-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLCD・『黒い愛情』、『夢見る星座』を聴いて | main | 『艦方氏の苦悩』『艦方氏のさらなる苦悩』/長江堤(なると真樹) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ミルク』1〜3/野原くろ
BLCDに続き、これまた久しぶりのゲイコミック感想です。

120万企画を12年前のBL感想にするか、それとも、
ゲイコミック感想にするかで迷ったあげく、
前者にしてしまいましたが、いつの間にか
近くなりつつある150万企画にでもやろうかな。
それともまたアンケートにするか…思案どころです。
こんなことで迷える自分がひどく幸せな気がします。

さて、今日は、日常の中に幸せがあるつながり(?)で、
そんな日常がつまった作品『ミルク』の感想です。




『ミルク』1〜3/野原くろ
古川書房 (2005/02)
【Amazon】



☆あらすじ
ゲイのイラストレータ・健太は、両親が渡米中のため実家で一人暮らし。
ある日、健太が高校生の頃から恋心を抱き続けていたノンケの親友・
周作が、会社の倒産を機会に転がりこんでくる。
ゲイであることを周作にカミングアウトしていない健太にとって、
自分の仕事を知られないようにしたり、毎日のように遊びにくる
ゲイの友達の態度・仕草などから気づかれないように、など、
気苦労が絶えない日々。
しかし、『好きな相手のそばにいられる幸せ』は、
そんな健太のストレスを大きく上回っていた……

*   *   *   *   *   *

ディス イズ ザ シンプル コミック オブ ゲイライフ。
家で気の置けない友人とだべり、酔っ払って飲み明かし、
ドタバタして、恋する辛さ・恋される辛さを味わい、
最後はハッピーエンドで終わり。

絵は若干の肉々しさはありますが、イモ系の温かみある絵柄。
ハードエロスなゲイコミックとは一線を画しているけれど、
かといってBLよりなわけでもないのです。

そして、このコミックではマイノリティな立場としての
ゲイを強調したつくりになっていません。
マイノリティな描写が存在しないというわけではなく、
そのようなものが存在していることが特殊でない、
ゲイで平凡な人間の日常を描いているのです。

もちろん、ノンケに恋するときの心痛や寂寥感は
ゲイならではですが、原因はなんにせよ、
誰でも分かる普遍性を持ち得てもいます。

これは今までに描かれていなかったのではないでしょうか。
(:このような作品が他にもあったら教えてください)
「ゲイである」ことの特殊さを極力省いているおかげで、
BLという様式美のなかでの仮想とされることもなく、
「ゲイです!」という自己開示的な強調もせずに、
ただそこにある生活を楽しめる、そんなマンガなのです。


私も、腐男子であることにもゲイであることにも、
どちらかというと悲観はあまりしないですし、
「私って特殊」なんて自虐的な優越感もないですし、
ただ男性が好きでBLが好きで、それが自然で、
かつ幸せなことだからそうしているだけなので、
その状態に近い『ミルク』は非常に心地良かったです。


セルフツッコミが新也美樹さんのような味だったり、
ちょっとギャグが古かったりで好みが分かれるやも
知れませんが、あんまり前衛的なギャグが理解できない
私にはこのくらいのギャグがちょうどいいかな……。

かなり分厚いのでゆっくりと、1日10話ぐらいをめどに、
じっくりゆっくりと、日常のなかで日常の幸せを
読まれるのも良い楽しみ方かもしれません。

ホットミルクのような温かさと快さを
求めたいかたに、オススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:01 | - | - |