-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 航空業界はお好き? | main | 『美しいこと』/木原音瀬(日高ショーコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『1限目はやる気の民法』/よしながふみ
新装版が出たので買いました。
実を言うとこの作品、読んだことなかったんですよね…。
なんとなく手を出していなかっただけなんですが、
世の中単に手を出してないものが存外多い気がします。

まあ、それにしても1限目って響きが懐かしいこと。
大学に入るまでは「1時間目」「2時間目」と読んでいたのに、
大学で「1限目」「2限目」という言い方を聞いて、
おお大学だなあと思った記憶があります。
(地域とか学校によって呼び方は違うそうですが)

そんな思い出が蘇る、キャンパスものでした。
以下、感想です。




『1限目はやる気の民法』1・2/よしながふみ
リブレ出版 (2008/1)
【Amazon】1巻2巻

★あらすじ
良家の子女が集う名門・帝能大学で、田宮は藤堂と出会った。
現役司法試験合格を目指す田宮と、付属高校出身で
ちゃらい男のみほんみたいな藤堂の正反対な二人に
ちょっと奇妙な友人関係が結ばれ……

*   *   *   *   *   *

面白かった本について感想を書きたいとき、
大抵すぐに書きたいがこと決まるのですが、
それがこの本に至っては見つかりませんでした。
もちろん多すぎて。

ざっと書き出せば、キャンパスライフだけでも
・大学の授業の雰囲気
・ゼミの雰囲気
・飲み会の雰囲気
・付属出身と外部編入の学生の温度差
などがリアルに、BLでのリアルではなく実際の現実に
相当近い形で描かれています。

特に、この作品では付属と外部という形で描かれた
「マジメ派」⇔「遊び派」、「庶民」⇔「金持ち」の対立は、
大学卒業が標準となっている故の現在の大学の
歪みそのもの。この再現力は素晴らしいですね!

そしてその属するグループが異なれば、
ずっと同じ授業を受ける高校のクラスとは違い、
離れようと思えばすべて別々になれる場所です。

そんな中で、お互いに友人と認め合える相手を
見つけられた田宮と藤堂の関係は僥倖だなあと…。
BLに発展するよりもそちらの友人関係を築けた、ってことが
凄いと思ってしまいました。BLなのに(笑)


そして、よしながさんが対談集か何かで言っていた通り、
「いろんな人間が居る中でのゲイ」が、10年前の作品でも、
大学というシチュエーションでキレイに描かれていますね。

ふたりの学友である寺田(女性)の苦い恋の話もあれば、
楽チンなゼミと言われていた先生の最後の反撃があったり、
同じゼミ生の「金持ち」のやつらなりの考え方を
描いていたり……カップル、もしくはスピンオフのカップルか
いいとこ当て馬の心情しか描かれないものとは違う、
BLらしからぬさまざまな人間模様が描かれています。
そしてそれがひとつひとつ頷いてしまうから凄い。
10年以上前から変わらぬポリシーに感謝です。


カップルについてあんまり触れていないのは、
主人公格の田宮にあんまり恋心の芽生えが無いから(笑)
「ちゃんとした」ってのが卒業式の日だもんなあ……、
読者的にも藤堂的にも待たせすぎです、田宮。
藤堂のかいがいしいまでのヘタレ攻めは極上でしたけどね!

あれ?1巻だけでこんなに長くなっちゃいました。

2巻は田宮と藤堂のその後、そしてもう1つの
カップルの攻め、藤堂弟が登場します。
同人誌再録版なのでHとコメディ色が強めですが、
こちらでも藤堂兄のスーパーヘタレが見られて大満足でした。
書き下ろしも切ない… はい、無理やり100文字で感想終了。


大学時代(時代が違っても)思い出したい方、
「やる民」を読まれていない方にオススメです!

P.S.
この学校のモデルは慶応ですね〜。
食堂のイスとか中庭のベンチがそのまんまだ。
P.26 1コマ目と下の画像を照らし合わせれば論より証拠です。
http://www.mita.keio.ac.jp/gallery/gallery09.html
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - |