-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『白の無言』/大竹直子 | main | 2008年4月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『埃まみれの甘いキス甘いからだ』/萩野シロ(蓮川愛)
今日は床屋へ行きました。
なぜか春の陽気を感じると髪を切りたくなります。

で、私が床屋にこだわっているのは、昔からずーっと
同じ所に通っているので面倒がないというのがひとつと、
無骨な職人ぽい人が多く通っているというのがひとつです。
仕事柄ガテンな人を見ることがないので至福のひと時。

美容院も悪くないんだけれど、あそこは顔剃りをして
寝てしまっているオヤジや、スポーツ刈りの出来を
鏡で満足げに眺めているひとはいないですもの。
ちょっと汚れた感じが素敵なのよね…。

と、ガテン好きな私ですが、そんな私にぴったりの
ガテン系BLが今日の感想です。




『埃まみれの甘いキス甘いからだ』/萩野シロ
プランタン出版 (2008/3/10)
【Amazon】


☆あらすじ
ガテン系職人という肩書きに合わないキレイな顔と体の矢倉は、
建築業界の零細会社の現場で働く社長。
微妙かつ歴然とした商売敵である発注側の中堅会社の若社長、
村川と飲み屋で意気投合をして、体の関係を結んでしまった。
それからというものセフレのような仕事敵のような
曖昧な関係だったが、二人の仕事も心も揺るがす事件が起きて……

*   *   *   *   *   *

ガテンといえばゲイで人気のキーワードですが
BL的にはどうなんでしょうか?
烏城あきらさんの『許可証をください!』シリーズや、
鹿乃しう子さんの『P.B.B』シリーズが人気なんだから、
萌えワードのひとつかな…?

私見ですがBL的にも美味しいと思うんです、ガテン。
泥臭さや汗臭さ、男らしさ、頑健な肉体という
ゲイ的にそそる記号的なキーワードの側面で、
職人=ブルーカラーと発注=ホワイトカラーの対立や、
職人内での上下関係やらが「関係性」を求めるBLの
要素としても美味しいと思うのですが…それが、
余すところ無く描かれていた作品でした。


萩野さんは以前にも『秘密の唇、嘘つきな接吻』などで
建築業界を題材にしていましたが、今回はさらに
現場にクローズアップしており、それが詳しいこと!
「三スケってなんですか?」な私にもわかりやすく、
業界用語や2人の関係を左右する建築業界の構造も
世知辛い現状を交えて描かれています。
「大人の世界には色々あるんだよ」の色々の部分が醍醐味ですよね。
人間関係が何より大変というのが大体の結論ですが(笑)

はっきり言ってゲイコミックなどで描かれるガテンは
男性向け一般エロコミックの「ナース」同様に
「記号」であって、ここまで細かく描かれていることは稀です。
それはそれで好きですが、ワーキング小説好きの
私としてはこれだけ描かれているだけで、
「ガテンガテン、やることやる奴の生きかたは〜」と
上機嫌に口ずさみたくなるってもんですよ。


いかん、ガテンワーキング小説というだけで
嬉しくなってこんなに書いてしまいました。

ラブの部分もガテンな男同士を感じられて良かったです。
同業界で働く以上、仕事がラブの障壁となるものですが、
上述の通り仕事部分が濃密に描かれている分、
ぶつかる矜持やプライドを強く感じることができ、
こじれかたも単純でなく、リアリティがあります。

それが解消したときに感じるラブもその分大きい!
萩野さんの文章はとっつきにくく感じることもありますが、
解消した後の甘々なラブとのギャップが
肉感的なエロスと相まってたまらなく素敵でした。


…と、非常に満足した一冊でしたが、挿絵が蓮川さんてのが…。
松崎司さんとまでは言わないですが稲荷屋さん、
石原さんあたりだったらもっとドツボかもしれません。
まあ、その分矢倉の清涼感はかなりありましたが。

ガテンワーキングラブ小説、お試しあれ。
| [BL・小説]萩野シロ | 21:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |