-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『それではみなさん。』1/内田かおる | main | 『ここにキスして』/ヤマダサクラコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『8年目の約束』/うえだ真由(紺野キタ)
うえだ真由さん初読みです。またア行・・・。

ある人から薦められたのですが
「人がすごくいいよ!」っていう本をあんまり
レッテル無しに素直には読めないんですよね。
ひねくれものなので。

しかしこれはいい作品でした。
スカトロの本の後に持ってくるのは人としてどうなの、と
自問したいくらいに純で切ないお話でした。

それでは感想、どうぞ。



8年目の約束
8年目の約束
うえだ 真由著
幻冬舎コミックス (2005.7)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

あらすじ

中澤千波には忘れられない人がいる。
親友の榊晴一に告白され一度だけ体を重ねた高3の夏。
幸せだったその日に起きた事件をきっかけに
千波は晴一との約束を破ってしまう。
連絡が途絶えて8年、晴一を想い続けていた千波の前に
千波の勤める小学校に晴一が現れる・・・。

☆オススメ!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

千波はおとなしくて気配りの人。
幼い時から厳しい祖母とおとなしい母との
緩衝地帯として間に入っていた経験から 
そのような性格です。地元の名士の1人息子。

晴一はみんなの中心。
都会的で精悍さが漂う明るい子。
(・・・といいつつあんまり好きではない。理由は後ほど)


二人は小学生のとき、晴一が転校して来たことで出会います。

中学高校と同じで、大学も東京の同じ大学にと決めていたところ
「ある事件」が起き、晴一が原因だということで
千波から引き離されるのですが
晴一は千波とどうしても居たかったため
東京についてきてくれるよう頼みます。

千波は千波で家族・世間体を気にし
ついていくことができませんでした。
田舎の地元の名士ってのもつらいよね。

ああ、青い春の決断。(ヨヨヨ)


現実だったらこれで終わりなのですが
晴一はまた千波のために帰ってきます。

そしてお互いにまだ好きでフォーリンラブ。

しかしまた晴一、かってに突きつけます。
8年目の約束は・・・アメリカについてきてくれ!

私だったらそんな期間(アメリカ留学期間のこと)で
ダメならオトトイ来いや!と言ってきれちゃいますけどね。


好きだ、といっときながら結構勝手な晴一。
自分は東京で他の女と付き合ってたし。
ちょっと姑息で好きになれませんでした。


でも千波がそのぶん可愛くて。
おとなしいながらも自分の考えを貫き
ついてゆくことを決心して
祖母を振り切るとこなんかよっぽど男らしい。


前にも言ったかもしれませんが
田舎とか、幼なじみとか憧れます。

生まれも育ちも田舎とはいえない地域なので
この閉塞感が理解できませんが。


最後に。
千波ママンのセリフにはぐっと来た。

「大人になった千波が、いろんなことを考えて、
それでも晴一くんがいいと言うんです。
これ以上止めても、千波も私たちも傷つくだけですよ」

「……晴一くんが帰ってきてあんなに嬉しそうにしている千波を
久しぶりに見ました。仕方ないじゃありませんか。」

「行きなさい、千波」


千波ママン、誰よりも強いのかもしれない。


エロスや重い恋愛は無いけど
ちょっと痛くてせつない。
BL初心者に読んでもらいたいかな。(何様?)

よって☆オススメ!
| [BL・小説]うえだ真由 | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |