-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハルナサンダーはナイスバディ | main | ゲームあれこれ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『セカンド・セレナーデ』/木原音瀬(北畠あけ乃)【120万企画・4】
【120万企画】はもしかしたらあと1冊ぐらいは
追加するかもですが、とりあえず、これで終了です。

発掘というより、感想を書きあぐねていた作品を
書くための発破になってしまいました。
初挑戦の作家なども読んだのですけれど、
書くほどでもなかった、と言うのが多く、
やっぱり好きな作家に偏りました。

また、やってみて再認識したのは挿絵が古い!
BLのイラストレータって進化してますねえ。
10年また経てば今のイラストも古く感じるのでしょうか。

しかし、この作品と、この装丁は色褪せないと確信します。
【12年前のBL作品感想】最後の感想は以下です。





『セカンド・セレナーデ』(Full complete version)/木原音瀬
ビブロス:(2005/8) (旧版は1996/7)
【Amazon】

☆あらすじ(表題作)
一途に好きだった高校時代の先生に大失恋してしまった大学生の掛川。
しかも先生の秘密の恋人は、自分の友人だった。
なかばやけっぱちに誘った年上の男・橋本は、顔は極上だが性格は最悪。
カラダで失恋の痛みを慰めてもらうには、うってつけの相手だったが…。

*   *   *   *   *   *

本を開いてみれば1話目は『水のナイフ』なのに、
なぜかタイトルは2話目の『セカンド・セレナーデ』。
変だなと頭の片隅で考えながら読み進めてみれば、
なるほど、納得、2話目のほうが可愛げがある。
でも『水のナイフ』のほうが私には鮮烈でした。


1話目はあらすじにある掛川が恋していた高校の先生と
友人の話でして、素晴らしくコノハラ・ザ・ワールドです。

めちゃくちゃ嫌な性格の高校生と振り回されまくる先生の話で、
「いや止めようよ先生」と心配しようが攻めの自分勝手さに
腹が煮えくり返っても、無駄無駄無駄ァ!(byDIO) で、
「恋に落ちたどうしようもなさ」が綿々と綴られるのみです。

はっきり言って彼らの心情は詠みづらい。しかし、
攻めの行動を「最低」と思いながらも、BLらしからぬ展開、
揺れ動く彼らの心情が気になってしまうのだから、
コノハラ読者はどうしようもないですよね……。
最新作の『美しいこと』まで貫かれているそれこそが、
どうしようもなく木原作品の好きなところなんだもの。

この作品のキャラ・先生の言葉を借りれば、
「百のうち九十九が気に入らなくても、そのうちの一でも
気に入ったんだったら仕方がないよな」
ということなのでしょう。
嫌な奴とわかりつつも好きになってしまう、
矛盾していて外からでは見え辛い彼らの心理は、
私が木原作品を好きなのと同じなのかもしれません。

BLの大多数が安定した展開とハッピーエンドな中で、
BL的に言えば九十九がマイナスで一プラス、それでいて
なぜか成り立っている不安定さがコノハラ作品の魅力。
そんなことをを再認識いたしました。


2話目は可愛げがあるといってもやっぱりコノハラ作品です。
辛辣なことばで自分も相手も傷つけまくる受けと、
そんな彼を愛してしまった掛川のお話。

もー途中まで「毒舌」「結婚」「裏切り」などで
棄権しても良いでしょうか、な痛さでしたが、
パワーバランスが逆転する後半がぞくっときました。

虚勢を張っている受けを手のひらで転がすように
愛する掛川は、1話目より断然ラブラブに見えます。
同人誌収録分が丸くなったせいかもですけれど。


マケプレでバカ高い金額が付いてしまっていますが、
ぜひ手にして頂きたい作品です。リブレさん再販プリーズ!

P.S.
【120万企画】にお付き合い頂きありがとうございました!
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |