-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年4月新刊購入予定リスト | main | 『嬉し恥ずかし野戦訓練☆ オレのバルカンで逝け!』/山田マサキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『3シェイク』/秀香穂里(奈良千春)
昨夜会社帰りに地元の書店にぶらりとよったところ、
秀さんのラヴァーズ新作が出てるじゃありませんか。

あら、奈良さんたら表紙が過激ですこと、うーん、
顔なじみとはいえさすがにこの表紙は恥ずかしいな、
でも「そのままでいいです」って言ってさっと
済ませてしまえば大丈夫だろう、レジがあいたぞ、
「お願いします、カバー結構です」「はい毎度、600円です」
あ、細かいの無いな、紙幣は1000円があったはず…
あったあった、あと100円出して500円のお釣りをもらうか、
「1100円でお願いしま…」ってぇえ、か、カバー要らんと
言ったのになんでわざわざ危険な中表紙見える状態で
表紙をカバーに差込んでくれちゃってるんだよ!

動揺するのも仕方ないような肌色真っ盛りなんですよ!

私の頭もシェイク!

表紙どころか過激な中表紙まで見られてしまった…。
教訓:「エッチな本 ぜひ通販で 買いましょう」。

…内容はとても好きだったので後悔なんてしないけどね!
以下、前置きが長くなりましたが感想です。




『3シェイク』/秀香穂里
竹書房 (2008/3/25)
【Amazon】
(表紙も過激……)





■ あらすじ
ロスタ・プロダクションの敏腕マネージャー、岡崎遼一は
事務所の新人、幸村京を売り出すため、人気監督の佐野のもとを訪れる。
しかし、幸村を映画作品に起用するために佐野が出した条件は、
岡崎の「奉仕」という、とんでもないものだった。
動揺する岡崎とは反対に幸村は激怒し、映画には出ないと言い出した。
幸村もまた、岡崎を自分のものにしたいと思っていたのだ。
美貌の俳優と、高慢な監督の巧みな罠に絡め取られ、岡崎は……


*   *   *   *   *   *

秀さんのあとがきによると、「メンタル調教」「3P」が
今作のテーマだったらしく、そのテーマにしたがって、
実に濃密なエロスを感じる作品でした。

はるひんがハチミツをでろでろにたらしたパンケーキとすれば、
秀さんはチョコレートがどろっと出てくるフォンダンショコラです。
濃密エロBL小説が大好きな私でも、次には朝チュンでも
いいくらいに爽やかなものを読みたくなる濃さでした。
普段でも濃いのに、竹書房のラヴァーズでしかも3P、
トーンが暗めの物語ゆえに濡れ場が濡れ濡れです。
うーん、エロかった。家で読んで正解でした。


さて、エロはこの辺にして、メンタルの部分です。
こちらも濃密で佐野の映画作品という作中作の
筋書きを使って、狂気というテーマを岡崎に植えつけます。
それはまた、「3P」という一般的でない状態が
本当に狂っているのか?という価値判断ともつながります。

何が狂っていて何が普通なのか、どちらが内か外か、
岡崎の基準としていた軸が傾いていってしまう…、
ここの連鎖に、畏怖を覚えるほどの深みを感じます。

それは自分にもその素養があるからなのかもしれません。
「向こう側」に行ったら戻れないという恐怖がありながらも、
狂ってしまうのもいいと思ってしまう危うさがあるから。
3人で「向こう側」に行ってしまった彼らの話を見ると、
自分はこっち側に居るという安堵を得ながらも、
羨ましいような…不思議な気分になります。

狂気を不倫話と置き換えれば簡単な話かな?
不倫ものを見て、自分は不倫をしていない、正常であると確認し、
けれどちょっと戻れないような危険に惹かれる…というように。

ただ、岡崎はギリギリ溺れ切ってはおらず、
最後の一線で留まっています。
翻弄されているようでしっかりとバランスを保ったまま
留まる強さを持っているため、爛熟して膿んだ読後感はなく、
とことん3Pのバランスを保ちきった作品でした。
テーマも深いし、本格官能小説と銘打ってもいいと思います。

3P本で珍しく納得のゆく作品でした。
ラヴァーズ&秀さん&奈良さんはゴールデン3Pだぜ…。
オススメです。

P.S.
すみません、18禁文章ですがあまりにも気になった文章なのでつっこみ。

音を立てて口から抜けた男根に、べつの熱い男根が押し込まれる。(P.179)

…男根に男根が入る絵を想像して不覚にも笑ってしまった。

(Link to: http://kotonone.info)
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |