-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 一般エロマンガを読んでみる【エイプリルフール企画】 | main | 『妖樹の供物』/矢城米花(みなみ恵夢) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
十二月十二色
先に言いますが、今日は単なる妄想です。

昨日ちょこっと書いた12ヶ月擬人化を考え始めたら
止まんなかったというか、妄想が勝手に動き出して
どうにも止まらなかったんですもの!

妄想にお付き合い頂けるかたは以下へどうぞ。



* * *

1月:もちろん長男。34歳リーマン。
1年の計は元旦に有りと信じ、1番に優越感を覚える努力家。
年度が4月から始まることに反駁を覚えるが、
4月だから許すか、と思ってしまっている。

2月:末っ子。10歳。
小学生。7月と双子の末っ子だが常に冷静、
冷ややかすぎる突っ込みで家族にブリザードをもたらす。
7月とは兄弟でなければ一生関わることが無いだろうと
思いつつ、違う性格に引かれつつもある。

3月:三男、29歳。
自営業。売れない作家。家に居るため一家のオカン的役割で、
とにかく涙もろい。毎年兄弟の卒業式などでもらい泣きする。
〆切前は「桜の下には……」とぶつぶつつぶやく。

4月:八男。18歳。
奔放で気まぐれだけれど明るく皆に愛される得な男子高校生。
いつの間にか中心となり、友人も多い。
しかし、夜は別の顔を持ち、花粉をばら撒いて
アレルギー持ちのひとを苦しめる総攻めとなる。

5月:六男。23歳。
爽やかな性格と鬱々とした性格が入れ替わり立ち替わりの躁鬱な
性格の院生。研究対象の植物と接する時だけは無心に過ごしている。
父親の血のせいか、旅行が趣味。

6月:七男。19歳。
暗いが勤勉。雨が降ろうが槍が降ろうが授業が
つまらなかろうが、平気で大学へ通う根性の持ち主。
雨男なのでなるべく兄弟の体育祭は見に行かない。

7月:末っ子。10歳。
2月と双子の小学生。全く正反対の性格で無駄にやんちゃで熱く、
兄弟の仲ではよく似た8月と仲が良い。得意なスポーツは水泳。
頭は悪くないのだが夏休みの宿題はいつも後回しのため、
毎年2月に最終日に泣きつく羽目になっている。

8月:次男。32歳。
ガテン。いつまでたっても子供っぽいが、おおらかで面倒見がよく、
父親的存在。厳しいことを言わなくてはならない
長男1月を最も理解し、影で支えていることも多い。

9月:四男。27歳。
普段はおちゃらけていて、その軽さが受けているが、
恋をするとそのひとしか目に入らなくなり、
成績が一変するホスト。一番自分に忠実に生きている。

10月:九男。15歳。
スポーツ、勉強、芸術と器用にこなすオールラウンダーだが、
いかんせん飽きっぽい性格でそこそこの推薦を受けられるなら
高校もそれでいいと考えている男子中学生。

11月:五男。25歳。
常時寝ているフリーター。秋深し隣の人は寝る人ぞ。
いつ仕事に行っているのかは誰も知らないが、
ちゃんと家にお金は入れているから良しとされている。
とにかく強運で、くじ引き等によくあたる。

12月:父。年齢不詳
遊びまわっているのか仕事なのか分からないが、
とりあえず家に居ないので存在を忘れかけられている。
しかし25日の朝には全員分のプレゼントがあるという不思議。

* * *

初めは6つのカップリングを妄想しようと思ったのですが、
そんなことよりも、大人数居るってのがすごく楽しくて、
だんだんと一緒に居られるファミリーに転じていき、
ちゃんとしたCPは一人も成立しなくなってしまいました。
強いて言うなら8月×1月、2月×7月ぐらいか…?
BL小説家にはなれないようですね。


似ているかもしれないけれど、全ての人が違う「月」のイメージ。
書き出してみると楽しいかもしれません。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:35 | - | - |