-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クイズSS:「冬のお供」 | main | 『大吟醸の恋』/佐伯まお(青樹緫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『それでもまた朝が来て恋をする』/桜木あやん
昨日は朝イチから活動して書店へ行きました。
小説コーナーでディアプラスなどの新刊を手に取り、
続いてコミックコーナーで、予定通り、リブレの
P.B.B.と直野さんの新刊を買おうと思ったところ……
「思わず叫ぶオヤジ萌え」なる帯の本を発見。

表紙は少々若く見えるオヤジでしたが、目尻の下のしわと帯に
心の中のド□ンジョ様が「えーい買っておしまーい!」と
仰せられたのでアラホラサッサー、金欠気味なのに衝動買い。
そんな自分の性格が嫌いじゃなかったりするのが問題です。

エロめでしたが、実にBLらしいBLでした。
以下、感想です。




『それでもまた朝が来て恋をする』/桜木あやん
リブレ出版 (2008/2/9)
【Amazon】
JUGEMテーマ:BL漫画


主に大きく分けて4つのストーリーが収録されています。

1つめは、表題作と続編の『そして昼も夜も君を想う』、
『それは当たり前のようにそこにあるもの』。(タイトル長いよ!)

飄々とした上司・夏目に片思いしている高橋、
夏目がお見合いをしたと聞いて…と、いたってシンプル。
高橋はノンケ好きなゲイの典型的後悔型の性格で、
他人から見れば「ぶちあたればいいのに!」と
思うような性格ですが、自分も似た想いを
したことがあるからちょっと同情してしまいます。
ぶつかることから生じる摩擦は疲れますからね……。

なので終始引き気味の高橋に、何気なく、
しかし押せ押せでせまるオヤジが宜しい。
高橋に惚れた動機が弱い気がしますが、実は最初から
相思相愛だった……という設定なのでしょうか、
それとも泣く高橋にズキュンと来たのか…オヤジは語りません。
ま、でも四十路で男同士のセックスの勉強してるとことか
自分の誕生日を忘れてる所が可愛いからいいや(笑)
(オヤジネタは狙ってるのが分かっても弱いから困る。)

仕事もちゃんとしているように見えるし、
オヤジだけあってこのシリーズが一番好きでした。

絵はキレイで読みやすく、相反して性器が
そうとう際どい消しでエロくてびっくりです。
SBBC(BL読まない人には謎の記号)だけあるなあ。


2つめは、『初めての男』『続・初めての男』。
端的に言えば、学ラン攻、ビッチ受。端的過ぎかな?
でもそれしか言うことないんです、エロ優先でしたし。
そのエロについて言えば学ラン攻めは良い!
学ランから性器だけを出しているのは凄く好き。
このビッチには学ラン攻の彼はこれからも
苦労させられながらも楽しそうな予感がします。


3つめは、『王様の言うことは絶対ですから』。
後輩のくせに成績トップで合コン好きの織田と、
先輩ながら成績そこそこで女なしのリーマン。
仕事ができる男と言ってもなんちゃってリーマンではなく、
アフターサービスの機敏さ・誠実さが売りってとこが
地味ながらもリアルチックでいいですね。
コピー機販売なんて本当にそれが命でしょうし。

後半のBL的展開はちょっと強引かもしれませんけれど、
インサートじゃなくて相互手コキなのが良感触。
ここまで消しが薄くて平気なのかと心配になるくらい、
はっきり書いちゃっててエロいです。(性器よりも
毛がしっかり書かれているほうが嬉しいですけれど。)


最後の4つめは、『うちのコ。』『うちのコ。2』。
犬を買ったら人間に変身した、というファンタジーです。
深いことは考えず、こりゃ大変!と楽しむのが作法です。
「賢い探偵がいるなら未然に防げばいいのに」とか
「そこまで賢い犯罪者ならリスクを優先しそう」とか
ミステリでつっこんじゃいけないのと同じことです。

大学生の身で人ひとり飼うのは大変でしょうけれど、
幸せそうだからいいか…でも寿命とかどうなるんだろ。
ショタ気味でテイストが少し違うな、と思ったら
これだけコミックアクア収録だったようです。


全体的にストーリーはあまりひねられていませんが、
エロと整った丁寧な絵で損な気はしませんでした。
もしお気になりましたら店頭で「オヤジ萌え」の
帯を目安に探してみてくださいませ。

■ 今回のオヤジワード ■
「(誕生日を祝われて) ここ数年は祝ってなかったからなぁ
 忘れてたよ誕生日なんて…だってもう41歳だぞ!? 41歳か………」
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:19 | - | - |