-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 土日=買い物+(腐男子×2) | main | 一般エロマンガを読んでみる【エイプリルフール企画】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『探偵青猫』シリーズ/本仁戻
今日は急に冷え込んだ上、風が強うございましたね。

私が有給を取ると60%ほどの確立で雨な気がします。
外出しない日に雨が降るのが非常に嬉しく、ガラかめ2巻を取り出し
「雨よ…その冷たい矢で打ってちょうだい 全身を……!」と
キチ○イマヤのセリフをつい演じてしまうハッピーな朝でした。

マヤってすごいよなあ、演じることに対して恥ずかしいって
感覚がないんだから……さすが神がかっている子です。

「探偵青猫」のキャラも神がかっているキャラでした。
繋がっているようでまったく繋がっていない
書き出しですが、以下、感想です。




『探偵青猫』シリーズ/本仁戻
芳文社 (1999/08)
【Amazon】(5巻まで続刊有り)


☆あらすじ
わがままな男爵探偵、青猫恭二郎(あおねこ・きょうじろう)は、
恋慕する純情一直線刑事・蜂王子(はちおうじ)と、
現実的でシニカルな少年助手・虎人(とらと)とともに、
世紀の大怪盗・硝子蝙蝠(がらすこうもり)とさまざまな
事件をめぐって対立することに…時代浪漫の馨り溢れる探偵物語。

*   *   *   *   *   *

読んでいて「慙愧に堪えない」と思ったのは久しぶりです。
エロゲ風に言うと今までこんな面白い作品を未読だったなんて、
悔しいッ……!でも読んじゃうビクビクッて感じです。

あらすじからでは全然この魅力を伝えきれないのですが、
そもそも、この男爵にして探偵こと「青猫」の魅力は、
言葉にして伝えることが非常に困難だと思います。

わがままであることは間違いないですし、
蜂王子君を恋慕していることも間違いではないです。
けれど「青猫」は、わがままなのにどこか冷めていて、
非情なのに人情に厚く、頭脳明晰なのにバカで、
純真にひとを愛しながらも浮気性であったりと、
そんな解離性を持った、にくいおかたなのです。
バカと天才は紙一重を地でゆくキャラなのです。

こういったキャラを存在させて魅力的に描くのって、
BLでは(恋愛の側面から考えるに)非常に難しいと思うのですが、
それが神がかった絶妙なバランスで描かれています。
彼単体でも魅力的なのですが、他の登場人物、
蜂王子君、虎人君などは「青猫」を「変人め」などと
思いながらもストレートではない方法で彼を愛し、
敵役と思われた硝子蝙蝠も、実は「青猫」が
愛おしくてたまらない、そんな描写がなされています。

そこに、たとえその関係に肉体関係がなくても、
「青猫」への非常に濃い愛情を感じました。
まるで総受けのような「青猫」ですが、彼には登場人物から、
また、読者からもに愛されてしかるべき魅力が溢れている、
それだけでこの本には読む価値があると確信します。


もちろんそれだけではなく、虎人君が青猫の助手を務める理由、
また硝子蝙蝠と幼少の「青猫」の関係などなど、
さまざまな側面・ストーリーが描かれている一方、
探偵ものとしての謎解きをしっかりと描いている物語もあり、
危惧していた自分に合わないギャグも大丈夫でしたし、
クセのある美麗な絵も好きになってしまったほどです。


本当に、今まで知らなくてスンマセンでした!と
平伏して謝りたい(だれに?)ほど面白かったです。
1〜5巻の一気読みをオススメしたい作品です!
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:31 | - | - |