-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『会議は踊る!』/徳田央生(ほたか乱) | main | 2008年3月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ベイシティ・ブルース』/神崎春子(TOKAI) 【120万企画】
だいぶ遅くなりましたが、120万Hit企画です。

「120万だから12に関係することがいい気がするなー、
なんかないかなー」と適当に考えた末に決めまして、
【12年前のBL作品感想】にいたしました。
(まあ、完璧に12年だと幅が狭いので、12年前後ですが)
たぶん企画以外の感想も書いたりするので、
3月ぐらいまで続くと思います。

私はこの頃BLは読んでおりませんでしたので、
今回がファーストコンタクトの時期になります。
同じような境遇の方には「こんなのもあるんだ!」と、
リアルタイムで読まれていた方には「懐かしい!」と
思って頂けると、とても嬉しいです。

では【12年前のBL作品感想】企画1冊目は、
神崎春子さんの『ベイシティ・ブルース』です。




『ベイシティ・ブルース』/神崎春子
二見書房 (1995/10)
【Amazon】






★あらすじ
見事な肉体とセクシーな笑顔、淫らなところもあるけれど
滅法強い型破り刑事―風巻。少年っぽい甘い美貌がおよそ職業と
ミスマッチな、通称K町署のお荷物刑事―冬木。
二人の個性派刑事が出会い、そして熱い関係へと落ちていった街…横浜。
潮の薫りとエキゾチックな喧騒に満ちたこの街で、つぎつぎに起こる
ミステリアスな難事件を、二人は絶妙な連携プレーで解決していく。

*   *   *   *   *   *

12年前のBL作品感想と言ったくせにいきなり1995年です。
(しかも中身は1992年の再販ときたもんだ)

その上、BLなのかどうかも怪しい作品でして、
横浜を舞台にした刑事ものライトミステリ風な
ゲイハードボイルド小説……とでも称したほうが
カテゴリ的には正しいかもしれません。
本当はカテゴリ分けなんてどうでもいいことですが、
今のBLとは一線を画しているのは確かで、こういう物語が
BLの中に存在していたというのは凄いことだと思います。


さて、その内容なのですが、当時はどうだったのかは
知りませんが、かなりトンデモよりな作品です。
刑事パートにしたって、日本で刑事が囮捜査とか
現実的にありえないですし、ゲイを標榜している刑事が
2人もいて、それが付き合っているとくればトンデモです。
米国特殊部隊まで登場させちゃうその豪胆さにビックリです。

ただ、その事件の裏側に潜む哀情や狂気をきっちりと
描いているのはさすがだなあ、と頷きました。
この辺の情を感じさせるあたりは剛しいらさんの
似た系列の作品を思い出させたりなんかして……。
(発行の順序から言えば逆なんですけれど)


カップル的にはどうかと申しますと、
これまたBLの規格外と言わざるを得ない。
その理由の1つは、どちらも多情すぎるからです。

攻めが多情なのは時たま居ますよね。
御木宏美さんの攻めなんぞに多くみられるような、
女も男もよりどりみどりで、しかし戻ってくるのは
受のところ、という惚れた方が負けなタイプが。
(1人じゃ満足できないのって本能に忠実なのか?)

けれど、受けが無意識的に多情…というか娼婦なのは珍しい。
1話目では岩鉄こと出所してきた元ヤクザとセックスして
惚れかけるわ、天然に他の同僚に期待を抱かせる素振りはするわ、
風巻をして「悪女の深情け」と言わせる性質なのです。

なので、カップルの2人のHシーンの回数&ページよりも、
他の人間とのHシーンのほうが多いというのは、
2人の関係ではありえなくないかもしれませんが、
立派な規格外ですよね……まあ、それでも2人の関係は
濃密に描かれているので、何とか読めました。

ちなみにもう1つの理由は、リバった!リバった!(2回言うな)
どう考えたってリバはしないと思われた2人がリバった瞬間に、
「私、この作品についていく!母さん止めないで!」と、
心の炎の鳥を目覚めさせた私も規格外なのでしょうか。


この作品はシリーズのようなので、ぜひ読破したいと思います。
少々変わった刑事もの、好きそうであればお試しを。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:21 | - | - |