-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ANSWER』『SUGGESTION』/崎谷はるひ(やまねあやの) | main | 『1限目はやる気の民法』/よしながふみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
航空業界はお好き?
『月村さんの行為シーンのページ数』を月村作品好きの
某腐男子さんが調べたようです。全部足しても
はるひんは『ANSWER』1冊で勝ってる!(笑)


さて今日はBLのアオリっぽいタイトルにしてみました。
今日は直球で、航空業界を題材にしたBLを
3冊ほど最近読んだ中からセレクトしてみました。

BLって、広く浅くですが、殿方の花形的職業の知識は
いくらでも身につけられそうなジャンルですよね。
たまーに飲み会に行ったときに、私の口から出る
「あ、その業界のトモダチが言ってたんですが…」
という前置きは、BLというお友達から得た知識だとは
誰も知るまい……ボー(イズ)ル(ァブ〔巻き舌〕)は友達!

これ以上あほなことを口走るのはやめて、
さっさと感想へ行きましょう。



『華麗なるフライト』/遠野春日
徳間書店 (2007/7)
【Amazon】




う……美しすぎますッ!っとJOJO1部の
エリナのように叫んぶところでしたわ。
ネタが細かくて申し訳ありませんわ。

遠野さんの合同同人誌かなにかで、遠野さんの攻めは
「貴族」と言っていましたが、なるほど、ゲイで独身、
理知的な商社部長でエリートときたものです。
それに加えてクールビューティーな受けがパイロット、
その彼をじわじわと蕩かすようにアプローチする攻め……
と来れば、まごうことなきハーレクイン。美しすぎますッ!

まあ、それはそれで良いのですが、肝心の航空業界部分が
かなり弱く、通り一遍と言う感じでした。
アクシデントも二人の絆を引き裂くこともなく、
ラブの方向が向き合ったままなので危機感もなく、
ラブ>>>航空業界って感じのお話でした。
小難しい業界話が不要な方には最適かと思います。


『コックピットで恋をして』/御木宏美
オークラ出版 (2005/05)
【Amazon】



1冊目と好対照すぎるのがこちら。
BLのラブなどなんのその、航空業界のことを知りたいと
言われたらこれを勧めてもいいんじゃないかというくらいの
綿密な仕事描写振りです。論より証拠百聞は一見にしかず、
1ページだけちょっとお見せしますと…




書き込みすぎですッ!御木先生!これ新書ですよ…。
(まあさすがにこのページは極端ですけれどね。)
けれど、天才と言われるパイロット・牧(攻)の仕事ぶりを
ラブより先に尊敬している樫木(受)ですから、
仕事ぶりを徹底して書いてあるのは説得力があるし、
ワーキングシーン大好きな私としては非常に嬉しいです。
これだけ神経使ってるのね、パイロットって大変!と嘆息し、
酔っただの退屈だの言い辛くなること間違いなしです。

しかし、BL的展開を辿るのは必須的に後半となり、
エロシーンに至っては最後の10分の1に入ってからです。
もうちょっとこの硬派で誠実な攻めを見たかったぜ……。

下半分がメモ帳に使えるBLよりは得した感ありですが、
BLとワーキングの配分の難しさを考えてしまったり。


マガジン・マガジン (2002/10)
『楽園30000フィート』/東谷珪
【Amazon】

くっ…くだらなすぎますッ!
BLとワーキングの配分などどうでも
よくなるくらいのくっだらないギャグ本でした。


設定からしてすでにいろいろとおかしい。
男性でホモのみの航空会社(おい!)、
「All Nippon Air Line」、通称“ANAL”(うぉい!)、
そして入社試験では社長と直に触れ合っての面接(…!!)。
三段腹ならぬ三段腹筋キラーでしてよ…恐ろしい子!

1話1話は短いんですが、総攻めの社長が幾度も登場したり、
四天王と呼ばれるエリート(いろんな意味で)が登場したり、
いちおうまとまったかたちにはなっておりますが、
深いことは考えず、体(マッチョ)専、フケ専などの
スチュワード統一スペシャルフライトなどを見て
「ああ…っ、アタシだったら…」などと妄想しながら
腹を抱えて読み進めるのがよろしいと存じます。


航空業界とひとくちで言ってもさまざまですね。
BLの懐の広さを思い知らされましたわ。
三冊三様、あなたはどんな航空業界ものがお好き?
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |