-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ヴァムピール・アリトス』シリーズ/榎田尤利 他 | main | リンク整理のお知らせと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ウミノツキ』/いつき朔夜(佐々木久美子)
この作品を読み終わってすぐに思い出したのが
「アジアの純真」という曲のタイトルでした。
何度今までピュ〜ア〜なハートがっ、と
口ずさんでしまったことか。ブームとは恐ろしい。

ブームといえばBLの流行は去年〜おととしでは
遊郭、アラブ、ヤクザというイメージがあります。
今年はなんでしょうね?いまんとこヘタレが多いと思いますが、
ヘタレは性質であって、シチュエーションではないか。
意外な所から怒涛の勢いで何かが来るかもしれませんね。
(凡人の私にはわからないってことなんですけれど。)

さて、今日の感想は、ブームとは関係なく、いつでも
面白いと太鼓判を押したい、いつき朔夜さんの新刊です。
以下、感想です。




『ウミノツキ』/いつき朔夜
新書館 (2008/3/10)
【Amazon】


☆あらすじ
玄界灘で行われることになった復元船による航海実験。
水軍の末裔として、プロジェクトに加わった大学生の海士(かいじ)は、
そこで出会ったタイからの留学生アレンに惹かれる。
カラダから始まった二人の関係に、海士は夢中になっていったが、
改めて好きだと伝えた時、アレンに拒絶されてしまい…?

*   *   *   *   *   *

BLで外国人といえば、ヨーロッパ貴族やアメリカ富豪に
ワイルドなカウボーイ…と白人率95%の元本保証ですが、
このお話はアジア(タイ)の留学生で、しかも受けです。

ただ、それが奇を衒ったっているわけではなく、
そのキャラクタがとてもキレイに生かされてます。
勿論、攻めの海士もです。

海士のキャラから行くと、商船大学(リンクはWiki)に通いつつ、
幼い頃から船に乗りなれているという経験から来る
男らしさと、海の男の信仰があります。

海の男って荒々しいイメージですけど験かつぎが多くて、
信心深いんですよね。自然と触れ合っているとそうなるようです。
キリスト教の国の漁師だって海賊だって、優先するのは
船乗りのジンクス!というのはF&Bで学んだことですが(笑)

そして、受けのアレンがタイからの留学生である、
という特性から来るピー信仰(リンクはWiki)が挙げられます。
べっ、別に放送禁止用語のピーじゃないんだからっ!

このピーがね…ふふ、このピーがね…(繰り返すな)、
アレンの思考回路を理解するのに私には必要でした。
あんまり信心深くない国で無宗教で育ったものですから、
アレンの行動に「そこまでせんでも…」と思ったのですが、
このような信仰があって、かつ強い罪悪感にとらわれたら
とある強迫観念的な行動とをとってしまうかもな、と
理解できました。信仰は死別の痛みを軽くするための
機能もあると思うんですが、裏目に出てしまったのですね。
アレンが悪いのではないだけに、愚かしくも愛おしかったです。

普段だったらそこまで調べようと思わないんですけれど、
調べたくなってしまうあたり、いつきさんの作品は
なあなあで済ませたくない魅力があるのかな……。
かなりご贔屓であることがうかがい知れます。(人ごとのように)


後半はタイリゾート編。
(蛇足:タイと言えばゲイフレンドリーなイメージが
先行していますが実際はそうでもないらしいですね。
行った事ないから本当のところは分かりませんけれど…)

甘いながらもほんのりビターで爽やかなお味です。
ふたりのこの先がまだまだ不定なのは確かでしょうけれど、
ただ闇雲に関係を続けようとするより、共に居られる時間を
大切にして、その結果関係が続くという理想的な展開が、
このふたりなら可能な気がしてしまいます。
すんごく幸せそうなんですもの……。

ふたりだけのプライベートビーチでのセックスが
ドリーミンだけれどどこか生々しくて素敵です。
やばい…前作といい、独特なエロまで好きになってきた。

読むたびに別の一面を見せてくれて、それがまったく
嫌う要因にならない、そんな稀有な作家です。
ぜひ1冊だけでもお試しあれ。

P.S.
と、褒めておいて、ひとつ笑ったこと。
「海の獣の激しさ」(P.175)という描写にトドを連想してしまった(笑)
| [BL・小説]いつき朔夜 | 21:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |