-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『それでもまた朝が来て恋をする』/桜木あやん | main | 『ウキウキご奉仕デイズ』/佐伯まお(櫻井しゅしゅしゅ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『大吟醸の恋』/佐伯まお(青樹緫)
BLはまるで日本酒のようなマルチさです。

日本酒とひとくちに言っても、軽くあげただけで
普通酒・純米酒・本醸造酒・吟醸酒・大吟醸酒なんて分類があり、
私はフルーティなのはあまり得意でないので
純米酒のどっしり辛口が好きなんですが、
飲まない人にはよくわからないですよね。

BLも読む人にはナンバランと鷺沼やすなさんの違いは
丸分かりですが、読まない人から見れば同じなのか、
と思うと日本酒を作る人は違いを分かってもらえないのは
ちょっと悔しいのかなあ、なんて思ったり。

それはそれで置いておいて、杜氏×跡継ぎBLの感想は以下です。




『大吟醸の恋』/佐伯まお
オークラ出版 (2003/11)
【Amazon】
JUGEMテーマ:BL小説



★あらすじ
酒蔵の跡継ぎでありながら、日本酒が苦手で実家を出た昌弥。
祖父の葬儀で久しぶりに帰省した彼を待っていたのは、
クールでどこか高飛車な杜氏、池崎だった。
祖父の遺志を継ぐ池崎に反感を抱きながらも、
昌弥は酒造りに参加させられることになる。
しかも単なる偶然と誤解から、池崎とセックスまでしてしまい…。
快楽に溺れながらも、いつしかふたりの関係は身体だけではない、
濃密なものへと変化していく。

*   *   *   *   *   *

先日の『獣の妻乞い』がBL版『○のパープル・アイ』だとすれば
(する必要は無いんですが)、この作品はBL版『夏○の酒』でした。
そして仕事のほうにウェイトがかかっている作品でした。

『○子の酒』のように、幻の米で酒造りだとか、
跡継ぎが酒に対してものすごく執着しているとかは
ないのですが、それでも仕事描写が丹念なつくりでした。
絵がない分描写だけで理解するのは興味が無い人には
ハードルが高いですが、興味があれば面白いと思います。

それに、私の以前から思っていた酒造りで
「これは使えるんじゃないか」と思っていた部分が
ほぼ使われていたので大満足でした。
それはまあ、あの、ほぼ男しか居ないところとか、
身分の差(杜氏と経営者と言う意味で)が厳しいだとか、
麹室では上半身裸でいることが多いだとか、
小さい酒造の酒造りは主に冬の季節仕事だから、
遠距離恋愛になったり……だなんて、
そんな恥ずかしい妄想があったのですが、
それが形になってるって、素晴らしいと思いませんか?
私の個人的嗜好にもろぴったりでとても嬉しかったです。

まあ、それだけではなく、池崎の酒造りにかける情熱を
傍で見て、それに惚れるという過程は良かったです。
なんであれ、仕事を真剣にこなす人間の背中は
かっこいいものと相場が決まっております。
しかも下の面倒(本当の意味で)も気を利かせていると来れば
こんな親方に男惚れしないほうが難しいと思う……。

蔵人もキャラがよく差別化して描かれていて、
あまり混乱せず読めたのがよい点でした。
若い蔵人の田坂が跡継ぎの昌樹を呼び方で悩んでいる(跡継ぎだけど
見習い扱いだから)ところなんて可愛かったです〜。


残念ながら杜氏が昌樹と関係する導入部分に
ちょっと無理があるかもしれないと言う点と、
挿絵がどう見てもたくましい力仕事の男には
見えなかった点が残念でした。

まあ、2点目は想像で補えば大丈夫でしたし、
伝統的な男だけの社会を垣間見たいのであれば
さほど気にならないレベルかと思います。

夏○の酒で製造過程のビジュアルを肴にして、
補いつつ読め(飲め)ば良いお味です!

P.S.
たまさん、オススメありがとうございました m(_ _)m
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |