-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『愛してると言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃) | main | 2008年2月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ルチル新刊、財散る週間 (ルチル文庫5冊感想)
隔月発行だからとはいえ、ピンキーな帯と男二人が
くんずほぐれつしている表紙が6つも7つもあると、
さすがに圧巻ですよね…その名もルチル文庫。
ルチル文庫を全部平台にする大きい書店もいい度胸です。

いい意味でも悪い意味でも寄せ集めているので、
2ヶ月に1回の発行時に1冊も買わないと言うことが
ほぼない文庫ですが、今回は5冊(砂原さんの延期除く)も
買ってしまいました。うわ、これだけで感想が
書けちゃう…と思い、本当に書いてしまいました。

ということで、本の薄さにあわせて、
さらっとルチル新刊の感想を5冊ほど。
記事名は給料日前の悲しさと音を重ねただけです。



『七代目、お譲りします』/小川いら(高城たくみ)
【Amazon】

『盃、いただきました』の続編です。
3話収録されていますが、なんと
すべて違うカップルのお話。

1話目は極道の家庭の、三男×長男の大人受け×年下ワンコ攻め。
2話目はその極道の若頭×次男の、無愛想×女王様受け。
3話目は前作のカップル・顧問弁護士×四男のお話です。
なんじゃそりゃ、と思われるかもしれませんが、
前作では悪目立ちしていたキャラが4人も居て、
バランスが悪く主人公が地味になってしまったのに対し、
むしろ今回のほうが広くキャラが生きている感じでした。
かるーく、幅広く読みたいときに向いているでしょう。
おおまさにルチル!(好悪どちらにとるかはお好きに)

ま、私が年下ワンコ攻めが好きってのもあるんですけどね……。
それにしてもこの兄弟は揃ってBLしちゃっていいのだろうか。


『君に捧げる求愛』/高岡ミズミ(西崎祥)
【Amazon】

外国人ものも好きなんですよね…。
触手(意思がないもの)以外は
たいていなんでも好きです。

外国人攻めといえば「Sweet」「Honey」「I love you」(偏見?)を
囁く金持ちグッドルッキングガイと相場は決まってるんですが、
まさに三種の神器、「金持ち」「I love you」「イケメン」を
地で行っている大リーガーに強引に愛される受けのお話です。
ここまでされるとむしろ潔い!単行本でも読んだのに
文庫でも買ってしまった私のように潔い!(潔い…?)
ハーレクインな雰囲気に浸りたいときはばっちりです。

挿絵の交代も、私としてはこれは成功かなと。
いや、前の挿絵の人が嫌いとかそんなことは
まさか・決して・きっと・おそらく無いんですよ、
西崎さんの描く攻めの筋肉が良かったと言うわけで。
以前見送った『恋は君に盗まれて』も、
挿絵見たさに買ってしまおうかしらん…。



『キスができない、恋をしたい』/崎谷はるひ(街子マドカ)
【Amazon】

街子さんのメガネはいいなあ…。
メガネ萌えの趣味は無いのだけれど、
街子さんのメガネは好きです。

さて、こちらは体から入るパターンです。
甘やかされて育ったアンポンタンがちゃんと
世の中のことを教えてくれる攻めにセックスコミで
どんどんと更正されていくうちに惹かれてしまい、
けれど最近忙しくてキスもしてくれなくて…と言うお話。
テーマは違うけれど「ANSWER」のように体から
入るパターンもはるひんはほんとに上手いと思います。
構成と感情の運び方がきれいといいましょうか。
新刊で買って悔しかった覚えがほぼない作家です。

攻めのあまりにもな合理主義は好きになれませんが、
カップリングが気に入らずとも楽しめてしまうから凄いですね。
ちなみにあんぽんたんは自分より若ければ許せます。


『ダークサイドを歩け』/榊花月(九號)
【Amazon】

私にとって当たり外れの無い作家が
前述のはるひんならば当たりはずれが
多いのが、榊さんだったりします。

これも外れのほうだったようで、ヤクザ×探偵ものだから
バイオレンスは覚悟していましたけれど、
レイプシーンや姉のシーンはちょっとね…。
主人公が憎悪を抱えているため全体的に暗いし、
探偵パートが長く、初芝なんて便利屋レベルにしか見えません。
突然最後の純情ヤクザの告白もなんだか唐突に思えてしまい…、
うーん、残念。BLでの愛の表現方法のひとつである
レイプが凶悪犯罪だということを再認識はしました。

挿絵も表紙による期待度が高すぎたと言うか、
モノクロは意外と「あれ……?」でした。
九號さんってこんな絵でしたっけ?秋月さんの挿絵のときは
もっと魅力的な絵を描かれていたような……。


『愛こそ明日の絶対』/いおかいつき(奈良千春)
【Amazon】

さて、こんな絵でしたっけ?と言えば、
BL界挿絵師TOP3には入るだろう奈良さんです。
今回は諏訪内の顔がだいぶ変わりました。

平穏、予定調和…シリーズものが続けば続くほど、
ありがちな話になってしまうのは仕方の無いことで、
この作品もそうでしたが、カップリングが心底好きなら
それでも十分なんだな、ということが良く分かりました。

高城かっこいい!諏訪内かっこ可愛い!とはしゃいでいれば
いつの間にか事件は解決、箱根駅伝をラブラブで見て、
ラブラブにすごして……二次元でこんなやつらが居たら
蹴っ飛ばしますが、こやつらはなぜか許せてしまいます。
このシリーズは手放せないなあ…軽くて薄くて、
けれど出汁がきいている、いおかさん+ルチルの
持ち味を生かしきった傑作だと思います。


というわけで、5冊の感想でした。お気に入り度は、
『愛こそ〜』>『キスが〜』>『君に〜』>『七代目〜』/『ダーク〜』
といったところです。面白い面白くないは主観ですが
『愛こそ〜』と『キスが〜』は、人を選ぶことなしに
広く薦めやすい作品だと思います。

3月の新刊も、薄いだのなんだの言ってても複数冊を
買ってしまう自分が未来予知できる私でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |