-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『同級生』/中村明日美子 | main | SuperMezurasiku、SMバトン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『エンドレス・ゲーム』/月村奎(金ひかる) 【120万企画・2】
1996年の作品を探し回っていたら、なんということはない、
籠の中に幸せはあったんだよというのは青い鳥ですが、
私の場合は感想の対象が家の中にありました。

文庫化だったから今までまったく知らなかったのですが、
『エンドレス・ゲーム』の旧版つまり新書版の発売は、
なんとドンピシャで1996年だったのでした。
最近知り合った友人を年下だと思っていたら自分より年上で
ビックリ、というBL的展開のような感覚です。

たとえ作品は少なくとも、12年も月村さんが作家生活を
送ってくれていることにたいそう感謝でございます。
それでは【12年前のBL作品感想】企画2冊目の感想です。




『エンドレス・ゲーム』/月村奎
新書館 (2002/12)
【Amazon】
(画像・リンク・感想は文庫版のものです)

☆あらすじ
十四歳のとき母を亡くした誓史は、
弁護士の佐伯に引き取られ、
一緒に暮らしている。優しい佐伯は、誓史の母が亡くなる間隙、
籍を入れるだけの結婚をして、行き場を失った誓史を迎えてくれたのだ。
以来、誓史は佐伯への想いを隠して、偽りに満ちた家族ごっこを
四年間続けてきたが、それはあるきっかけから綻びを見せ…

*   *   *   *   *   *

見方の転換で世界の見え方が変わる【思考の転換】が
月村さんの作品のキモと以前書いていました。
今作では擬似親子関係を築こうとするあまり、
「〜しなくてはならない」「〜でなければならない」と
思考にとらわれてしまう誓史がそうでした。

義理の父子ネタ作品では、悩んでいるわりには、
いまいち説得力が無くて理解できない作品もありますが、
この作品ではとても感情移入しやすかったでし。

14歳にして母を亡くし施設に入ると思われたところを
佐伯が助けてくれたこと、12歳差の微妙な年齢差なのに
義理の息子として引き取ってくれたこと。
それらに感謝しつつも、佐伯が捨てられた生き物に弱く
拾得癖があることで、自分もその対象ではないか、
そして彼に恋人が居ることがそれを強調して、
醜い複雑な気持ちを持ってしまい、それでも
せめて傍に居たいという気持ちから「〜せねば」という
行動・思考に陥ってしまうのはしかたない……ですよね。

本音とズレた行動をしてしまい、さらに本音から
遠くなってゆくことなんてざらにあるので、
誓史には相憐れむ気持ちを勝手に抱いてしまいます。


それがついに瓦解→思考の転換、ラブラブとなるのですが、
その過程においても、この擬似親子ゲームをしていた4年間は、
どちらにとっても大切な期間だったと思うのです。

家族にしろ恋人にしろ、努力をせねば続かないものです。
そこを、たとえ不純な動機があったにせよ、
誓史は佐伯と「家族」になる努力をしていました。
家族は途中でゲームオーバーとなり、恋人へとステージが
変更になったものの、「継続しようと努力すること」を
してきた経験は、彼らがこの先幸せになるうえで
とてもためになる経験、継続は力なりだったのでは…と。

佐伯にとっても、未成年の道を塞ぎすぎない距離の経験と、
なにより自分にとっても犯罪者にならないため(笑)、
必要な期間だったのではないかと思います。

彼らの関係も12年後もきっと続いているでしょう、
素敵な42歳×30歳として……あっ、個人的に凄く萌える年齢だ。


メインカップルの2人はまあ順調に行きそうですが、
サブカップルというには存在感の大きすぎる、
佐伯の恋人役だった櫻井と紺野はまだ少し波乱がありそう。

櫻井は悲劇によって自己嫌悪ばかりしていましたからね……。
なかなか恋愛に立ち向かうのは難しそうですが、
紺野の若さで、遠距離でも距離を縮めてやってほしいものです。
彼らの書き下ろしSS『きみが思うよりずっと』は
月村さんのSSの中でも絶品の出来だと確信しています。


何年経とうが良い作品は良い!ぜひ書き下ろしのある、
ディアプラス版をオススメいたします。
| [BL・小説]月村奎 | 21:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |