-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最近読んだ一般マンガ@2008.1.19 | main | 『愛してると言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『キミログ』/高将にぐん(室木チカ)
年末年始に書き溜めておいた記事を使い切りました。
貯金って使ってるとあっという間になくなりますね。

さて、今日はM氏(と書くと星進一っぽいな)に
薦められた作品の感想ですが、花丸文庫、それも
新刊を久しぶりに読みました。というかこのブログで
花丸文庫の感想は、(検索中)……2冊目ですか。
(ちなみに1冊目は英田さんの「ひと目会ったら恋に花」でした)
読まないもんなあ、花丸。この本だって薦められなかったら
きっと表紙でスルーしてしまっていたと思います。

オススメ、ありがとうございました。
ネットを通じて繋がると言うのはいいもんですね。
それでは、以下、感想です。




『キミログ』/高将にぐん
白泉社 (2007/12)
【Amazon】


☆あらすじ
どこにでもいそうな中学二年生の高垣睦(たかがきむつみ)は、
寝る前にインターネットに繋ぐことが日課になっていた。
ある日、睦は同じクラスで近寄りがたい優等生の
曽原淳(そねはらあつし)が開設しているブログを偶然発見する。
が、そこに書かれている文体は、普段の曽原とは全然異なった
弾けた文体で、秘かに好きな人がいるなんてことも告白していた。
が、その「好きな人」の符号が睦と合致するような気がして……

*   *   *   *   *   *

もう……腹筋が筋肉痛というやつでしてよ。
日常(リアル)の出来事が曽原の色ボケフィルタを通して、
文章に再構築されるだけでこんなに笑えるとは!
たとえば、初めて睦が曽原の下の名前を読んだ日のブログの抜粋(↓)。

「あつし?」
「はい」
……。
…………はい?
とっさに返事をしたけれど、い、い、い、いいいい今なんて!?
淳? アツシ? A★TSU★SHI!?


うわあ、まさに中二病そのものの恥ずかしい文章!
『青春の病は』とは違い、ネットでいわゆる恋バナを
書いたことがない分実体験がなくて笑えます。

けれど、キーボードを叩く指が暴走するのもわかるます。
あの頃はほんのちょっと触れ合えるだけで、
誰かに言いたいような、言ってはもったいない、
恥ずかしいけれど、どうしようもなく嬉しい……、
そんな曽原のようなテンションになれたんですよね(しみじみ)。

中学生同士のBLなんてちょっと年齢が…と思うかたも
居るかもしれませんが、Hシーンは一切ありません。

私はHシーンも大好き(断言)ですが、この作品は
無理にHを入れていなくて良かったと思います。
たまにありますよね、「無理やり入れたな(二重の意味で)」と
思うようなもの…それよりも潔くて好感を覚えます。
想いを寄せるだけで幸せという純な気持ちが嘘くさくなく、
セックスなしで成立する年代ならではの物語でした。
最近の中学生はどうなのか知りませんけれど。


ただ、裏返せば、睦がその昂る気持ちを理解できる同年代だから
成立したと思うし、中学生だから許される可愛さですよね。

あれ?そう思うのは私だけでしょうか。
成人してから、昔付き合いかけた男の、恥ずかしさが
てんこ盛り(アイラブユーみたいな)のネット日記を見て、
嬉しい気持ちは睦と多少同じでしたが、それとともに酔いっぷりに
「うわ、このひと、精神が中二かナルシストだ!」と
思ってしまって、サーッと熱が失せたんですけど……。
好かれているから好きになるというのは、
意外とハードルが低いようで高い気がします。


商業誌でインターネットが恋愛のツールとしての
登場がさほどない気がしますが(動きに欠けるからかな?)、
それを笑いたっぷりのハイテンションな文章で覆し、かつ、
中学生らしいプラトニックさが好ましいお話でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 19:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:42 | - | - |