-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『畑に種をまきましょう』『畑で愛をささやいて』/徳田央生(穂波ゆきね) | main | 『この愛、淡麗辛口』/長江堤(杜山まこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
J庭初体験レポート
J庭24から帰ってきてさあ、ご飯と思ったらママン、
外食ですか…、もう歩けないよ……!
刺身と日本酒に釣られてちゃんとついてっちゃいましたが
それぐらい疲れました。乙部のりえさん風に言うと

完全なる疲労……!

って感じでしょうか。
まあもちろん疲れただけではなく、初J庭楽しく参加できました。
ナビゲートして頂いた皆様、大変ありがとうございました。

以下、今日一日分にしては濃い目な活動報告です。



□ 8時

朝5時半起床、がらがらの電車に乗り、池袋の
いけぶくろうにてナビゲートしてくださった
K埜さん、H子さん、私同様初J庭のK美さんと顔を合わせました。
初顔合わせなのでたいそう緊張しましたが、
皆さんよさそうな人でよかった(?)です。
不思議な4人組ですがそれもまた楽し。


□ 8時〜11時

そこからサンシャインへ移動、かなり早い時間の
到着だと思ったのですが、きんかんの間の列に
並んだときは既に30人ほど先客がおりました。

この寒い中いったいぜんたい何時から居るんだろう、
変態じゃなかろうかと感心しつつ、自分たちも
変態の森の仲間に入り、スペースを回る算段をしました。

途中でみかんの間に並んでいるOさん(もちろん初対面)などが
次々といらして、なるほど、こうやってもちつもたれつで
分担するのだな、と気合の入れ方に敬服しました。
それにしてもやっぱり3時間立ちっぱなしはきつい。(苦笑)


□ 11時〜12時半

いざ分かれてお買い物。
私たちが入ったきんかんの間は、スペースも少ないですが
ごったがえす人でさらにスペースが狭くなり、
押しつ押されつ、並びつ並ばれつで目的のものを
買いあさる人々の熱意に押されまくりでした。
(会場の写真を撮りたかったのですが撮れませんでした…)

しかしこれだけ並んでも手に入れる価値があると思うのだから
そう思わせるものって言うのはなんであれ凄いな、と。

しかし今回は英田サキさんや稲荷屋さんなどの超大手が
いないせいか、空き気味だったかも、とのことで、
参加したのが今回でよかったなと思いました。

みかんの間に移動してからはもうだいぶ人の流れも
余裕ができていて、自分が寄りたかったところに
ちょこちょこと立ち寄れて満足でした。
人数は多いけれど穏やかな所は穏やかかもしれないですね。
他のイベントだってそうだろうけれど……。


□ 1時〜2時半

J庭のせいか混み混みのジョナサンで昼食。
いつの間にか10人(11人いる!になったりしましたが)に
なっていたので2つのテーブルに分かれて食事、ですが……、
そこでの食事は栄養補給という位置づけであって、
内容は同人誌整理会+情報交換会+物々交換会でした。

まあ皆様よく喋られることで……!
普段そういう話題を口に出さないのでぽんぽんと
飛び交っていると凄く不思議な気持ち(カマトト)。
でもみんな語れるものがあって凄いなあ、私なんて
ヴォイスの領域はまだまだだ…と思い入るのでした。


□ 2時半〜4時半

そこからはいったん解散し、買い物に行く人は買い物へ、
帰る人は帰られました。……というのは建前で、
90%の確率でお買い物へと繰り出しました。

私が行ったのは2店だけで、K-BOOKSと、まんだらけ。
左手がもう既に痺れるほど重いし、自重したのですが、
右手は自重せずかごにほいほいと突っ込んでいきました。
結局、16点お買い上げ。……右手は神の手だから
逆らわないのが吉ですわね。私のせいじゃないの。

ちなみにまんだらけでは自重を決め込みました。
おかげで、7冊しか買っていません。……やっぱり
商業誌っていうのは同人誌に比べて、かなり
コストパフォーマンスが良い訳で、
つまり沢山買えばお得だと思うんですよ!

鈴子はうそつけない

……すみません、自分ですら1秒もごまかせなかったです。
買いすぎですね、はい。


□ 5時

まだ買い物を続ける派と、まだ続ける派に分かれたので
まんだらけ前にて今度こそ帰宅へとつながる解散です。
何人ともアドレスを交換させていただきました。
おかげで赤外線通信も覚えて携帯への乏しい知識が
3歳児ぐらいまでアップしました。

その後池袋で四散したのですが、疲れたせいか、
一人になってからは爆睡でした。
まあ、朝家を出てから12時間だもんなあ…。
ひさしぶりにこんなに歩きました。

そして、冒頭に戻って夕食をとり、酔っ払って今に至ります。
非常に濃く、充実した一日でした。


□ 戦利品

同人誌


商業のひと中心で、神崎竜乙さん、秀香穂里さん、
杉原理生さん、うえだ真由さん、直野儚羅さん、天野瑰さん、
中原一也さん、トジツキハジメさん、えすとえむさん、
舞妓マリーさん、天禅桃子さん、稲荷屋さん(委託) かな。
ほかはカットなどで気になっていた同人作家さんを漁りました。
あれ…意外と買いすぎてない?予定の2倍近くない?


商業誌


・『ヴァムピール・アリトス』シリーズ3冊/榎田尤利
・『水に眠る恋』/可南さらさ
・『EGOISTE』2/かわい有美子
・『東方美人』/かわい有美子
・『決戦はバレンタイン!』/剛しいら
・『篝火の塔、沈黙の唇』/玄上八絹
・『So Sweet!』/佐伯まお
・『船宿菊遊戯』/佐伯まお
・『しなやかな熱情』/崎谷はるひ
・『あざやかな恋情』/崎谷はるひ
・『龍と仔猫』/高尾理一
・『しあわせにできる』8/谷崎泉
・『艦方氏の苦悩』/長江堤
・『艦方氏のさらなる苦悩』/長江堤
・『四月になれば僕らは』/鳩村衣杏
・『堕天使の背骨』/鳩村衣杏
・『オフィスで君は甘く蕩ける』/鳩村衣杏
・『愛と仁義に生きるのさ』/鳩村衣杏
・『恋に命を賭けるのさ』/鳩村衣杏
・『セックスフレンド』/菱沢九月
・『執事に恋してはならない』/御木宏美

□ さいごに

結論、はっきり言って買いすぎた一日でした。
しかしあの状態では仕方ないほどの熱狂ぶりでした。
BLの中で何にはまるにしても、年代もファッションも
性別(会場にちらほら男性もいらっしゃいました)も
超えて同一にBLが好きなんだということを
目の当たりにして、大変感慨深かったです。


未体験のかたは、ナビゲータに誘導してもらいながら
生の魅力への挑戦を、ぜひおすすめします。

P.S.
ナビゲートしてくださった皆様、また、
私を引き連れてくださった皆様、
おかげで楽しい時間をすごせました。
またどこかの会場ででもお会いできればと思います。
深謝にて失礼します。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:19 | - | - |