1巻目は古本で買いましたが2巻以降は新刊でお買い上げしました。
だって読みたいんだもん!と言うのを私のように口癖にしている
漫画好きなら読んで損は無いと思います。
古い漫画が多いですがそれこそ温故知新ですね。
この世には面白い(面白そうな)漫画が沢山あるのだなあ、
BLだけでも面白い漫画は取りこぼしたくないものです。
最近発売の6巻にはBL作品も出てきます。
それが『コンプレックス』/まんだ林檎とは……、
作者もそれを男の子にあげる女の子も、やるわね。
『コンプレックス』はビブロス版は絶版ですが
現在は文庫で出版されています。オススメです。


『ネタも休み休み言え!
―闘うグラフィックデザインの現場』/くつきかずや
【Amazon】




最後にこちら。『少年よ耽美を描け』などと同じく、
季刊誌『ウンポコ』の連載ということと、デザインという
興味のある仕事分野だったため購入してみました。
絵は表紙の通りちょっと簡素で雑っぽいのですが、
仕事の現状に「どこもおんなじなのね……」と
つぶやいてしまい、ちょっとホロリです。
そしてある1話にしか登場しないのに、
ツンデレの飯田さんに若干萌えました。

私の仕事は徹夜がない分マシと考えていいんでしょうね。
でもBL本のデザインとかできたらいいな〜、
今市子さんの生イラストなどが見られたら最高です。
ようし明日からデザインの勉強をするぞ。(大嘘)

さて…、これからルチルタイム(絶対シリーズ他)の
読書に入ります。それでは!
| [その他]BL以外のコミック | 21:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |