-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ミルク』1〜3/野原くろ | main | オヤジ、その4パターン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『艦方氏の苦悩』『艦方氏のさらなる苦悩』/長江堤(なると真樹)
こんばんは、JOA(Japan Oyaji Aikoukai)会員のaya-meです。

この作品の他著の感想を書いたときに、このシリーズが
かなりアホそうな予感がして、出会いを期待していたら、
池袋で見事に、しかも1冊105円と池袋にしては
破格の値段で買うことができました。

全くこんなに得してしまっていいのでしょうか…、と
思う反面、逆から見れば、まんだ○けもあまり動きそうにない
在庫を処分できてよかったのかもしれませんね。

物事は違う側面から見ればだいぶ変わりますが、
今回の作品は、アホアホな艦方氏を
さまざまな方向から見て楽しむ作品でした。
以下、感想です。



『艦方氏の苦悩』/長江堤
心交社 (1996/04)
【Amazon】


艦方将(ふなかた・しょう)は、弁護士並みの難関といわれる
公認会計士として高い地位と収入を持ち、その精悍な容貌と
逞しい体躯はまるでギリシア神話の神々を思わせるほどだ。
そして最愛の可愛い恋人・佐野裕樹との甘い生活も絶好調で、
まさに人生順風満帆、向かうところ敵なし、
公私ともに充実した日々を送っていた。だがしかし、
そんなスーパー・ダンディ艦方氏にも、人には言えない苦悩があって…

*   *   *   *   *   *

ク、クク……だめだ、笑いが止まらない!
な、なんという超絶なアホアホ本なんでしょう。
こういうものを求めていた私にはこれ以上無い楽しみでした。

スーパーダンディらしい艦方氏ですが、M体質な上、
いまどき存在しないようなカッコつけマンです。
なにかと「男は〜」というマッチョ精神を持ち出し、
しかしその行動と思考は情けないにもほどがあります。

ジュニア・スイートをスイートと勘違いさせておくとか、
いざというときの潤滑剤の準備を忘れたとは言えず、
「俺は…これで充分なんだよ」とうそぶくとか(笑)

しかもこれが2冊!出会い編から貧乏に落ちぶれる編まで、
とことんアホな話が展開されてゆくのです…ああ、腹痛い。


それもこれもすべて艦方氏、彼の「男たるべき主義」によるもの。
世の中にある「男とは〜であるべき、〜すべき」という主張は
お前だけがやれ、と発言者に言い返したくなるほど嫌いなのですが、
艦方氏の場合は、その通り、自分だけが実践しているので
いっそ潔いほどのおバカさん振りでした。

この「男たるべき主義」をまったく受に求めないというのも
相手を男として認めていないのか、それとも自分だけが
実践していればいいと認識しているのか分かりませんが、
他人に押し付けないことは、いいことですね。

この彼にだけ見えている滑稽な主義を貫き、
おバカなことをしでかしまくるこのお話は、
ドン・キホ-テの騎士道さながらの面白さであり、
脚本・主演を一人でこなす艦方氏のためだけにある話でした。


ちなみに、裕樹はドン・キホ-テで言うならサンチョです。
しかも自分からノリノリでついていってしまい、
艦方氏のアホさ加減にも気づかないアホ二乗っぷり。
彼らのイチャラブは必然的にバカップルです…。

そして狂言回しも2人居まして、彼女らもBLで
あまり見かけない、特異なキャラでありました。
オネエ×女のカップルって幸せそうだなあ。

キャラクター小説とアホ小説の楽しみを極めた作品でした。
アホアホをお探しのあなたに最適です!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |