-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『この愛、淡麗辛口』/長江堤(杜山まこ) | main | 『愛と混乱のレストラン』/高遠琉加(麻生海) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Six Degrees of Separations on J-garden
J庭参加後の感想や思ったことなどをつらつらと。

□ 面白かった本 □

同人誌を紹介するのはどうかとも考えたのですが、
まあ、たかがブログ、自由にすれば良いとも
思ったのでご紹介。フリーダム!

・『ロマンスの黙秘権 〜a miracle for you〜』
サークル:peridot(うえだ真由さん)

これ、今回の戦利品で一番面白かった!
1400円(だったと思う)は高いですけれども、
商業誌に勝るとも劣らぬできばえでした。
分量も約140ページの二段組で申し分なしでした。
ロマンスシリーズはヘタレと天然があざとくなく、
かつ、暖かく描かれているためとても好きな作品ですが、
この同人誌もそれに相応しく、満足の1冊でした。

・『夜と朝 -総集編-』
サークル:NAIFU(直野儚羅さん)

時代物&美形昼行灯侍&元盗賊オヤジ、萌え!!
頼まれついでに自分も買っちゃった一冊ですが、
高かったけれどその分に見合う面白さでした。
なんでこれ商業じゃだめなんだろう。
正直この前の新刊より(略)…きっと大人には
いろんな事情があるのだよ、はは。

・『軍人手帖 再録集』
サークル:SENTARO(大竹直子さん)

昭和時代の陸軍幼年学校を舞台にしたお話。
『白の無言』というコミックスの番外です。
軍隊というと抑圧的ですが非常にほのぼの。
大竹さんの絵は、皇なつきさん同様、緻密で優美、
そして時代考証ばっちりで絵だけでめろめろです。

・『Chika☆Chika☆Excellent!!』
サークル:Cult7(秀香穂里)

『誓約のうつり香』の続編。ずーっと続いてますが、
ついにここまで来たか…!という感じのチカの
壊れっぷりに感心しながらも慄きました。
センちゃんの自我が崩壊しないか心配です。
秀さんに一生付いてゆきます。

・『Vamos!』
サークル:えすとえむと岡田屋鉄蔵

えすとえむさん目的に買ったのですけれど、
岡田屋さんのも面白かったです〜。
筋肉・体毛・汗の匂い…なんて素敵な特徴。特長ですよ。
CPじゃないけれどオネエ全開のスキンヘッド弁護士が可愛い。
えすとえむさんは『愚か者は赤を嫌う』の収録作品・
「Tiempops extra」の続編。商業誌ではキスどまりの2人が
けっこうエロイことになっていて、嬉しかった。
やっぱり見たいですもん、仲良くなったその後が。

他にもありましたけれど、とりあえずこんなところで。


□ Six Degrees of Separations on J-garden □

先日行ったJ庭で、予期せずに初めてお会いした方が
何人も居たのですが、HNで呼び合っているのを覚えて、
帰ってからいわゆる腐女子ブログを漁ってみたら、
以前から相互でリンクしているブログの方だったり、
「あ、このブログの…」と少なくとも一回以上は記事を
読んだことのあるブログの方だったりしました。

ネットでは知っていても、本人が分からないって
面白いなーと思いながらふとこの理論を思い出しました。

「六次の隔たり」→wiki

平均六人の知り合いを介せば、世界中の人と
間接的に知り合いである、という理論です。

この理論同様に、あの会場に居た全ての知り合い関係を
線で結んでいったら、繋がらない人はほっとんど
いないのではないか、と思うようになりました。

その証拠…というか参考として(ストーカーみたいで恐縮ですが)、
あるブログのJ庭のレポートを読んでみると、
「○○の××さんとお会いした」という記述があり、
その○○さんのブログに飛んでレポートを読むと、
また次の人に繋がって、で、また飛んでみたら、
結局自分がお会いした人に繋がっていました。

……人間(のつながり)って面白!

ブロガー(ってなんか恥ずかしい言い方……)なんて
イベントものには弱いタイプが多いと思うので、
かなりの確率で出没してそうですよね。
もし名札をつけて会場を歩いていたら、図らずとも
会ってみたかったブロガーに出会えるかもです。


□ いろんな楽しみ □

初めて大きめのイベントに参加して、周りの様子を
観察した上で楽しみ方をまとめてみました。

人と会う楽しみ
・情報を交換、共有
・品物を交換する
・作家さんに会う

買う楽しみ
・発掘する(福袋的要素
・収集する
・そこでしか買えない物を買う

読む楽しみ
・商業では見られないようなチャレンジャー作品
・商業ではおそらくもう出ない続編SS

来る場所は一緒でも、求めるものは違うのかもしれませんが
その差異を許容できるのがイベントの良い点なのでしょう。まる。


ちょっと今回は内輪話的だったかもしれません。
まあ、たかがブログ、自由ってことでご容赦を。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |