-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日常=本な日々 | main | BLCD・『黒い愛情』、『夢見る星座』を聴いて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『要人警護』シリーズ/秋月こお(緋色れーいち)
長〜いシリーズといえばタクミくんシリーズと
フジミシリーズですが、後者の著者の秋月さんは、
フジミを除いて、比較的少ない冊数(1ケタ)で
終わる作品が多く、このシリーズもそうでした。

このくらいのボリュームのほうが手を出しやすいし、
読み返しやすくて楽ですよね。10冊を越えてくると、
登場人物も増えるせいで初期の人物を忘れてしまうし……。

忘れると言えば、シリーズが長くなると、どこまで持っていて、
どこまで読んだのか分からなくなってしまう時もありますが、
キャラ文庫はナンバリングが入っていてありがたいです。

シリーズに関しての話はそんなところにして、
以下、感想です。



『要人警護』/秋月こお
徳間書店 (2003/10)
【Amazon】

(2巻:特命外交官、3巻:駆け引きのルール、
4巻:シークレット・ダンジョン、
5巻:暗殺予告、6巻:日陰の英雄たち で完結)


あらすじ
警視庁勤務の立花美晴は、クールな美貌の凄腕SP。
政府高官や来日VIPの身辺警護が仕事だ。
今回の任務は、アラブの王族の青年外相の護衛、
それと同時に、新人SPの教育係も任されてしまう。
ところがその自信過剰な年下の男・西条剛志は、
なんと元恋人の弟だった!精悍な顔立ちも仕草も、
別れた男によく似た剛志に、美晴は一目惚れされて……

*   *   *   *   *   *

SPを題材にしたBLはそこそこ数があると思いますが、
今まで読んだ中で最もリアルに肉薄しているかと思います。
情報が手に入れづらいとあとがきで仰っていましたが、
VIPを守る最前線の盾となる者、そのSPを管理して配置する者、
また美晴は指導者の立場もあるため、SPを育成する者などなど、
想像を絶する彼らの激務を痛切に感じられました。

私のようなデスクワーカーが仕事で辛いときに「死ぬ…」と
つい口走っても本当にすぐ死ぬことはないけれど、
彼らの傍には本当に万が一の死が待っている。
そんな職務に耐えて安全第一に働くひとたちに対して、
畏敬の念を抱くようになりました…多謝深謝です。


その過酷なワーキング部分が非常に多く、ほぼオフがないため、
恋愛部分にページがあまり裂かれず、進展が遅いのは残念です。

しかし、VIPよりも恋人を優先することがあっては
字のごとく命取りになってしまうゆえの美晴の葛藤、
その葛藤がSPという激務だからこそ、非常に深いのです。

元恋人の弟で傲慢な部下の剛志と相性最悪だった美晴が、
長いワーキング部分を通して信頼の置ける関係となり、
上記のような葛藤を抱えながら自らを律し、けれど、
抑えきれなくなる感情が遂に交感しあうまでの6冊は、
長いようで短いような…、いいシリーズを読んだ!
という満ち足りた読後感をもたらしてくれました。
進展の遅さに耐えても読む価値があると思います。

……ただ、すこーし長過ぎた気もしますけれど。
だって、王族のアラブ青年の警護と刹那の恋、
そのアラブ青年のクーデター時の特命警護、
外務大臣と総理の警護、テロリストとの戦い、と、
剛志はゆっくりと口説くヒマもなく、美晴は言い寄られまくりで、
とても可哀相な剛志なのでした。再収監の6巻でもあまりいい目を
見れてないのでちょっとは甘やかして欲しいくらいです(笑)


いままでこの作品を知らなくてちょっと後悔しましたが、
完結してから読めてかえってよかったかも……。

殉職するキャラがいたり、強姦系があったりと、
辛い部分もありますが、ぜひオススメしたいシリーズです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:41 | - | - |