-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『小説家は我が儘につき』/秀香穂里(陸裕千景子) | main | 『獣の妻乞い』/沙野風結子(実相寺紫子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ライク・ファーザー・ライク・サン』/英田サキ(ヤマダサクラコ)
あとがきで、 [like father like son]の意味は、
「この親にしてこの子あり」と書いてありました。

アル○のホームページで引いてみると、ちゃんと2番目に出ました。

なるほど……ひとつお勉強になりました。
でも、二人の関係はどちらかというと、
このバカにしてこの息子のような年齢の
可愛い男のがなぜか恋心あり」でした。

そんなオヤジ本の感想は以下です。




『ライク・ファーザー・ライク・サン』/英田サキ
大洋図書 (2008/1)
【Amazon】


☆あらすじ
高校3年生の相崎志真(あいざき・しま)は、隣の家に暮らす
幼馴染み・昂の父であり、人気脚本家である
灰島康征(はいじま・こうせい)に恋をしている。
だが、康征は男女問わず万年入れ食い男のくせに、
志真のことはまるで娘(!?)のように可愛がり、いつまでも子供扱い。
とある日、酔っ払った康征からキスされ喜んだのも束の間、
相手を間違えてのことだったと謝られ、康征の態度に
傷ついた志真は、自分にも男の恋人がいると嘘をついてしまうのだが……

*   *   *   *   *   *

「Like 〜」の訳の諺に一個追加して頂きたいものです。
バカの子はバカ、と。(リアルでそうかは別として)

康征と昂はバカ親子です。
父親のほうは世間的に成功していても、どちらとも顔がよくとも、
デリカシーなし・相手はとっかえひっかえ・人間的におバカです。

昂はまだバカなりに可愛いですが、38歳で恋愛ものの脚本を
やっているのに鈍すぎる、志真の幼少期にかっこいいことを
言っていながらも、志真の好意に甘えて家事は任せきりで
当て馬と遊び……どうしようもありません。
オヤジの上にエロダメバカが付くレベルです。

いくらオヤジ好きだからってこんなの…いや、こういう
どうしようもないのも好きですが(笑)、恋愛の相手には
絶対に選ばないと思われる相手です。

私はオヤジがいればオヤジだけで十分楽しめるのですが、
この作品では、どうしようもない上記のオヤジに、
ひたむきに真正面からぶつかる志真のほうが楽しめました。

昴と一緒に「やめとけ!」と止めたい良い子なんですよね〜。
暗い過去をもちながらも悪い性格になることなく、
けなげで一途、家事有能。これだけで十分なのに、
恋をしているが故の醜い気持ちと行動を自分自身で受け止め、
それをも正直に告白するところが素敵でした。

その行動の元となった、昴の母にして康征の元妻の
澄香によるお言葉も素敵でした。

「燃え尽きて跡形もなくなるような、
灼熱の激しい恋に身も心も捧げるのよっ!!」
「…(略)先のことなんて誰にもわからないの。
だから、最初から失う怖さなんかに負けちゃ駄目よ」(P.114)

真剣に恋をしてきた女優は、なんとも強く逞しい……。
息子にパイプカットを施すその決断力、畏れ多いです。

結局は、真摯な志真に応えるように康征も向き合い、
ハッピーエンドになるのですが、またもや最後に
わざわざ自分の評価を下げるような発言をしでかす康征は、
やっぱバカ……そして「ヘタレ」も追加されました。
ぜひこのまま康征が志真の尻に敷かれてゆく
過程を見たいです、英田先生お願いします!


英田さんらしい熱さはおさえめなものの、
展開の運びはやはり読みやすかったです。
まれに見るバカ無神経オヤジがさいごに
凹まされるシーンを楽しみに読むのが吉です。


■ 今回のオヤジワード ■(オヤジ本に限り試験的に毎回)
「ぴちぴちの女子高生妻をもらったエロオヤジの心境だぞ」
自覚あるんだったらもうちょっとデリカシーのある行動を…。
| [BL・小説]英田サキ | 21:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |