-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『愛と仁義に生きるのさ』/鳩村衣杏(実相寺紫子) | main | 『ウミノツキ』/いつき朔夜(佐々木久美子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ヴァムピール・アリトス』シリーズ/榎田尤利 他
最近のBL以外の読書本で面白いのが重なったので、
今日はそれらのちょっとだけ感想ということで。

・『ヴァムピール・アリトス』シリーズ/榎田尤利
【Amazon】




この画像のは1冊目の『丘の上の愚者』です。
2冊目は『聖者は街にやって来ない』、
3冊目は『秒針を止める放浪者』と続きますが、
どれも榎田尤利さんらしいファンタジーでした。

榎田尤利さんの言い回しもちゃんとライトノベル仕様に
なっているというか、軽口が多いですね。
ライトノベルファンタジーなのでBL展開を期待しては
いけませんが、ファンタジーも好きなら申し分なしですし、
ヴァムピール(吸血鬼)の永遠の寂しさや、人間とは何か、と
ヴァムピールが居ることによる相対的・客観的な問いかけ、
心を抉るようないじめに関する心理描写などはさすがです。

それに……カモクボコンビが可愛いんだよね……!
主人公の友人2人の鴨川(バカ)と久保居(金の亡者)を
あわせてカモクボコンビというのですが、
この2人の掛け合いがものっそい可愛いんです。
そういう描写はないのにクボ×カモが勝手に頭の中で
自動生成されているあたり、色々やばいなって感じますが
それもまた楽しみのひとつなのでしょうがありません。

3冊で終了なのかな?読むのに丁度いい冊数ですし、
ライトノベルの吸血鬼ファンタジーが
気になるようであればどうぞ。
(女性も出てきますよ、ちゃんと)


・『格闘するものに○』/三浦しをん
【Amazon】

今の時期、頑張っている人たちがいますね。
そう、就職活動中の大学三年生(もしくは院生1年)です。
頑張っている人はいいんです。頑張れるんだから。


でも、頑張っていたけれど今は調子が……という人や、
何を頑張ればいいのか分からない、って人が
読むのに適した三浦しをんさん流シュウカツ本、ですかね。
ノウハウが書いてあるわけでもないし、しゃにむに努力し、
採用された姿が書いてあるわけでもない。むしろのんびり。
けれど不条理で理不尽なこともある就職活動に対し、
どう闘うかの心構えが書かれていると思う。
もやもやの時期を少し乗り切りやすくしてくれるかもしれないです。

就職活動中はとかく躁鬱になるものですよね。
評価されたと思えば全人格を否定されることがあったりと。
けれど、それは縁談みたいなもので、つりがきを見たって
実物がダメだったりするし、写真でちょっと……と
思ったって雰囲気で「いいんちゃう?」と思える時もあるし、
しかし相手はそうも思っていなかったりもする、
まさに縁は異なもの味なものなので、まったくSPIも
勉強してないし自己分析も一切してませんというほどの
怠けっぷりじゃなければあとは本当にご縁だと思います。

まー大恋愛をしてもあっという間に離婚する人も居るし、
そこそこので妥協したけど幸せって人も居るし、
後悔しないようにほどほどに、頑張って!
私なんて夏休み前まで内定出なかったんだから!(ちょっと鬱憤)

こちらにもほんのすこしBL要素がありますが、
月村さんのエロページ以下なので期待なきよう。


・『三四郎はそれから門を出た』/三浦しをん

運よく図書館で借りられたもう一冊のしをんさん本。
色々なところに掲載されていたエッセイを
ひとつにまとめたものです。なんとあのananにも
書いていただなんて…知らなかった。(しかもananなのに
盆栽ネタはないだろう…そんなところが好きですが)

今回は妄想モードは薄めでして、書評や日常生活や
本当にもう多岐にわたって書かれていますが、やっぱり
一番共感したのは本に関すること(↓)でした。

本棚はそのひとの脳みそだ。つまり、そのひとの心だということだ。

本棚を見られる恥ずかしさはそういうことなんですよね。
私の部屋の本棚はBL本が大量に隠され、小説・マンガが
ちょこっとあり、ガラかめがいちばん手に取りやすいところにある。
まったくそのままのような気がします…言いえて妙だなあ。

ついでに本を整理する行為も、本を読んで(インプット)、
一時的に保存(短期記憶)、とっておくか処分するか(長期的に
記憶するか忘却するか)、感想を書く(アウトプット)、
どこかへしまう(脳の引き出しへ入れておく)……と
脳への働きかけそのものですね。まさに、本こそ人生。
今のところ、私の人生の大半はBLです。


と、きれいにまとまったところで今日はこの辺で。
| [その他]BL以外の小説 | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |