-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あと30年 | main | 『会議は踊る!』/徳田央生(ほたか乱) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『鬼流島カノン』/三岐ともき(石原理)
Amazonなどで本を探しているとき、つい寄り道をして、
あらすじを見て惹かれて、ポチッと買ってしまいます。

私の場合、そういう本の当たりの確率は3割程度。
3割当たればイチロークラスじゃん!と喜んだり、
でもイチローはその3割で莫大なお金を得ているのかと呟いたり、
けどやっぱりBLを読むことが幸せだからそれでいいや、と
脈絡なく連想している今日この頃でございます。

で、花丸だから訝しみながらも勇んで買ったこちら、
予想外に面白かったです。夜中の2時まで読んでしまうほどに。
こういう出会いの快感があるからやめられないですね!
以下、感想です。


『鬼流島カノン』/三岐ともき
白泉社 (2003/04)
【Amazon】
JUGEMテーマ:BL小説


★あらすじ
「流刑法」が制定され、殺人を犯した犯罪者は、
孤島での自足生活を強いられることになった。
篠崎は優秀な外科医だったが、医療ミスの罪を着せられ、
流刑地の通称「鬼流島」に左遷される。
待っていたのは、受刑者を管理する刑務所の所長で、
島の「支配者」を自負する城戸川との出会いだった。
露骨に口説いてくる城戸川をつれなくはねつける篠崎だったが、
過酷な自然の中で行動を共にするうち、その優しさと強さに気づきはじめ…。

*   *   *   *   *   *

まず、この奇抜な設定が面白いんです。
近未来の日本、人を殺した者は最低限の生活をすることで
命の尊さを知り、罪を贖うことになるという設定でして、
文章に表すとなんだか優しい響きがありますが、
一思いに死刑にされるよりもよっぽど辛いかも……という
そんな印象など吹き飛ぶほどの重さが描写されています。

その生活できるぎりぎりの状態において、犯罪者たちは
苦しみ疲れ果て、それでも望みをもって生きなければならない、
その「生きること」への心理が荒いながらも描かれています。

また、監視する人間も「鬼」となって職務に当たります。
誰もがすねに傷を持つ職員ばかりで、不安定な彼らの心理も、
うまく事件性を絡めながら描かれています。

人を殺すと言うことはどういうことか、
生きると言うことはどういうことか。
こんなテーマなのに説教臭さがない描写でとても良い。
BLもこういう話も結局は人間同士、そのドラマが面白い。
投稿作→デビュー作(らしい)となったこの作品には、
小説としての文章や技巧には特別なものは感じませんが、
小説としての「テーマ」がしっかりと表に出ています。

産みの苦しみは分からないので好き勝手言いますが、
書きたいことを薄めたBLを垂れ流す作家よりも
断然、決然として、好きです。心に残りますもの。


BLの部分も攻め受けが傲慢攻×クールビューティ受と
わかりやすい関係ですが、性質が単なる記号ではなく、
ひとりの人間として描かれ、各々で思い悩み、
それぞれの立場でぶつかり合い、信頼関係をつくり、
そして対等な関係を結んでゆく過程はとても素敵でした。

エロシーンも長くないし大してエロくもないけれど、
情熱がひしひしと伝わってくる…ような気がします。
石原さんの絵もベストマッチで、花丸、やるう!

このかた、この1冊だけしか出版されてないようなんですけど…、
すごくもったいない。ほかの話も読んでみたいです。
世間的にはマケプレ0円ですが(笑)、私は好きです。

もし古本などでお目にかかることがあれば、
どうぞお手にとってみてくださいませ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:09 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - |