-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SuperMezurasiku、SMバトン | main | とめられそうにない、とめたいと思わない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『この恋はめっちゃ本気』/長江堤(しおせ順。)
12年前作品の感想企画のため、古い本をあさっていると
出るわ出るわ、アホアホに近い珍書が大盤振る舞いです。

どうでもいいのですが、珍書は珍本(ちんぽん)とも言うそうです。
響きと字面がとてもBLのアホアホ本らしくて珍妙なり。

そしてまた、アホアホなトンデモに近い本の多くが、
花丸文庫の確率が高いっていうのはどういうことでしょう。
花丸……、いろんな意味で侮れない子。

さて、今日の感想はもちろんその珍本系でして、
「関西が独立する!?んなアホな!」という内容の
アホアホ本です。



『この恋はめっちゃ本気』/長江堤
白泉社 (2000/05)
【Amazon】(画像なし)

☆あらすじ
M商事東京支社管理2課の佐藤篤樹と田村敬一郎は、
1年前から付き合い始め、同棲もしている恋人同士。
そして事件は、篤樹より一足早く夏期休暇を取った敬一郎が、
実家の大阪に戻ったときに起きた。東京の人間に対して
秘密にされ、噂を聞いた者も本気で受け止めなかった、
「大阪独立」が実現してしまったのである!離れ離れになった
生っ粋の東京人と生っ粋の大阪人のロマンスの行方は……

*   *   *   *   *   *

ロマンスがこれほど似合わない地域って無いと思います。
モンタギューとキャピレットならロマンスでしょうが、
大阪と東京というとお笑いとしか思えない……。

大阪地域のかたがたに大変失礼な物言いだとは思いますが、
作品内に出てきた東京の人たちが思うのと同様に、
ヨシ○トのひとが東京独立や!とか言ってたらギャグとしか思えません。

しかし大阪陣は本気で独立準備をしており、
ノリのよさで本当に独立宣言してしまうのですが、
「ギャグじゃないの?あーでも大阪ならやりそー」などと
思ってしまうあたり、「東京から見た大阪」と
「大阪から見た東京」を上手く描いていると思います。
(後者の立場に立ったことはないので推測のレベルで、ですが…)

そして大阪のプライドの高さとノリのよさがふたりを
隔てる障壁となるのですが…、以下のやり取りでふきだしました。

「僕と大阪とどっちが大事なんだよー!!」
「そんなん大阪にきまっとるわボケー!」


やっぱりギャグだ(笑)
しかもそんなことを即答した攻めのセリフは、
即答ゆえに「ツッコミだった」というのだから、
そんな理由有りですか……関西ってそうなんですか?

しかし、関西の方にとっては「バカ」ってのは
凄くきつい言葉ときいたことがあるのですが、
東京もんからみると大阪弁の「アホ!」も
十分きつい言葉に聞こえますし(少なくとも私には)、
うーん、文化や常識のずれというのは難しいですよね。

文化の(誇張有りの?)違いに沢山笑わせてもらいましたし、
そして何事も無かったようにハッピーエンドに向かう
BL的展開の強引さ、嫌いじゃありません。


笑える本でしたが、面白いのはそれだけではありません。
1話目にちょいと出てきたにしては印象に残った
大阪陣営のM商事社長・俊光と、東京側のお役人・本郷が、
2話目ではオヤジカップルとして、メインと並行します。

1話目の大阪独立に協力したのも、本郷と困らせて、
接点を持ちたい意図もあったという、なんともはた迷惑な
社長ですが、オヤジがやるとなるとなぜか大抵許せるので
可愛いなんて思ってしまったり。オヤジの心根が
子供のまんまなのが嬉しいから許せてしまうのかな…。

ちなみにこのオヤジ2人、年齢設定は明記しておりません。
そのわけは、著者が「このふたりは何歳だと思うか」という、
読者の反応を参考にしたいとのことです。お主も好きよのう(笑)
私は大体50半ばを想定したんですけれど…どうなんでしょうね。


挿絵がちょっと古くさいのが難ですが、東西ギャグとオヤジ、
ぜひ関西地区の方にこの作品の関西人が妥当かどうか、
また、オヤジ2人を何歳だと思うか…ご意見を伺いたいところです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:55 | - | - |