-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 月曜日のげは虚言のげ | main | 『ライク・ファーザー・ライク・サン』/英田サキ(ヤマダサクラコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『小説家は我が儘につき』/秀香穂里(陸裕千景子)
ルビー、プラチナ、プリズム。
こう並べると麗しく美しいですが、この3つは、
私の中で「帯が恥ずかしいBL文庫TOP3」です。

と、久しぶりに帯の話をしたのは、この作品の帯が
「敏感すぎなんだよ、おまえ。噛みまくってやる。」
じわじわと恥ずかしさがこみあげてくるものだったからです。
こんな恥ずかしいものを店頭で買う私って、と思う気持ちが
薄れた今でもやっぱり恥ずかしいもんは恥ずかしい。
表紙にも乳首が見えてるしさ……。

まあ、内容の感想には関係ありませんが、
帯に負けず劣らずエロが濃い作品でした。




『小説家は我が儘につき』/秀香穂里
角川書店 (2008/2)
【Amazon】


★あらすじ
コンシェルジュとして働く篝貢継(かがり・みつぐ)のホテルに、
憧れていた人気小説家がVIP客として滞在することに。
しかし彼は兄の友人で昔、貢継を散々苛めた古谷有司だった。
以前と変わらない意地の悪さや我が侭、その上VIPであることを
振りかざし、どんどんエスカレートしていく古谷の自分勝手な命令。
ところが何とかして担当を外れようとした途端、
「俺の専属になるなら小説の続きを書く」なんて
ファン心理を見透かしたような脅しと共に身体を求められ……

*   *   *   *   *   *

ルビー仕様と申しますか、秀さんのワーキングはありつつも、
我が儘な小説家につきっきりな時間が長いためか、
バリバリ働くイメージはそれほど強く残りませんでした。
まあ、コンシェルジュというと名前はかっこいいですが、
やっていることは「非常に気の利いた御用達」であり、
派手さには欠けているせいかもしれません。
そんな中でも仕事への真摯さは見て取れましたので、
そこは秀さんならではでとても良かったです。

それよりも、強調されていたのはHシーンでした。
またHシーンのパーセンテージを調べてみたところ、

8P+25P+6P+20P=59P/全ページ242P=25%弱

となっておりました。25%という数字も凄いのですが、
よくこれだけのオヤジくさい傲慢セリフやオノマトペの
使い方を考えられるな、と感嘆してしまいます。
「おかしくさせるためにおまえを抱いてるんだろ?」(P.220)
とか、32歳のセリフなのか!?自分だったら…絶対無理。
でもそんなセリフがバンバンあるのがなぜか好きです(笑)
あ、秀さんのエロが好きなのはオヤジくさいからなのか。

受のセリフもなかなか過激で、はるひんお得意の
「…おっきい…」まで出てきました。
いつも以上に乳首描写にこだわっている気がしますし、
ルビーはそういう傾向なのでしょうかね。


と、今のところほぼ満足なのですが、ただ一点、
人物に関してはオーソドックスで、不満はないものの
なんだろう、ひねりがちょっと足りないような。
(これはまさか寛末(美しいことの攻)の呪い!?)

小説に真摯なのに小説を盾にして受を落とそうとする攻や、
コンシェルジュとして誇りを持って働いているはずなのに
当て馬が現れたくらいで激情に任せてホテルの備品を
ぶち壊しまくったりする受の感覚が不思議でした。

正直、ルビーやリブレは無難になる傾向があると思うので、
お話の濃密さを期待しすぎるのは心得違いかな……。


というわけで、ワーキングあり、エロは濃い目で
軽めのものを読みたいときにはどうぞ。

P.S.
「指がぬくぬくと挿ってきて」……ぬくぬく、って
なんかぬこがコタツに入ってきたような描写だなあ。
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |