-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 調子に乗ってクイズSS2:「部屋の中の窓」 | main | 『ヴァムピール・アリトス』シリーズ/榎田尤利 他 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『愛と仁義に生きるのさ』/鳩村衣杏(実相寺紫子)
先日のJ庭の帰りに鳩村本を5冊も仕入れちゃって、
しかもまたブクオフで2冊も仕入れてしまいました。
もう購入したというより仕入れた、といったほうが
正しいと客観的に思う今日この頃の買い物です。

しかし積読本の構成もちょっとずつですが読んではいるので
すこーしずつ変わっていて、以前は積読本2桁の作家が、
木原音瀬さん・ひちわゆかさん・五百香ノエルさんでしたが、
今は木原音瀬さん・剛しいらさん・久能千明さんになりました。
一人だけ変わってないとかそういうツッコミはなしで。

それでは以下感想です。





『愛と仁義に生きるのさ』/鳩村衣杏
白泉社 (2006/09)
【Amazon】


☆あらすじ
大のヤクザ映画ファンの三佐和悠は、弟の透と二人で
両親が残したクリーニング屋を営んでいる。
仕事の腕は確かな熱血漢だが、恋愛にはウブなのが玉にキズ。
近所の高級マンションに越してきた長嶺治彦は目元に傷痕があり、
高級スーツをまとう姿はどう見てもアッチ筋の人。
映画のように侠気あふれる長嶺の言動に、悠はひかれていくが……

*   *   *   *   *   *

鳩村さんの作品は人物の性格がきっちりしてる気がします。
彼らは迷いも苦しみももちろんいたしますが、
あまりブレがないというか情動的に安定していて、
その安定した世界にホッとしてしまいます。
実際の人間はもっとあやふやなところがあるから
面白くもあるけれど、そういう関係にちょっぴり
疲れたときは、鳩村さんのきっぱりさが嬉しいです。


で、きっちりしているのはワーキングもでした。
街のクリーニング屋、なめちゃいけませんでした。
彼らの仕事同様に丁寧な仕事描写が楽しめました。
そういえばうちも最近クリーニング屋を変えたけれど、
プロの対応をしてくれる所はありがたいですよね。
(以前は知り合いの店だったんだけれど…酷かった)

坂木司さん(非BL)のクリーニング屋が主人公の話も、
日常系ミステリとして面白かったけど、
BLの舞台としても地味ながら楽しめました。
仕事→恋愛への経緯も見事な流れでしたしね。
鳩村さんは地味と思われがちな仕事をうまく生かすなあ…。


また、客商売のポリシーがBLでも言えることでした。
「売るものはサービス」という言葉なんです。
満足させてくれるサービスに人はお金を出すものです。
BLだって基本はボーイズのラブで固定されていて、
それをどうやって演出して良い物語(サービス)に
してくれるのかが、商業作家のプロの仕事だと…思います。

もちろんクリーニングじゃなくて小説だから
求めるものも多様だったりしますけれど…、
この作品に関して言えば、「ラブコメ」と裏表紙に
書かれているとおり、コメディも面白く、かつ、
上述の通りワーキングもしっかりで言うことありませんでした。


ちなみに。私はのこの作品のほうが好きでしたけれど
弟の透が攻めになり、長嶺の秘書が受けになる続編も、
ワーキング・ヤクザ・年下攻めを上手く絡めてあって、
読みやすく楽しめました。

楽しく演出されたバランスのよい1冊でした。
ライトに楽しみたいときにオススメです!

P.S.
いよいよもって花丸の方向性が理解できなくなってきた…。
| [BL・小説]鳩村衣杏 | 21:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |