-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『3シェイク』/秀香穂里(奈良千春) | main | 「注 BLです。」の帯で遊んでみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『嬉し恥ずかし野戦訓練☆ オレのバルカンで逝け!』/山田マサキ
先日の事件にもめげず、昨日もまたあの地元の書店へ
ふらりと立ち寄りました。帰りに1杯とつまみで野口さんよりも
コミック2冊の方が健康&精神衛生上宜しいと信じています。

お目当ての『君に届け6』/椎名軽穂、チェック漏れしていた
『負けるのは美しく』/児玉清(のエッセイ)を手に取り、
ぶらぶらしていたら、BLコミックの棚にインパクト大な本を発見。
あっこれ、3月の購入リストで「気になるタイトル」に挙げた
「嬉し恥ずかしラブ野戦訓練☆ オレのバルカンで逝け!」じゃないか。

気になって手にとって見るとおや青年誌っぽい絵、
言われなければBLだとわからない……っておい帯!

そしてレジへもって逝け!

「よくって、モンド?ここは日本、自己主張は控えめにね?」と
松文館に優しく諭したい気持ちを抑えるのに大変でした。
昨日の今日だし裏返して持って行くか(買うのかよ)と返したら、
今度は大きな文字で「SEXしちゃうんだ♪」
そっか、SEXしちゃうのか♪…って納得しないよ!
ごめん、1日おきで直視しづらい本ばっかり持ってくる客で。
ありがとう、後ろの客に見えないように一番下に重ねてくれて…。

半分ネタで買いましたが、帯にたがわぬエロでした。
以下、感想です。




『嬉し恥ずかし・野戦訓練☆ オレのバルカンで逝け!』/山田マサキ
松文館 (2008/3/27)
【Amazon】



7編(表題作の自衛隊もの: 1編、宇宙警察×宇宙人: 1編、
警察官×売れない俳優: 1編、陶芸家弟子×師匠:1編、
元暴走族の旗持ち×総長:1編、高校生の義理弟×兄: 2編)、
プラスおまけ6ページが収録されています。

絵の印象としては、とにもかくにも、実用的です。
井ノ本リカ子さん系統に少しリアルを追加しており、
バルカン砲や陰毛、筋肉はしっかり描かれています。
筋肉は受けでもけっこう付いているかな……。
(内田カヲルさんを基準にはしていませんのでご注意を。)
擬音やオノマトペはほんと井ノ本さん系統というか、
男性向けも描いてるのかなと思わせるものがあります。

3年前の作品と古いものもあるため同じ1冊の中でも
顔つきなどが異なりますが、表紙のレベルと
ほぼ同じと考えていいと思います。


ストーリーはエロ優先&読みきりなので、どうしても弱めです。
シチュエーション的にツボなものがあればラッキー!という
スタンスでなら満足のいくレベルじゃないでしょうかね。

私が楽しめたのは表題作の自衛隊もの『嬉し恥ずかし〜』と、
警察官×売れない俳優の『俺のハートを逮捕して』でした。

前者は野戦訓練中に遭難してたところ、憑依体質の鳥塚(受)が
とある成仏できていない女にとりつかれてしまい、
死ぬ前にイケなかった怨念を快感で晴らそうとするお話。
30分でネーム切ったってご本人が言っておられますが、
これが一番好きだったりする…ぶっ飛んでるほうが、
かえって楽しく読めたりもするんですよね。

この話で嬉しいのは、攻受ともにヒゲが生えていることと、
これ18禁じゃなくていいの、というほどのエロの描き込みです。
絵だけで満足してるからかなり好みだと思われます。(ひとごと)


『俺のハートを〜』は、チャリの盗難から顔見知りになった
ヘタレワンコ警官(攻)と俳優(受け)が、俳優のオーディション合格を
祝うために飲んでたらついヘタレワンコが告白してしまい…という話。

これは、「〜であります」口調のヘタレワンコが勝因でした。
エロシーン中も「〜であります」を貫くところが良い!
うーん男同士だとなんでほんわかしちゃうんだろう。

あ、あとちょっとパロディが見事に飛翔です。
攻の名前が「古地亀男(こち・かめお)」であり、
受の出演するミュージカルが「野球のプリンスさま」。
いいのか…?まあ、あれだけ同人誌出てるのも
見逃してるから平気でしょうね、たぶん。
蛇足ですが、こち亀30巻あたりまでは萌えます。(部×両リバあり)


初コミックスとしてはかなり楽しめました。
この路線はこの路線で好きなので、
またこの作者の新刊が出たら買いです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |