-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Six Degrees of Separations on J-garden | main | 調子に乗ってクイズSS2:「部屋の中の窓」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛と混乱のレストラン』/高遠琉加(麻生海)
楽園建造計画を差し置いて、こちらを先に読了です。
新刊はいったん機を逃すと読む気がなくなってくるので、
早く読まなければいけないと悟りましたゆえです。

いや、新刊に限らず、手にとって「読みたい!」と
感じた直後がいちばんの読み時であって、
その後は死後の体温の変化の如く緩やかに降りていって、
ズドーンと外気に合わせて冷めてしまいます。
(この知識は柏枝真郷さんの小説で知った)
ただ死体と違って気持ちは復活するからいいんですけれども…、
いつ復活するのか自分でも分からないのが問題です。

まあ、それは置いておいて、感想です。
今年の新刊の中では上位に入る面白さでした。




『愛と混乱のレストラン』/高遠琉加(麻生海)
二見書房 (2008/2/28)
【Amazon】


☆あらすじ
赤字続きで休業に追い込まれたフレンチレストランの
「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」復活のため、
本社外食事業本部から出向してきた鷺沼理人は、
若手シェフ・久我修司の引き抜きを試みる。
しかし久我は、理人の依頼を「あんたが気に入らない」と
言下に拒否するが、それでも通い続けてくる理人に
久我が提示した交換条件は「言うことをなんでも聞く」という
とんでもないものだった……

*   *   *   *   *   *

BL作家の中で文章が独特だと思う作家を2人上げるとすれば
鷺沼やすなさんと高遠琉加さんだと私は思っています。
(鷺沼さんのことについては今回は割愛で)

高遠さんは文体や、言葉の選び方、台詞回しが独特で、
上手く言えませんが、色素の薄い受けの瞳の色を
「茶色」ではなくて、わざわざ「はしばみ色」だなんて
表現するあたりが高遠さんらしいなあと思わせます。

ひとによっては鼻に付いたり、台詞が誰から誰へなのか、
不鮮明にうつるかもしれませんが、こればっかりは
ほんとうに好きずきですよね。私は嫌いじゃありません。

読みながら「あ、高遠さんの文に触れている」と
感じることが1冊のうちに何度か感じます。
その瞬間が好きなんだからしょうがないですね。
(嫌いな人にとってはそこがいやなんでしょう)

別の意味でナンバランとかも味わえますけれど、
それはまた違った感覚なので置いておいて、
文学臭いのも好きなのでこの感覚を味わえるのが
高遠さんを好きな要因のひとつ、です。


2つめがこれまた説明しにくいのですが、高遠作品は
自分の思っていた地点と半歩ずれた地点に着地されて、
予想外に感情を揺さぶられてしまう点です。

今回はかたくな過ぎる受け・がいます。とくれば、
「トラウマ→愛で完治→ラブラブ」なんて展開が
BL的王道展開なのですが、さすが高遠さん、
愛で治るうんたらな要素も勿論ありますが、
まだそれは兆しといった程度なのです。

それよりも驚いたのが、トラウマなんて括って言えない、
味も素っ気も無い冷たい性格をしている割に脆いこと、
味を感じることを否定しているそぶりをしていること、
受けが幼い頃レストランの前にたたずんでいたこと。
ありがちな展開から半歩引いているような、それでいて
巧妙な伏線とふたりの熱い展開から目が離せないのです。

あらすじだけみると傲慢攻め×クール受けなんですが、
その記号だけに終わらない個性を感じられます。

ごっちゃごっちゃと書きましたが、まあ要するに、
続刊欠乏症に陥らせてしまう恐ろしい子!なんです。
『世界の果てで待っていて』も進行形でそうですし、
そしてこの作品でも続きがあるだなんて!


まだまだ食えない上司のオヤジ、ようやく半歩ずつ、
歩み寄ったところで終わった久我と理人、
そして外伝的短編の一(はじめ)の物語…。
全部続きが気になって仕方ないです。

あらすじの要素だけにとどまらない、高遠ワールドを
(フランス料理だけに)味わってみては如何でしょうか。
| [BL・小説]高遠琉加 | 20:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:50 | - | - |