-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こんな厚いの初めて | main | ハルナサンダーはナイスバディ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『あいつ』/須和雪里(ハルノ宵子)
こんばんは、珍本BL愛好家のaya-meです。

最近珍本感想の比率が高くなっていますが、
珍本ばっかり読んでいるわけではなくて、
なぜかアホアホな感想を書きたくて仕方ないのです。
今ならナンバランがいっぱい読めそうな気力です。
このエネルギー、他の何かに費やせないものでしょうか。
(費やせないからこうやって書いているわけですが…)

さて今日は、アホアホで、けれど、少ししんみりする、
ち○ぽが喋りだす珍本です。←これが言いたかった!
以下ちとお下品な感想です。



『あいつ』/須和雪里
角川書店 (1994/05)
【Amazon】
JUGEMテーマ:BL小説


☆あらすじ
ハンサムでお調子者の芳明は、強い性的コンプレックスの持ち主。
そんなある日、芳明のアソコが突然しゃべり始めた!
しかも「ゲヘゲヘゲヘ~」下品きわまりない。
芳明の人生は一体どうなっちゃうの!?

*   *   *   *   *   *

以前左のミニ掲示板で触れておりました
忘れられないボーイズラブ投票で見て気になって、
読んでみたら本当に忘れられない一冊になりました。

だってち○こがしゃべってとれて動くんです。
何を言っているか良く分からないでしょうけれど、
ち○こがしゃべってとれて動くんです。

BLでち○こと言えば怒張とか中心とか雄芯とかなのに、
この作品ではち○こを通り越して「サチ」と
名づけられる手のかかるペットのような、
今で言う「キモかわ」なものとして存在するのです。
そしてその存在を受け入れる主人公と家族……、
こっ、これが商業誌として許されたってのは凄い!

しかもBLではなく、少年とち○この物語がメインだから凄い。
いちおう幼なじみのような存在は居るものの、
キスすらもなく、ひたすらち○このことばかり。
表紙が彼ひとりなのも頷ける話でした。
(表紙がダブルの目玉焼きとウィンナーってのも秀逸。
目玉→タマ、ウィンナー→棒の意匠だろう、きっと。)


しかし、ものめずらしさの裏には、きっと誰しも
感じたことがあることがテーマとなっておりました。
それは、性的行為に対する嫌悪感を受け入れること。

私も思い返せば、エロに興味を持ち始める前の頃……、
エロいものに対して非常に嫌悪感を覚えていました。
自分の中の潜在的なエロさや男性を好きなことによる
罪悪感の裏返しだったのかは不明ですが、
性的なものに対する潔癖さは凄かったと思います。
(親もあまりそういう話はしませんでしたし)

それがいつしかエロさも性癖もしかたないと開き直り、
汚いと思っていたセックスもある程度受け入れられるようになり、
果てはBLまみれになっちゃってるわけですが、あの頃は、
とにかく自分が嫌いで仕方なかったような気がします。

なので芳明の「スケベで下品な下半身」を受け入れられない潔癖さ、
「それも自分の一部」と受け止めるまでの葛藤が
あのころの気持ちを多少なりとも追体験させてくれました。
この作品の本当の凄さはここにあるのだと思います。

大人になるというのは、性的な意味でもそうでなくても、
許容する事なのかもしれない、なんてことを
最後の芳明とサチの関係に思ったり。


たしかに、忘れられない1冊でした。
BL未満ではありますが、印象に残る1冊を
お探しであればぜひオススメいたします。

P.S.
邪道?から入ってしまいましたが、次は名作らしい
『タブー』『サミア』のどちらかに手をつける予定です。
| [BL・小説]須和雪里 | 21:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:03 | - | - |