-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『妖樹の供物』/矢城米花(みなみ恵夢) | main | 『要人警護』シリーズ/秋月こお(緋色れーいち) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日常=本な日々
□ 親しき仲にも隙あり □

同僚・N(年上・♂)が鞄を見たいと言うので、
ちょうど春物のジャケットを見たかった私も、
先日の仕事帰りに買い物へ行きました。

1年前から同じクライアントを担当しているNは
インサイド派で本好きなため、話も合いやすく、
仕事外でつきあっても苦痛にならないタイプ。
で、1時間ほどぶらついたものの結局2人とも何も買わずに、
最寄駅へ戻ることに。その道中……

N:「aya-me君は何線だっけ?」
A:「○○線ですけど、ちょっと用があって……」

そう、この最寄り駅近くのアニメイトに行って、
高久尚子さんの『17才の密かな欲情』初回限定版を
買うんだよ!とはおくびにも出さず、ぼやかして答えたら、

N:「本でも買いに行くの?」(重度の本好きとは知られている)
A:「えー、あ、まあ」
N:「じゃあ俺も行くよ」
A:「困ります!…えっとあの、自分の買う本を
  見られるのって恥ずかしくありません?」
N:「別に見ないからさ」
A:「うーんと…(作戦変更)、ちょっと普通の本屋じゃないんで…」
N:「古本屋ってこと?」
A:「新刊は新刊ですけど…」
N:「あ、とらのあなとか?別にいいと思うよ、そういうの」

……とらのあな知ってたんですね、
マンガをほとんど読まないくせに(偏見)。
(とらのあなとアニメイトは別物ですけれど。)

A:「はあ、まあ、そんなところです」
N:「行ったことないんだよねー、面白そうだからついてくわ」

…完全に作戦失敗、アニメイト初体験者を連れて行きました。
彼はこのタイプのお店に入るのが本当に初めてだったらしく、
もう質問で攻められまくりでした。

N:「なあ、この分厚くてデカイ変な表紙の本はなんだ?」(問1)
A:「ビジュアルファンブックです(正答1:スパコミのカタログです)」

N:「少女マンガの隣に小説が置いてあるけどあれは?」(問2)
A:「ノベライズ作品です(正答2:BLの文庫です)」

N:「うわっ、CDも置いてあるのかー。これは声優さんの?」(問3)
A:「多分そうです(正答3:でも貴方の目前の棚はBLCDです)」

嘘をつきまくりながらもなんとか彼の質問をかわし、
ラノベで好奇心を満たせている間に目を盗んで、
『とめはねっ!3』と『アイシールド21 29』の間に
なんとかお目当てのものをはさんだものの、
心臓に悪いっていうかいたたまれないぜ……。

なんとか自分の買った物を見られずに買い物を終えられましたが、
次からは改札で別れた後に行動しようと誓ったのでした。(懲りてない)


□ 笑っちゃうくらいの □

誤植はどうしてもあるもので、そんなのは作品が
面白ければトータルとしてはどうでもいいことだ、と
思っています。(誤字脱字は編集側の問題?)
なので、誤植は気にしないようにしているんですが、
あまりにもひどい誤植がありました……。
それは、『大極宮3』/角川文庫初版の205ページ。
このページは寝ながら作業してたとしか思えない。
ざっと読んだだけでも、

×なっっちゃって ○なっちゃって (文字重複)
×フレディー手だけ出てるし ○フレディの手だけ出てるし
 (表記の不統一、助詞抜け)
×実 がないから ○実体がないから(文字白抜け)
×フレディー ○フレディ(もひとつ表記の不統一)
×困ちゃう ○困っちゃう(文字抜け)

と、1ページでこれだけ見つけたのは初めてでした。
ミスは仕方ないですけれど、せめて日本語としての
体裁ぐらいは整えて欲しいですよねアハハ(怒)。
2版が出ているならば、直されていることを祈ります。


□ 晴読雨読 □

まあ、そんなこんなもありながら、今週はよく読みました。
BL小説11冊、非BL小説2冊、BLコミック12冊、非BLコミック4冊。
ようやく机の上が見えてまいりました。

積読が大幅に増えてしまってどうしようかしら、と
悩みながらも、その中から電車の中で読むべき本、
布団の中で読む本を選ぶ快感は積読しているからこその楽しさです。

夜寝る前の本は「殿様が大奥で褥の相手を選ぶ心地」と
久世番子さんの『番線』にありましたが、そうだとすれば、
電車で読む本は「戦地に赴く際に連れて行く部下」かなあ…。
1冊は非BLでフェイク+朝の脳みそ活性化に連れて行く「兵士」、
1冊はBLで帰りのささくれた心を癒す「軍医」って感じで。

さて、これから今夜は誰を褥に誘おうかな……。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - |