-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年2月新刊購入予定リスト | main | 航空業界はお好き? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ANSWER』『SUGGESTION』/崎谷はるひ(やまねあやの)
本読み過ぎて目が疲れましたそんな日曜日です。

平日は仕事中パソコンを使い通しのため、
目の酷使を避けようと読書をセーブする意識が
勝手に働くのですが、休日はダメですね…
結局家でもパソコンを使っていると言うのに。
まあ、幸せだから良いんですけれど。

でも真っ昼間っからはるひんの濃ゆい作品を読んでいると
凄くいけないことをしているような気になります。
まあ、面白いから良いんですけれど!

それでは以下、感想です。




『ANSWER』『SUGGESTION』/崎谷はるひ
幻冬舎コミックス (2007/03,09)
【Amazon】ANSWERSUGGESTION

☆あらすじ
秦野は、道でぶつかった行きずりの男・真芝に八つ当たりで
強姦されたあげく、関係を強要されてしまうことに。
しかし、秦野は失恋し、傷ついている真芝を憎みきれず、
次第に関係が変容し、不器用に距離をつめていく二人だったが…

△   △   △   △   △   △

数日前にまとめてルチルの感想を書いたときに、
ルチルは「薄くて軽い」と書きましたが、
この作品はルチルらしからぬ分厚さと濃さです。
なんてったってアイドル元があの黒ラキですからね!

濃さの根拠が無いと分かりづらいと思いましたので、
そこで私、Hシーンのページ数を数えてみました。

まず1冊目の『ANSWER』はというと、

11+20+20+35=計86ページ

で、全ページ(333)で割ると25%強となります。
四分の一がHシーンってのはこれだけでも凄いですが、
2冊目の『SUGGESTION』はもっと凄いことになっていて、

28+30+8+26+6+7+21=計126ページ

全ページ(318)=39%、ほぼ4割がHシーンとなっています。
はるひんは心理描写やセリフをHシーンの合間にがんがんと
入れてくるのでこんなに長く濃くなるのでしょうけど…、
喘ぎ声も凄いし、やっぱりはるひん、恐ろしいひと!

ちなみに、新作『キスができない、恋をしたい』は
40ページそこそこで、20%を切るほどでした。
黒ラキの特異性を再認識したような気がします。

(余談ですが、出版社別に何冊かサンプルで選んで
Hシーンのページ数を比較したら面白いことになりそうですね。
もしくは、ジャンル〈アラブ・医者・ヤクザなど〉で
やっても面白い結果になりそうな予感です)


感想はこれだけでもいい気がしなくもないですが、
その濃さと釣り合った心理描写も刮目すべき点です。
体から始まる関係はエロ中心では多く見られますし、
傲慢攻め+健気受けという関係性もよくあります。
しかしその関係がたった1話の中で、大きく変容する話は
他に類がないような。(徐々にヘタレ化は沢山ありますが)

ショッキングな秦野の過去が明かされるとともに、
真芝と秦野のそれぞれの複雑な想いが綴られて、
ようやくお互いがまともに向き合えるようになるまでの
精確さは、エロの濃さにも負けぬ密度があります。

だからこそこうやって、幻の単行本から文庫へと
蘇るだけの人気が出たのでしょうね。読めて幸せです。


『SUGGESTION』では、「本当に自分でいいのだろうか」と
ぐるぐるし合うというありがちな展開なのですが、
いい男なのにひたすら一途で土下座する攻めなんぞを見られて
(そのシーンをイラストに起こしているやまねさんも凄い)、
かなり満足でございました。ありがちなシチュエーションは、
面白くて萌えられるからこそありがちなわけですし。


夜のお菓子ならぬ、夜にじっくりと味わって読む、
『夜のBL』という印象のシリーズでした。
エロが濃いのが苦手でなければオススメです。

P.S.
昼のBLがあるとすれば、月村さんですな。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |