-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『キミログ』/高将にぐん(室木チカ) | main | ルチル新刊、財散る週間 (ルチル文庫5冊感想) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛してると言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃)
くつきかずやさんのグラフィックデザイナーの本を
先日読んだせいか、装丁のデザインを気にかけています。
そんな中、この作品の装丁は良いなと思いました。

北畠さんの絵がステキなのはもちろん、
帯が無いので分かりにくいと思うのですが、
帯がタイトルの「はない」の部分に
かかっており、ちゃんとそれより上に
作者名・イラストレータ名がきて、
帯の下に網越しに繋いだ手が隠されたように
二人の深い関係をあらわしていて……。


やっぱりBL新書のデザインはSHYノベルスが好きです。

内容は…ヘタレオヤジ万歳でした。以下、感想です。



『愛してると言う気はない』/英田サキ
大洋図書 (2007/12/26)
【Amazon】


★あらすじ (ふるーい前作の感想→)
三年前に警察をやめ、現在「陣内探偵事務所」を
ひとり経営するしがいない探偵、陣内拓朗には、
とびきり特別な恋人がいる。
それは新宿歌舞伎町一帯をシマに暗躍する、
美形だが凶暴なヤクザ、天海泰雅だ。
見てくれの繊細さとは裏腹に、東日本最大の暴力団組織の
幹部であり「周藤の虎」と呼ばれ、恐れられている男だ。
恋人になったとはいえ、足蹴にされ、おまけに最近では
陣内の尻に執着を見せつつある。そんなある日、
ひとりの青年がある人物の説得を依頼してきて……

*   *   *   *   *   *

前作では天海の特異性が一番目に付きましたが、
オヤジスキーと成り果てた私、今回はどんどんと
ヘタレ+オヤジ化している陣内に萌えまくりました。
だって、しょっぱなからこれ(↓)ですよ!

大人の男は細かいことなど気にしないものだ。――と
鷹揚に言いたいところだが、実際は言い返せば仕返しが
待っているので、無言を守るしかないのが現実だった。
(P.11)

しかもあとできれい好きな天海が来ると知って、
すぐに部屋を片付け始めるあたり、相当なものです。
ツンツンツンデレに振り回されるオヤジ…美味しすぎる。
萌え的にそれだけで十分元は取れました。


しかしさすが英田さん、それでだけでなしに、
前作よりさらに天海の屈折した性格の背景が
明らかになる過程が丁寧に描かれています。

簡単にトラウマと言ってしまってはいけないような、
家族との問題が天海の性格を少し理解できました。
理解できるといっても、ミステリで動機がはっきりして
すっきりするのと同じレベルの理解ですけれどね……。
親と必ず仲直りできると考えている天海の弟ほど
純粋(子供?)でもないですが、我が家の人間は誰も
不仲ではないので一生理解できない気がします。

その理解できない事柄に関して陣内が取った方法と
考え方が正しいのかは私には評価できませんが、
下手にそっとしておくより、確固たる信念をもって
行動するのは、格好いい男の生き方の一つかと思いました。
ヘタレな反面、こう、フンドシ締めるところは
ちゃんと締めているこのギャップがステキです。
陣内はフンドシがなんとなく似合いそう。(関連なし)


愛してると言えない屈折した天海の愛にも、陣内の姿勢にも、
どちらにも泣かされそうになるところでした。
前作とあわせてオススメです。

次の新作は、今月末ですね。
2008年の英田さんの活躍も楽しみです!

P.S.
ちなみにSSも収録されており、毛玉だらけのスウェットを着る
オヤ陣内(略した)と、そんな陣内が好きな天海の自嘲に、
萌えたことは言うまでもないが言う気はある。
| [BL・小説]英田サキ | 23:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |