-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ライク・ファーザー・ライク・サン』/英田サキ(ヤマダサクラコ) | main | クイズSS:「冬のお供」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『獣の妻乞い』/沙野風結子(実相寺紫子)
まだ2月なのに早くも今年 No.1候補が出てしまいました。
衝撃作という意味で。獣姦きちゃったよ!
レ○プは隠すくせに、獣姦は隠さないのは
単なる様式(プレイ)に対する好き嫌いです。

女性もいないのに「姦」ってのも変な話ですが、
男に頻繁に「花嫁」という言葉が使われるぐらいだから
BLにとっては瑣末な問題なのでしょう、きっと。

トンチキかと思いきや、意外としっかりしたつくりで
大満足でした。以下、感想です。
ちょっとエロめの画像があるので背後にご注意を。




『獣の妻乞い』/沙野風結子
幻冬舎コミックス (2008/01)
【Amazon】



☆あらすじ
通り魔に襲われた高校生の由原尚季(ゆいはら・なおき)は、
狩野飛月という男に助けられる。強引な手口により、
飛月と一緒に暮らすことになった尚季は、凶暴そうな見た目に反し、
無邪気で優しい男に急速に惹かれ、なし崩しで結ばれる。
だが、仕事に行くたび尋常さを失い、次第に獣じみ昼夜を問わず、
荒々しく抱いてくる飛月の異変に不安を覚える尚季は、
彼が凶悪犯罪者を抹殺するため、秘密裏に造られた「猟獣」だと知り―。

*   *   *   *   *   *

私、半獣半人などは大好きでございまして、
もとより獣姦テイストは苦にならないのですが、
中表紙を見てさすがにびっくり。

背後に猛犬がいないか注意

わお、尻隠して頭と乳首と白濁液と獣を隠さず!
獣のままの形態でする作品は初かもしれません…。
と、引きかけましたがどきどきで読み進めるうちに、
あまり苦にはなりませんでした。

獣姦が苦にならなかったのは、意志の疎通が図れ、
互いに求め合っているのがよくわかるからです。

この手のものを苦手な場合、人外だから苦手なのだと思いますが、
突き詰めれば「意思の通じない、見た目に許容できない相手」が
厭なのではないか……それを見事にクリアしていたのです。

・見た目は大きな犬なので(私は)まだ抵抗感が無い
・半獣半人であることによって意志の疎通は図れる
・獣姦シーンまでに既に心も体も求め合っている

まあ、これらがすでにトンデモチックでは有るものの、
あらすじどおり、近未来の日本で死刑が廃止され、
凶悪犯罪者すらも刑務所に長く留めておけないような国を
背景として、うまく人と狼のハーフ「猟獣」を登場させています。

(死刑を廃止したから必ずそうなるわけでは無いと思いますが、
ひとつのパラレルワールドとして……。)

そしてそこから裏組織の存在や遺伝子操作などが明らかになり、
二人を分かち、段々と飛月が人間で居られなくなるまでの展開の、
いい意味での分かりやすさはぐいぐいと引っ張り込まれます。
ちょいと重いテーマを扱っていて、いかに商業誌で
獣姦を活かすかという情熱すらも感じられるようでした。

しかもその合間に絆を深めてゆく2人の様子やエロスが
しっかりと挿入されていて……うまい!(by ねるね○ねるね)
私の好きな再会ものでもあるというのもポイントでした。

終わり方も危うげながらハッピーエンドであり、
それが一緒に居られる幸せ、最低限で最高の幸せを
かみ締めるように終わっていて感泣ものでした。
どことなく、生存率を宣告された後の患者と配偶者の
絆が強くなるのに似ていますね。


さ、て!感極まったところですがエロスの話もしましょう。
沙野さんの今回のプレイは布プレイでした。(勝手に認定)

・尚季の唾液が染みたハンカチ吸う
・さらにそのハンカチを通しての指しゃぶり
・バスルームでタオル越しの尚季に奉仕
・タオルについた精液舐め自慰

布一枚あるだけで、直接的でないのが動物的でエロい!
布なんてはぐものだと言わんばかりの半獣人が
やっているからこそのエロスなのかしらん。
獣姦も器官のしくみまでご説明しなくても結構ですよ、と
思ってしまったほど濃かったですけれどね……。


沙野さんの作品は何冊か読んだことがありますが、
フィーリングやカップリングの趣味が合わず、
ちょっと避け気味でしたが急接近したくなりました。

犬を飼っている(いた)からそういうのは絶対にダメ!
というかた以外にはぜひチャレンジ願いたい作品です。
| [BL・小説]沙野風結子 | 20:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - |