-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゲームあれこれ | main | J庭初体験レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『畑に種をまきましょう』『畑で愛をささやいて』/徳田央生(穂波ゆきね)
今週は日曜から毎日更新を目標にしてみました。
雑記を適当につらつらと書けばできるものですね。
どれだけヒマだったのか知れると言うものです。

しかし、ほんとJガーデンが暇な時期でよかった。
精神的余裕がまったく違います。
懐的余裕は残業代がないだけにつらいですが……、
カタログもチェックできない日々よりはマシです。

さて、かなりこじつけですが、今日の作品は
精神的余裕の無い、ちょっと辛い作品でした。
以下、感想です。




『畑に種をまきましょう』『畑で愛をささやいて』/徳田央生
小学館 (1999/03, 10)
【Amazon】畑に種〜【Amazon】畑で愛〜

☆あらすじ
おれ、花咲真実と古賀先輩は会社では秘密の恋人同士。
そんなおれたちに突然の転機が訪れた。
なんと古賀先輩が会社を辞めて、実家の農業を継ぐという。
先輩は「おまえも一緒に農業をやらないか?」と、
おれに誘いをかける。一大決心して先輩の生まれた村に
行くことにしたが、でも家には先輩の家族が住んでいて…

*   *   *   *   *   *

完全に農家に嫁いだ嫁と姑の戦ですね。
しかも姑・小姑の協力タッグ。
『あらー、田舎の農家の嫁さんって大変ねー』と
昼ドラをお茶とせんべいなんかをおやつに
眺めるように楽しむ方法もあります。

けれど嫁姑の戦いだけでなく、ゲイ(だけではない)なら
誰しも一度は経験する価値観の戦いでもありました。
子供はつくるorつくらない(orつくれない)、
跡を継ぐor継がない、これらが入り混じっています。

伝統を守りたい親世代の気持ちもわかるし、
自分個人を尊重したい子世代の気持ちもわかる。
どっちが絶対的に正しいとは言えないと思います。

ただ私だったら、後悔だけはしたくないんです。
女はダメなのか、女性とつきあってみたらどうだ、と
親にゲイであることを知られていても聞かれたことがあります。
そう聞いてくる親の気持ちも痛いほどわかりますが、
それで女性とつきあって結婚して子供を作ったとしても、
幸せだとは限らないし、むしろ後悔のほうが大きそう。
世間一般の幸せよりも個人の幸せを追求したいのです。


そう考える身からすると…、創作物、女性視点のBLとはいえ、
この話で価値観の戦いを繰り返しながらも、妥協しあい、
大切なものを守った2人をみるのは嬉しいものです。

これから先にどんな困難があるかもしれません、
しかし、それは男女関係だって同じことです。
男女で子供も居て世間的な人並みの幸せがあっても、
浮気したり離婚したり、ひとそれぞれです。
(それを象徴するかのように離婚した女性も2巻には出てきます。)
だったら、今の本当の気持ちを大切にしたい。
そんな意見も1つの結論だと思うのです。
まあ、理想論だとは思いますけれど…
創作物で理想を見たって罰はあたらないよね。


表面だけを見れば「嫁姑」の争いを取り扱っている、
イコール、BLが「男性同士の関係を使って自分を投影している」、
なんて思われやすいネタですが、その虚構部分だけにとらわれて、
誰だって起こりうる価値観の戦いの部分を見ないのは
たいへんもったいない作品だと思います。

なんだか暗めな話になってしまいましたが……、
エロが薄め、という点も含めて、
今はなきパレット文庫らしい作品でした。

P.S.
しかし小姑の菜々子の自分勝手さはどうにかならんものか。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 19:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:58 | - | - |