-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リンク整理のお知らせと | main | 『埃まみれの甘いキス甘いからだ』/萩野シロ(蓮川愛) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『白の無言』/大竹直子
ごくまれにしか行かないのですが今日は映画、
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を見に行きました。
うーん……、オススメしづらいですね。

主人公の女の子は綺麗だし、CGもすごいんだろうけれど、
2時間無理やりあれもこれもと詰め込んだ感がとても強く、
どこを焦点に見ればいいのも分からず、キャラがなぜ
そのように行動するのかが分からず、完全に説明不足。
しかも1人の少女に機械壊されるだけで施設崩壊って…。

BLCDでもそうなんですけれど、原作のボリュームには
どうやったって適わないんだから、本当に必要な
ところを抜き出すのがセンスなんだろうなあ……。

さて、今日の感想は先日J庭で同人誌を手に入れた
大竹直子さんの唯一の麗人コミックスの感想です。



白の無言  align=
『白の無言』/大竹直子
竹書房 (2004/6/7)
【Amazon】


☆あらすじ(表題作)
高橋と桐島は陸軍士官学校で首席を争うライバルかつ親友同士。
高橋は桐島の何事にも動じない強さに憧れていた。
官僚の父親への反発から軍人の道を選んだ高橋だったが、
父の日本を憂う深い心を知り、後を継いで官僚になるべきか迷う。
その晩遅く桐島を訪ねた高橋が偶然目にしたものは、
上官に弄ばれる桐島の姿だった…!?

*   *   *   *   *   *

先日のJ庭で手に入れた同人誌が素敵だったので、
商業誌も購入してみたのですが……素敵でした!

まあ、まずはこの絵の美麗さを見てください。
(P.182 紅蕾より)



絵を見ればお分かりかと思いますが、優美な線、
狂いのないデッサン、緻密に書き込まれた絵、
端整というにふさわしい顔、その中で時に描かれる
なまめかしい表情があでやかなること間違いなし。
特に表題作・桐島のいかにも軍人という涼しくも
堅いメガネ顔から溢れる色気は凄絶です……。


また、物語の展開は現代ものと似てはいますが、
BLというより耽美であり、資料に裏づけされた時代設定が、
耽美な展開を無理なく、見事に演出しています。

……別に私は時代考証についてうるさくないと思いますが、
やっぱり、小道具までこまやかに描かれていると、
なんちゃって時代ものとは違って嬉しいですね。
(なんちゃって時代ものが誰とはいいませんが)

でもって、何気なく変態どもがどの時代にもおります。
衆道を許されている時代のせいか、罪悪感が薄く、
ひときわ嫌らしさをアップさせているのですが、
それを耐え忍ぶ男たちの秘めた侠らしさや清廉さが
より際立ち、非常に良かったです。散り際も男らしく、
あんまり「受」という感じがしませんでした。

非常に素晴らしい時代ものでした……、
というのが、全体での感想です。

お話単位で見ると、表題作の軍人ものや、他に医者ものなどが
収録されているのですが、一番好きだったのは、
平家物語の「敦盛の最期」を取り扱った最後の1編です。

古典好きの腐にはもともとたまらないお話を、
義経×敦盛でこうだったらいいなあ!という風に見事に
創作されており、義経×敦盛好きにはたまりません。
(まあ、私は熊谷×敦盛もいいと思うんですけれどね。)

かなり強めにデフォルメされていますが、原作を無視した!
なんて文句が言えないくらい秀逸なお話でした。
『ライラ〜』の製作者はこれを読んで見習うべきですわ。
250億かけたCGだからってそれで感動するんじゃないんだから…。
ちょっと愚痴に近くなってますね、すみません。


最近は単行本が出ていない(商業を離れた?)ようで残念ですが、
耽美な雰囲気の作品がお好きでしたら是非!お勧めです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |