-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 十二月十二色 | main | 日常=本な日々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『妖樹の供物』/矢城米花(みなみ恵夢)
シャレードって地味系のいい本を出すのに、ときたま、
わけがわからなくなるほど肌色率の多い本を出しますよね。
いや、この本のことなんですけれどね。


隠せば良いってもんではないと思うんですけど…
『驕る僕を愚かに抱いて』(佐伯まお)と言い、
2006年のシャレードの表紙はエロ系への
チャレンジだったのでしょうか……。





ちなみに『驕る僕を〜』は腰痛もちの受けが登場し、
トンデモ寄りながら攻めが一途ワンコで楽しかったのですが、
今日の作品は、キワモノでした。以下、感想です。

『妖樹の供物』/矢城米花
二見書房 (2006/6/28)
【Amazon】

☆あらすじ
配送のアルバイトでとある旧家を訪れた大学生の譲(ゆずる)は、
そこで自分を呼ぶ不思議な声を耳にする。しかしそれは、
その家真葛生(まくずふ)家代々の守り神である妖樹が
譲を生贄として呼ぶ声だった。
妖樹を信奉する一家の男たちによって拉致された譲は、
夜ごと樹に捧げられ、その触手のような蔓に犯された後、
ご利益のおこぼれをあずかろうとする男たちに凌辱されることに。
そんな男ばかりの屋敷の中でただ一人、枝子と呼ばれ、
ご神託を告げる立場にある他来は輪姦に加わらず、
哀れな譲を次第に愛おしく思うようになるが…。

*   *   *   *   *   *

あらすじも良く確かめないで買った自分が
悪いんでしょうけれど、1ページ目の1行目から

「は、ぁうっ、……もういやだ、許して……許して、くださ…(略)」

許してください、は私が言いたいんですけれど…まあ、
この小説を物語っている一文とも言える気がします。

なにせこの先はあらすじの通り、人外(しかも植物)に
触手プレイをされ、ヒヒジジイや欲に目が眩んだ
バカどもに輪姦され、さらにあらすじにはありませんが、
その触手プレイの影響で頼りにしていたアルバイトの先輩にも
犯される、というきっつい道のりが待ち受けています。
人としての尊厳を感じられないのって辛いですね……。

それに加えて私の苦手ジャンルである触手プレイも
入っているせいか、きつく感じてしまう描写でした。
私が触手プレイを嫌いな理由は、快楽を与える人外のものが
感情を持っていないということです。
せめて人外の生き物でもそういう風にしかできない、
つまりシザーマンな状態の攻めが愛情表現として
触手プレイをするんだったらいけるんですけれど、
よりによって樹木、しかも感情描写は一切、なし。
樹木もその後の男たちも受けを犯すのに快い感情を
一切伴っていないので、Hシーンがほんと苦痛でした。
この辺が「キワモノだ!」と判断した理由です。

そして、極めつけの「キワモノだ!」と思った理由は、
エピローグで完全に樹木が主役を奪いとってしまったことです。
これがもしホラーものだとしたら良い終わり方だと思うのですが、
BLでこれってありなのか!?という終わり方です。
せっかく苦難に耐えて結ばれたカップルのラストの
幸せHシーンのすぐ後と言ってもいいページで、

「もはやあの二人に用はない。好きなように生きて、
人間としてのつまらない一生を終えればよい。」(P.249)


あのう……BLで「それを言っちゃあおしまいよ」では…。
おかげで「助けてくれた、優しかった」という理由で
好きになったもともと印象薄めの攻めの存在が、
このエンドによって、より薄くなったような気がします。


私にとってはキワモノで辛かったんですけれど、
ここまでキワめていると、紹介しないのも
もったいないと感じる、そんな作品でした。

このようなものが徹底して好きなかたと、
キワモノ系がお好きな方にはオススメします。
| [BL・小説]矢城米花 | 23:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - |