-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『大吟醸の恋』/佐伯まお(青樹緫) | main | あと30年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ウキウキご奉仕デイズ』/佐伯まお(櫻井しゅしゅしゅ)
ひとり佐伯まおフィーバー中です。

作家買いしたいときにイーブクオフは有能すぎて困ります。
もちろん在庫が一目で分かると言うのもありますし、
AmazonとBK1へのリンクもありますし、その2つか、
もしくは7&Yやらなにやらで検索すれば、
あらすじは大抵わかると言うのも大きい。

ブクオフの店頭だとなかなか手にとってじっくり、と
いうわけにも行かないですし、BLの品揃えが良くない店も
多いですからね。立ち読みは居ないしネットは快適です。

さて、今日の本は店頭だったらちょっと恥ずかしくて
手に取れなかったであろう、おバカな本の感想です。




『ウキウキご奉仕デイズ』/佐伯まお
白泉社 (2005/04)
【Amazon】


★あらすじ
唯一の肉親である母親の突然の家出で、自活の道を
探らなければならなくなった16才の水野蓮(みずの・れん)。
ちょっぴり天然な彼が早とちりで応募したのは、男3人が暮らす、
何やらアヤしげなお屋敷の住み込みメイド。
持ち前のポジティブな明るさと家事の腕で皆に気に入られるが、
良い子のメイド・蓮には実は秘めたる願望があって…。

*   *   *   *   *   *

「表紙とあらすじの時点で既にちょっとどころじゃなく
色々と恥ずかしい本だ」なんて突っ込みを
みんながしたいのはとてもよくわかるさ、HAHAHA!
だがそこがいいと思ってしまうのがトンデモ好きのSAGA!

というわけで買ってしまった私、あらすじで「ああ4Pか」と
素直に思ってしまったのですが、違いました。
しかし自分を恥じることはありませんでした。
なぜなら、まったく違う方向に凄かったからです。

なんとこの主人公蓮はひどい妄想子だったのです。

非BL作品を見てBL的な妄想を膨らませるときに、
シチュエーションやセリフを曲解して勝手に
関係性を見出す……というのが腐の能力ですが、
自分自身を対象にしてその能力を使い、
妄想するというかなり妄想中毒な子なのです。

実例を挙げてみますと、テキスト P.20。

城戸(註:攻め):「いいな。蓮根は俺も好きだよ」

城戸の声は低音で深みがあり、蓮は鼓膜を痺れさせそうに
なりながら言葉攻めを連想した(註:ここで能力発動)。

『いいな。蓮のいやらしい男根が、俺は好きだよ』

そんなこと耳元で囁かれたら、緊縛でもバイブ責めでも
なんでも来て来てカモーン状態になっちゃうよー。
どうしよう!


どうしようもこうもあるかー!(笑) と、笑いながら
突っ込んでしまったらもう読み手の負けでして、
あとはこのわけのわからないハイテンションに
飲み込まれて、一気読みしてしまうのでした。
このテンション、自分が妄想しているときに似ているせいか
既視感があり、一笑に付せきれないのがなんとも妙です。
水野蓮&佐伯まお、なんて恐ろしい子たち!

攻めも割れ鍋綴じ蓋で、ストイック系かと思いきや
ノリノリでメイドをお仕置きプレイなんてなんのその。

ラストに葛藤シーンがありますが、葛藤と呼べるのかも
分からないほどのあっという間の葛藤でして、終始ラブラブ。
妄想シーンと実際のHシーンが入り混じり、
表紙に相応しいほどのドピンクな作品です。
悩んでるのがバカバカしくなること間違いなしです。

また、4Pだと思っていたほかの2人のなかにチクビフェチが居て、
その男が求愛したりと、アホアホな雰囲気をさらに盛り上げます。
このテンションを維持できる筆力ってある意味凄いのでは……。

一人称とハイテンションが苦手だと厳しいですが、
トンデモスキーなかたや、何も考えずに
笑いたいかたにはぜひオススメします。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:54 | - | - |